未来X(mirai cross)アルムナイ

2021年7月7日

Holoeyes、滋慶学園グループ「J Career School」と連携し、業界最先端の知識、学びを提供

「未来2021」ファイナリストのHoloeyes株式会社は、滋慶学園グループが開設する社会人のための職業人育成総合スクール「J Career School」と連携し、業界最先端の知識、学びを提供します。
J Career School は、「職業人教育を通じて社会に貢献する」ことをミッションとし、業界に直結した専門教育を実践している滋慶学園グループが運営する、あらゆる業界で活躍するすべての人に対してキャリアイノベーションを提供するリカレントスクールです。

詳細は、以下URLをご参照ください。
Holoeyes株式会社 ニュースリリース:滋慶学園グループ「J Career School」と連携し、業界最先端の知識、学びを提供します。(2021年7月6日)

◆ 事業概要

医療を解放して、命の可能性を広げる
医療トレーニング、教育に使用する症例の3DVRライブラリの構築。
CT画像等を基にした3DVRでコミュニケーションをできる医療向けサービス「Holoeyes VR」の開発。
CT・MRIなどから汎用画像診断装置ワークステーションにて書き出した人体の3Dデータを、XRとして3D空間で表示、3Dデータと講師の動き、音声を記録・再生することによって教育コンテンツを作成、医療教育を行えるクラウドサービス「Holoeyes Edu」の提供。
医療コミュニケーションにおける情報の非対称性を解決を目指す。

◆ 企業概要

企業名 Holoeyes株式会社(英文名 Holoeyes Inc.)
所在地 東京都港区南青山2-17-3 モーリンビル303
代表者 代表取締役 谷口 直嗣 杉本 真樹
設立 2016年10月
資本金 1億円
事業内容 ソフトウェアの開発、販売
URL https://holoeyes.jp/

「未来2020」ファイナリストの株式会社Buzzreachが、国内製薬企業の新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチンの開発を応援するために「新型コロナウイルス国内製薬企業ワクチン応援バンク」を開始することをお知らせいたします。

詳細については、以下をご参照ください。
株式会社Buzzreachプレスリリース:国内製薬企業の新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン開発応援バンク(被験者募集支援)の提供を医療機関と開始(2021年7月1日)

 

◆ 事業概要

『製薬企業と患者を繋ぐプラットフォームとPaaS』
患者中心医療が今後進んでいく環境で、患者(や家族)側へのリテラシーの向上と適切な情報提供が必要になってきます。
患者毎の病状にあった医療情報の提供を製薬企業から行える世の中を医療情報プラットフォームを用いて創造します。
製薬企業側にはPaaSを用いて、情報提供を可能にし、患者側には情報プラットーフォームメディアや患者特化SNSを用いて情報のマッチングを行います。今現在は治験情報の提供をメインに製薬企業向けのPaaS導入を進めています。

◆ 会社概要

会社名 株式会社Buzzreach
所在地 東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前
代表者名 代表取締役CEO 猪川 崇輝
設立 2017年6月23日
資本金 3億2,960万円(資本準備金含む)
事業内容 ・治験を含む臨床試験・臨床研究に関わる業務効率化
・プラットフォームシステム(SaaS)の開発及び販売
・インターネットを利用した患者向け臨床試験情報
・医療情報マッチングサービス
・臨床試験被験者の募集に関する支援業務
・臨床試験・ヘルスケア関連のスマートフォン及びパーソナルコンピューター向けアプリケーションソフトウェアの開発および販売
・インターネットを利用した患者向け医療・ヘルスケア特化型SNSサービス
・患者PHR事業
URL https://www.buzzreach.co.jp/

「未来2016」・「未来2021」ファイナリストのソラミツ株式会社が、JP GAMES株式会社とともにEpic Gamesのゲームエンジン Unreal Engine上で実行される、企業向けサイバー空間サービスキット「PEGASUS WORLD KIT」の提供を2021年下期より開始します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
ソラミツ株式会社 プレスリリース:多人数向けサイバー空間サービスキット 「PEGASUS WORLD KIT」Epic GamesのUnreal Engineを活用し、JCB、ソラミツと共に提供へ(2021年6月17日)

 

◆ 事業概要

「Sharing KYCサービス」
ブロックチェーン・スマートコントラクト技術を利用して、金融機関向けにKYC (Know Your Customer)のB to Bシェアリングエコノミーサービスを提供する。

 

◆ 企業概要

企業名 ソラミツ株式会社
所在地 東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング 13階
代表者名 グループ代表取締役・最高経営責任者/共同創業者 武宮 誠
ソラミツグループ会長/共同創業者 岡田 隆
特別顧問/共同創業者 松田 一敬
ソラミツ代表取締役社長 宮沢 和正
設立 2016年2月
URL https://soramitsu.co.jp/ja

「未来2021」ファイナリストのシンクランド株式会社は、エレクトロニクスと無線通信の分野で世界をリードするローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:Jacques Jourda)との光計測分野での協業に合意いたしました。

【協業についてのコメント】
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 Jacques Jourda(ジャック・ジョルダ)氏
「今回の協業には、これまで弊社がアドレス出来なかった光計測市場へ参入するための大きな一歩として捉えています。」

詳細は、以下URLをご参照ください。
シンクランド株式会社 プレスリリース: シンクランド、ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社との協業に合意(2021年6月10日)

 

◆ 事業概要

独自技術と最新テクノロジーを融合し”未来の技術を創造する”
シンクランドは、自社が保有するハイレベルな「光学技術」や「電気信号処理技術」と、
産官学が保有する高機能な「最新テクノロジー」とを連携することで、日本発の最先端製品を創造し、国内外に展開しています。

◆ 会社概要

企業名 シンクランド株式会社​
所在地 神奈川県川崎市川崎区日進町7番地1
川崎日進町ビルディング9階
代表者 宮地 邦男
設立 2014年(平成26年)2月3日​
従業員数 19名​
資本金 4億7,315万円​
事業内容 光学・電気技術を用いた医療機器および検査測定機器等の製造および販売​
URL https://think-lands.co.jp/index.html

 

「未来2020」ファイナリストの株式会社ボスコ・テクノロジーズが、株式会社ボスコ・テクノロジーズの SMART Gateway が、「保守用ゲートウェイシステム」として東京都港区に採用されました。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社AnchorZ ニュースリリース:NEC が SMART Gateway を選定、東京都港区にて運用開始(2021年6月2日)

◆ 事業概要

ICT インフラの操作監視・制御ソリューション・インターネット分離ソリューション「SMART Gateway」(スマートゲートウェイ)
SMART Gateway (Simple Management of Access-Restriction Translator Gateway : SMART-GW) は、PC・サーバ・ネットワーク機器で構成された①ICT インフラの操作監視・制御ソリューション、②インターネット分離ソリューションとして、2014 年の販売開始以来、官公庁、自治体、大手通信事業者をはじめとするセキュリティ要求水準の極めて高いお客様環境で運用実績を積んでまいりました。
これまで苦労して VPN などのエージェントアプリケーションを自端末や管理対象サーバ等にインストールしたり、専用 SIM などを利用してクラウド環境にある Virtual Private Cloud (VPC) に接続するという導入コストと運用コストが負荷になるやり方を一掃するソリューションを提供してきています。

◆ 企業概要

企業名 株式会社ボスコ・テクノロジーズ ( 英名:BOSCO Technologies Inc. )
所在地 東京都港区西新橋一丁目6番13号 虎ノ門吉荒ビル 4F
代表者 代表取締役 林 經正
設立 2012年2月29日
資本金 600 万円(2020年6月末時点の利益剰余金約 7.4 億円)
事業内容 社会インフラ開発事業、サービス開発事業、技術コンサルティング事業
URL https://www.bosco-tech.com/

「未来2019」ファイナリストのサグリ株式会社が、リアルテックファンド(所在地:東京都墨田区、代表:丸幸弘、永田暁彦)をリード投資家として、みなとキャピタル株式会社、池田泉州キャピタル株式会社、株式会社広島ベンチャーキャピタル、ひょうご神戸スタートアップファンド、他エンジェル投資家等を引受先とする総額約1.55億円の第三者割当増資を実施致しました。 

詳細は、以下URLをご参照ください。
サグリ株式会社 ニュースリリース:衛星データで農業課題の解決に取り組むサグリ株式会社が約1.55億円の資金調達を実施(2021年6月2日)

◆ 事業概要

衛星データと地上データを活用し、地球上に暮らす人類の営みを最適化する
宇宙から見たグリッド状の地表データを活用し、 将来人類が直面する食糧問題や環境問題の解決に取り組む企業です。 衛星リモートセンシング、土壌分析、機械学習をはじめとした技術を融合させ、 地球の今と未来を創造します。

◆ 企業概要

企業名 サグリ株式会社
所在地 (兵庫本社)兵庫県丹波市氷上町常楽725-1
(東京本社)東京都新宿区西新宿3-9-7 BIZ SMART西新宿316号室
代表者 代表取締役CEO 坪井 俊輔
設立 2018年6月14日
資本金 174百万円(準備金含む)
URL https://sagri.tokyo/

「未来2021」ファイナリストの株式会社AnchorZと株式会社ボードウォークは、ますます厳しい管理を求められる、個人情報保護の問題と本人認証の煩わしさから完全にユーザーを解放し、高いセキュリティレベルを確保することができる全く新しいセキュリティサービスの構築を目指し、業務提携をおこないます。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社AnchorZ ニュースリリース:株式会社ボードウォークと業務提携のお知らせ(2021年5月28日)

◆ 事業概要

誰でもすぐに使えて偽装されない 安全安心の世界を実現
これまでの常識を根本から覆す「DZ認証」と「DZ Cloud」からなる日本から世界へ発信する次世代セキュリティ

◆ 企業概要

企業名 株式会社AnchorZ
所在地 東京都台東区浅草橋3-22-9 第一野村ビル2階
代表者 代表取締役 徳山 真旭
設立 2009年4月1日
資本金 84,999,500円
事業内容 ソフトウェア製品の研究・開発・販売
「DZ認証」「DZCloud」「PM Engine」等の要素技術を活用したアプリや「CalPush」の販売
受託開発 や ITコンサル
URL https://anchorz.co.jp/
「未来2019」ファイナリストのエディットフォース株式会社が、、2021年5月7日までに、ニュートン バイオキャピタルが運用するNEWTON BIOCAPITAL I Pricaf Privée SA等を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額8億を調達したことをお知らせいたします。

詳細については、以下URLをご参照ください。
エディットフォース株式会社 ニュースリリース:第三者割当増資による資金調達について(2021年5月19日)

 

◆ 事業概要

独自のDNA、RNA編集技術を用いたバイオ産業への展開
植物由来のPPR(Pentatrico-Peptide Repeat)技術を利用した日本発のDNA/RNA分子操作技術を用いて、欧米発のみで形成されているDNA編集技術の1兆円市場におけるシェア獲得を目指すとともに、世界初のRNA操作技術で新たな市場を形成してまいります。

 

◆会社概要

会社名 エディットフォース株式会社
所在地 福岡県福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル4階
設立 2015年5月15日
資本金 489,999,240円
代表者 代表取締役社長 小野 高
事業内容 遺伝子編集技術の開発と技術供与、試薬・創薬・種苗・物資生産等への研究、知財管理等
試薬事業   DNA/RNA編集試薬の販売
創薬事業   DNA/RNA編集技術の開発、創薬支援
種苗農業事業 DNA/RNA編集技術による植物・種苗の品種改良、研究開発支援
物質生産事業 DNA/RNA編集技術による物質生産、化学産業等への研究開発支援
URL https://www.editforce.co.jp/

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社キャスターは、BtoB営業・マーケティング活動のデジタル化を支援する株式会社 才流(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:栗原 康太)と業務提携を開始しました。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社キャスター ニュースリリース:事業企画をプロ人材チームに依頼できる「bizhike」が「才流」と業務提携。企業の共同支援を開始。(2021年5月18日)

 

◆ 事業概要

CASTER BIZ(以下、キャスタービズ)は、オンラインアシスタントサービスです。メッセージひとつで、いつでもどこでもお客様のご依頼に対応いたします。キャスタービズのアシスタントは、人事、経理、総務といった主なバックオフィス全般をはじめ、マーケティング、デザイン、翻訳といった、さまざまな業務を代行します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社キャスター
所在地 宮崎県西都市鹿野田11365-1 神楽酒造内 アグリ館2階
代表者 代表取締役 中川 祥太
資本金 4,990万円
URL https://caster.co.jp/

「未来2016」ファイナリストのマネーツリー株式会社は、フィデリティ・インターナショナルをはじめ、アスリード・キャピタル、GMOベンチャーパートナーズ、山内家ファミリーオフィスといった複数の機関投資家を引受先とする第三者割当増資により、資金調達を実施しましたのでお知らせいたします。

詳細は、以下URLをご参照ください。
マネーツリー株式会社 プレスリリース:マネーツリー、シリーズC2ラウンドとして第三者割当増資 創業より累計約47億円の資金調達を完了(2021年5月11日)

◆ 事業概要

「MT LINK-ファイナンスデータのクラウドサービス」
MT LINKは、Moneytreeが提供する、国内2,000社以上の金融機関(銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイント)から、明細データを自動的に取得できるサービスです。銀行口座は、普通口座、定期口座に加え、電子証明書を必要とする法人口座への対応数も既に900行を超え、国内第1位です。連携会社は、弥生、TKC、大日本印刷を始めとする6社で、業界のスタンダードになっています。

◆ 会社概要

社名 マネーツリー株式会社
所在地 東京都港区西麻布3-13-3 カスタリア広尾2階
代表者 代表取締役 ポール チャップマン
設立 2012年4月23日
資本金 33億円 資本準備金含む(2021年3月末時点)
事業内容 資産管理サービス「Moneytree®︎」および金融データプラットフォーム「Moneytree LINK®︎」の開発・運営
従業員数 83名(2021年4月末時点)
URL https://getmoneytree.com/jp/company/about

 

「未来2021」ファイナリストの株式会社RevCommが、ビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatwork株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO:山本正喜、以下、Chatwork)と、このたび業務提携をおこない、中小企業のDX推進を支援する「Chatwork DX相談窓口」の提案サービスとして新たに「MiiTel」の提供を開始したことをお知らせします。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社RevComm ニュースリリース:ChatworkとRevCommが業務提携-「Chatwork DX相談窓口」の提案サービスとして新たに「MiiTel」の提供開始、 DXで営業電話を可視化・効率化し商談獲得率・成約率向上に貢献-(2021年5月11日)

 

◆ 事業概要

コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る
世の中のあらゆるものが可視化されゆく中、音声コミュニケーションは取り残されたままです。
RevCommは音声技術とAIにより、コミュニケーションにおける摩擦をなくし、お互いの想いがより伝わる社会を創ります。

 

◆ 会社概要

社名 株式会社RevComm
所在地 東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7階
代表者名 代表取締役 會田 武史
資本金 1,671百万円(資本準備金含む)
事業内容 AI × Voice × Cloudのソフトウェア
データベースの開発
URL https://www.revcomm.co.jp/

「未来2018」IT融合部門 最優秀賞 受賞の株式会社FOLIOは、株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:瓜生 憲)、並びに、AlpacaJapan株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:四元 盛文)と連携し、FOLIOとAlpacaJapanが共同開発した進化版ロボアドバイザー「FOLIO ROBO PRO」のホワイトラベル版「MINKABU ROBO(仮称)」を2021年内に提供開始すべく三社間での業務提携に基本合意いたしましたので、お知らせいたします。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社FOLIO ニュースリリース: ミンカブ・FOLIO・AlpacaJapanの業務提携によるロボアドバイザー事業への参入の決定に関するお知らせ (2021年4月27日)

 

◆ 事業概要

「エンターテイメント」×「高度なテクノロジー」の新しい投資プラットフォーム
我々は、資産運用をバリアフリーというミッションのもと、「テーマでえらぶ」次世代型投資プラットフォームを開発し、10年ぶりとなる国内株を取り扱う独立系オンライン証券を設立。ワクワクするUI/UX上で、先端テクノロジーを活用しながら金融のプロ水準の小額・分散投資を安い手数料で手軽に楽しむことが出来る。

◆ 会社概要

社名 株式会社FOLIO
所在地 東京都千代田区一番町16-1 共同ビル一番町4F
代表者名 代表取締役 甲斐 真一郎
設立 2015年12月10日
資本金 91億2万1636円(資本剰余金含む)2020年3月末時点
URL https://corp.folio-sec.com/

 

「未来2016」ファイナリストのマネーツリー株式会社は、株式会社パークリアルティ(本社:東京都中央区、代表取締役:川口 真弘)が提供する月極駐車場契約管理サービス「QRsign」に、マネーツリーの金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」が採用され、連携を開始いたしましたことをお知らせします。

詳細は、以下URLをご参照ください。
マネーツリー株式会社 プレスリリース:マネーツリーの金融データプラットフォーム、 パークリアルティの月極駐車場契約管理サービス「QRsign」と連携(2021年4月21日)

◆ 事業概要

「MT LINK-ファイナンスデータのクラウドサービス」
MT LINKは、Moneytreeが提供する、国内2,000社以上の金融機関(銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイント)から、明細データを自動的に取得できるサービスです。銀行口座は、普通口座、定期口座に加え、電子証明書を必要とする法人口座への対応数も既に900行を超え、国内第1位です。連携会社は、弥生、TKC、大日本印刷を始めとする6社で、業界のスタンダードになっています。

◆ 会社概要

社名 マネーツリー株式会社
所在地 東京都港区西麻布3-13-3 カスタリア広尾2階
代表者 代表取締役 ポール チャップマン
設立 2012年4月23日
資本金 33億円 資本準備金含む(2021年3月末時点)
事業内容 資産管理サービス「Moneytree®︎」および金融データプラットフォーム「Moneytree LINK®︎」の開発・運営
従業員数 83名(2021年4月末時点)
URL https://getmoneytree.com/jp/company/about

 

「未来2016」ファイナリストのマネーツリー株式会社は、株式会社Tax Technology(本社:東京都港区、代表取締役社長 上田 昌宏)が、2021年4月16日より新たに機能が追加しリリースした新設法人向けクラウド会計ソフト「10 book」に、マネーツリーの金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」が採用されたことをご報告します。

詳細は、以下URLをご参照ください。
マネーツリー株式会社 プレスリリース:マネーツリー、Tax Technologyのクラウド会計ソフト 「10 book」と連携(2021年4月19日)

◆ 事業概要

「MT LINK-ファイナンスデータのクラウドサービス」
MT LINKは、Moneytreeが提供する、国内2,000社以上の金融機関(銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイント)から、明細データを自動的に取得できるサービスです。銀行口座は、普通口座、定期口座に加え、電子証明書を必要とする法人口座への対応数も既に900行を超え、国内第1位です。連携会社は、弥生、TKC、大日本印刷を始めとする6社で、業界のスタンダードになっています。

◆ 会社概要

社名 マネーツリー株式会社
所在地 東京都港区西麻布3-13-3 カスタリア広尾2階
代表者 代表取締役 ポール チャップマン
設立 2012年4月23日
資本金 33億円 資本準備金含む(2021年3月末時点)
事業内容 資産管理サービス「Moneytree®︎」および金融データプラットフォーム「Moneytree LINK®︎」の開発・運営
従業員数 83名(2021年4月末時点)
URL https://getmoneytree.com/jp/company/about

 

「未来2018」のファイナリストの株式会社T-ICUは、京都府が推進するスーパーシティ構想の具体化における連携事業者として選出されました。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社T-ICU プレスリリース: 株式会社T-ICU、京都府スーパーシティ構想の具体化に向け知見提供 (2021年4月16日)

◆ 事業概要

「専門医チームによる遠隔集中治療支援ソリューションの提供」
集中治療専門医チーム「T-ICU」が、遠隔システムを用いて24時間体制で患者情報をモニタリング、早期的確な治療方法を提案することで、地域・施設・時間に関係なく質の高い集中治療が提供できる環境作りをサポートします。
医療現場の働き方改革、労務改善にも貢献しています。

◆ 会社概要

社名 株式会社T-ICU
所在地 兵庫県神戸市中央区八幡通3-2-5 IN東洋ビル605
代表者 代表取締役 中西 智之
設立 2016年10月13日
URL http://t-icu.co.jp/

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社Nextremerが、本田技研工業株式会社(以下、「Honda」)と、対話・音声・画像認識をはじめとするHondaの研究成果をスピーディに社会実装することを目的とした業務提携契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。
本提携により、Hondaの持つ最先端の基礎技術とNextremerが持つ製品化や運用面における知見を活かし、新たなサービスの開発・提供を進めてまいります。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社Nextremer プレスリリース:NextremerとHondaは、Hondaの持つ最先端の基礎技術および、Nextremerが持つ製品化や運用面における知見を活かした新たなサービスの開発・提供を推進し社会課題の解決を目指すべく、業務提携契約を締結しました(2021年4月5日)

 

◆ 事業概要

「AIを活用した対話システムの研究開発・サービスの提供、オープンイノベーション事業(他企業との共同開発/共同研究)」
創業以来、「AIと人との協業」というコンセプトのもと、AIテクノロジーを活用した対話システムの研究・開発に取り組んでおり、高度な自然言語処理機能を有するマルチモーダル対話システム「minarai」を提供しています。独自で開発した深層学習をベースに、各業界に特化したシナリオデータベースを組み合わせ、応答精度の高い対話システムの開発を行っています。

 

◆ 会社概要

社名 株式会社Nextremer(ネクストリーマー)
所在地 (東京本社)東京都板橋区成増1-30-13 トーセイ大樹生命ビル10F
代表者名 代表取締役CEO 高橋 太一
設立 2012年10月
資本金 376百万円
事業内容 ・AI社会実装事業 (AIエンジンライセンス・AIプロダクト)
・AIシステム開発・研究開発事業
URL https://www.nextremer.com/

「未来2020」ファイナリストの株式会社MILE SHAREが、株式会社PINKとの間に株式譲渡契約を締結したことをお知らせいたします。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社MILE SHARE プレスリリース: 株式会社PINKとの株式譲渡契約の締結完了をお知らせします。(2021年4月1日)

 

◆ 事業概要

世界のポイント / マイルを自由化
世界の航空会社の活用できるポイント・マイルの、シェアリングサービスです。
世界中のポイント・マイルをシェア可能なマイルプロバイダーと飛行機に乗りたいユーザーをMILE SHAREのサービス上でマッチングすることによって、新しい飛行機の乗り方である『シェアリングフライト』を実現いたします。

◆ 会社概要

企業名 株式会社MILE SHARE​
所在地 (本社)札幌市東区北8条東4丁目1番20号
(東京オフィス)東京都品川区東五反田2丁目9
代表者 代表取締役社長 森田 宣広
設立 2018年3月
資本金 5,000万円
URL https://mileshare.co.jp/

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社クラウドリアルティと、不動産賃貸管理の収支などがスマホアプリやWebサイトで確認できる、投資家様向けの資産管理ツールを提供するWealthPark株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川田 隆太、以下「WealthPark」)とは、不動産を対象としたファンドの組成・運用に関連する様々な機能を相互に連携するにあたり、業務提携(以下、「本提携」)を行う予定となりましたことを、お知らせいたします。

詳細については、以下URLをご参照ください。
株式会社クラウドリアルティ ニュースリリース: 株式会社クラウドリアルティとWealthPark株式会社が、投資家様への期中報告、ファンド組成・運用に関連する機能の相互連携に向けて業務提携(2021年3月29日)

 

◆ 事業概要

不動産特化型のエクイティ・クラウドファンディング
エクイティ・クラウドファンディングのスキームを組み込んだ、不動産の証券化のためのオンラインマーケットプレイスを運営。国内だけでなく、海外の発行体及び投資家に対して、ファンド組成・資金調達・証券流通のサービスを一気通貫で提供し、グローバルな新たな資本市場の創成を目指す。現在日本及びエストニアに拠点を有し、直近は国内及び欧州にて事業を展開。

◆ 会社概要

企業名 株式会社クラウドリアルティ
所在地 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
代表者名 代表取締役 鬼頭 武嗣
設立 2014年12月
事業内容 エクイティ・クラウドファンディング事業
金融業(第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第2963号)
不動産業(宅地建物取引業 東京都知事(2) 第98234号)
URL https://www.crowd-realty.com/

 

「未来2021」ファイナリストのシンクランド株式会社は、毛髪に関する総合サービスを提供する、株式会社アートネイチャー(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:五十嵐祥剛)との毛髪・美容分野での協業に向けた、出資の受け入れが決定しましたことをお知らせいたします。
毛髪業界を先導してきたアートネイチャー社の知見と、当社のマイクロニードル事業の技術を活用しながら、毛髪分野や美容分野で、より付加価値の高い製品サービスを開発し、業界のさらなる発展に寄与できるよう協力してまいります。

詳細は、以下URLをご参照ください。
シンクランド株式会社 プレスリリース: シンクランド株式会社、株式会社アートネイチャーとの協業に向けた、出資受け入れについて(2021年3月29日)

 

◆ 事業概要

独自技術と最新テクノロジーを融合し”未来の技術を創造する”
シンクランドは、自社が保有するハイレベルな「光学技術」や「電気信号処理技術」と、
産官学が保有する高機能な「最新テクノロジー」とを連携することで、日本発の最先端製品を創造し、国内外に展開しています。

◆ 会社概要

企業名 シンクランド株式会社​
所在地 神奈川県横浜市鶴見区小野町75-1
代表者 宮地 邦男
設立 2014年(平成26年)2月3日​
事業内容 光学・電気技術を用いた医療機器および検査測定機器等の製造および販売​
URL https://think-lands.co.jp/index.html

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社Nextremerと東急株式会社(以下、東急)、東急電鉄株式会社(以下、東急電鉄)、株式会社Huber.(以下、Huber)は、Nextermerが提供するAI案内サイネージサービスを活用し、お客さまからのさまざまなご質問に安全・安心かつ最適な対応ができるリモートコンシェルジュサービス(以下本サービス)を開発、3月25日よりプレ導入します。
 本サービスは東急が運営する東横線・田園都市線渋谷駅ナカの観光案内所「WANDER COMPASS SHIBUYA(以下、本案内所)」のスタッフによる遠隔での案内と、AIチャットボットによる問い合わせ対応および観光プランの提案が可能です。本サービスを搭載した非接触型サイネージディスプレイを渋谷駅に設置します。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社Nextremer プレスリリース:AI案内サイネージサービスを東急グループへ提供、共同で渋谷駅観光案内所のDXを推進(2021年3月24日)

 

◆ 事業概要

「AIを活用した対話システムの研究開発・サービスの提供、オープンイノベーション事業(他企業との共同開発/共同研究)」
創業以来、「AIと人との協業」というコンセプトのもと、AIテクノロジーを活用した対話システムの研究・開発に取り組んでおり、高度な自然言語処理機能を有するマルチモーダル対話システム「minarai」を提供しています。独自で開発した深層学習をベースに、各業界に特化したシナリオデータベースを組み合わせ、応答精度の高い対話システムの開発を行っています。

 

◆ 会社概要

社名 株式会社Nextremer(ネクストリーマー)
所在地 (東京本社)東京都板橋区成増1-30-13 トーセイ大樹生命ビル10F
代表者名 代表取締役CEO 高橋 太一
設立 2012年10月
資本金 376百万円
事業内容 ・AI社会実装事業 (AIエンジンライセンス・AIプロダクト)
・AIシステム開発・研究開発事業
URL https://www.nextremer.com/

「未来2020」阪急阪神不動産賞受賞のスマイルロボティクス株式会社が、東京都が主催する「Tokyo Robot Collection」に採択され、「新しい日常における受付・案内に関わるサービス事業等の安全な実施に向けた実証」を行いました。

詳細は、以下URLをご参照ください。
スマイルロボティクス株式会社 プレスリリース: スマイルロボティクスが東京都主催の「Tokyo Robot Collection」に採択され、PCR検査の実証における、非対面・非接触でのロボットによる搬送を実施(2021年3月25日)

 

◆ 事業概要

ロボット技術で全世界に笑顔を
スマイルロボティクス株式会社は「ロボット技術で全世界を笑顔に」をミッションに、東京大学情報システム工学研究室(JSK)出身で元Googleのロボットエンジニアが集まり、2019年に創業したロボット開発企業です。
世界最高峰の人共存型モバイルマニピュレーターを開発し、飲食店や施設等の室内マイクロ物流に革新を起こします。

◆ 会社概要

企業名 スマイルロボティクス株式会社​
所在地 東京都文京区本郷5-25-18 ハイテク本郷ビル1F
代表者 取締役社長 小倉 崇
設立 2019年6月
資本金 30,256,304円
事業内容 全世界に笑顔をつくるロボットの開発、技術的難易度の高いロボットの共同開発・受託開発​
URL https://www.smilerobotics.com/

 

「未来2019」ファイナリストのBionicM株式会社が、日本の大手義肢製作所の一つである公益財団法人鉄道弘済会義肢装具サポートセンター(住所:東京都荒川区 以下「鉄道弘済会」)と、下肢切断者のモビリティを向上させるパワード義足の開発における協働契約を締結しました。

詳細は、以下URLをご参照ください。
BionicM株式会社 ニュースリリース:公益財団法人鉄道弘済会義肢装具サポートセンターとパワード義足の開発・普及における協働契約締結(2021年3月23日)

 

◆ 事業概要

「ロボティクスと身体を融合したモビリティディバイスの研究開発・事業化」
東京大学発ベンチャーとして、よりスマートに、快適に移動する技術とその関連ソリューションを提供するモビリティカンパニーを目指します。すべての人のモビリティを高める技術・製品を世界中に届けていきます。ロボティックスと人間の身体を融合する技術を活用し、すべての人々のモビリティにパワーをもたらし、従来の義足の問題を解決し、自然な動きを実現する小型かつ軽量な高機能義足を生み出します。

 

◆会社概要

会社名 BionicM株式会社(バイオニックエム)
所在地 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ203
代表者名 代表取締役 孫 小軍
設立 2018年12月21日
URL http://www.bionicm.com/

 

「未来2021」ファイナリストの株式会社I’mbesideyouが、東京都及び(公財)東京都中小企業振興公社が高いポテンシャルを有する都内中小企業の技術・製品開発への助成を行う「新需要獲得に向けたイノベーション創出支援事業」に採択された。マルチモーダル AI での反応解析を通じて、オンライン教育の質の向上を行う「新しい日常」の定着に寄与する技術や製品の創出を共に目指す。

詳細については、以下URLをご参照ください。
株式会社I’mbesideyou ニュースリリース: 東京都の「新需要獲得に向けたイノベーション創出支援事業」に採択されました。(2021年3月22日)

 

◆ 事業概要

唯一無二をみえる化する
コロナで急速にオンライン化が進む中、一人一人のかけがえのない個性はますます見え辛くなっています。
人以上に人に寄り添うAIで、コミュニケーションをみえる化し、一人一人があるがままに生きやすい環境に変えていく。
誰もが心の底から”みんな違ってみんな良い”と思える、優しい社会を作り出すために、私たちはチャレンジを続けます。

◆ 会社概要

企業名 株式会社I’mbesideyou
代表者 代表取締役社長 神谷 渉三
設立 2020年6月
事業内容 ・個⼈の特性を情報技術で明らかにする事業
・画像解析・⾳声解析などの情報技術を活⽤した分析サービスを⾏う事業及び付随したコンサルテーション事業
URL https://www.imbesideyou.com/

 

「未来2021」出場者のDigital Platformer株式会社が、常に革新的な事業に取り組み、多くの金融サービスプロバイダーとアライアンスを組む東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 最高経営責任者 石田建昭)との間で業務提携を行うこととなりましたのでご報告いたします。

詳細については、以下URLをご参照ください。
Digital Platformer株式会社ニュースリリース: LITA プラットフォームで「東海東京デジタルワールド」実現へ(2021年3月10日)

 

◆ 事業概要

金融機関と手を組み全産業のDXをサポートします
「LITA Platform Service」
コロナ危機により、デジタル化による社会変革は一層前進することが予想されます。
そのDX促進を担う私たちのプラットフォームがLITAです。
政府、地方自治体、中央銀行、証券、都市銀行、地銀等の金融機関、企業と協力し、インフラ整備の一環を担うべく様々な地域、国々に働きかけをしていきます。

◆ 会社概要

企業名 Digital Platformer株式会社
所在地 東京都新宿区四谷1-1-2 四谷見附ビルディング 5F
設立 2020年4月24日
資本金 21,500,000円
事業内容 ・LITA Platform の提供
・ブロックチェーンによるDXのシステム開発
・デジタル化推進のコンサルティング
URL https://digitalplatformer.co.jp/

 

「未来2018」ファイナリストのストックマーク株式会社が、Bonds Investment Group株式会社、大和企業投資株式会社、株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ、及び既存投資家のWiL Fund Ⅱ, L.P.を引受先とする総額10億円超の第三者割当増資を完了いたしました。

詳細は、以下URLをご覧ください。
ストックマーク株式会社 ニュースリリース:企業文化変革に寄り添うストックマーク、10億円超の資金調達を完了(2021年3月9日)

◆ 事業概要

Anews/AIがチームに最適なWEBニュースを毎日配信
最先端の自然言語処理の研究をベースに、組織の情報共有・ナレッジシェアを効率化するWebニュースプラットフォーム「Anews」、大量のテキストデータから経営の戦略的意思決定を強力にサポートする「Astrategy」、営業戦略支援サービス「Asales」を提供しています。

◆ 会社概要

企業名 ストックマーク株式会社
所在地 東京都港区南青山 1 丁目12-3 LIFORK MINAMI AOYAMA S209
代表者名 代表取締役CEO 林 達
設立 2016年11月15日
事業内容 テキストマイニング×AI技術を活用した
ビジネス意思決定サポートサービスの開発・運営
URL https://stockmark.ai/

「未来2021」三井化学共生社会賞、革新素材・エネルギー/その他部門最優秀賞受賞の株式会社 KOALA Techが、三井化学株式会社(所在:東京都港区、代表取締役社長:橋本修)と有機半導体レーザー素子の実用化に向けた有機色素の開発について、共同研究開発を開始しました。
当社の持つ有機半導体レーザーダイオード(OSLD : Organic semiconductor laser diode)技術開発の知見と三井化学が培った有機色素への知見を合わせて、近赤外波長域での高効率なレーザー発振を可能とする革新的な有機色素の研究開発を共同で行い、スマートフォンやウェアラブル機器への実装・導入を目指します。

詳細については、以下URLをご参照ください。
株式会社 KOALA Techニュースリリース: 三井化学と有機半導体レーザーデバイス向け有機色素の共同研究開発を開始(2021年3月9日)

 

◆ 事業概要

Kyushu Organic Laser Technology
株式会社KOALA Techは、九州大学 最先端有機光エレクトロニクス研究センターで世界に先駆けて実現された
有機半導体レーザーダイオード(OSLD)のレーザー技術の実用化を目指して設立された九大発ベンチャーです。
OSLDをレーザー光源として実用化し、近年高精細・フレキシブルディスプレイとして注目される有機EL素子(OLED)をはじめ、
有機電子デバイスプラットフォームに高い互換性をもつレーザー光源を実現いたします。
これによって、有機半導体デバイス分野におけるユーザーへ新しいソリューションを提供していきます。

◆ 会社概要

企業名 株式会社KOALA Tech
代表者 代表取締役(CEO) Jean Charles Ribierre
所在地 福岡市西区九大新町4-1福岡市産学連携交流センター215
設立 2019年3月22日
資本金 2億5978万円
URL https://koalatech.co.jp/JP/index.html

 

「未来2021」ファイナリストの株式会社CYBO​が、インキュベイトファンドを引受先とした第三者割当増資(シードラウンド)により、6000万円の資金を調達しました。これによって細胞解析技術を用いた有力なアプリケーションの実用化に挑みます。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社CYBO​ プレスリリース: AIで細胞を高速解析・処理する技術を開発するCYBOがインキュベイトファンドから6000万円の資金調達を実施(2021年3月1日)

 

◆ 事業概要

AI x ビッグデータで細胞を再分類し、活用する
CYBOは多岐にわたる技術を活用して、細胞を深く知り、広く活用するべく、高速自動顕微鏡(SHIGI)や画像活性セルソーター(ENMA)などの各種ツールを開発し、細胞の診断や解析、加工などのソリューションを提供します。

◆ 会社概要

企業名 株式会社CYBO​
所在地 東京都千代田区神田練塀町3番地 富士ソフト秋葉原ビル12F
代表者 代表取締役 新田 尚
設立 2018年7月​
事業内容 ・理化学機器の製造及び販売
・研究用ソフトウェアの製造及び販売
・試薬及び消耗品類の製造及び販売​
・医療機器の企画、開発、設計、製造及び販売​
・前各号に関する保守サービス​
・細胞計測及び計測装置等に関する共同研究​
・研究及び開発の受託​
・知的財産権の実施、使用、利用許諾、維持及び管理​
・前各号に附帯又は関連する一切の業務 ​
URL https://www.cybo.jp/

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社クラウドリアルティと、株式会社MFS(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:中山田 明、以下 「MFS」)は事業提携を締結することをお知らせいたします。

詳細については、以下URLをご参照ください。
プレスリリース 株式会社クラウドリアルティと株式会社MFSが業務提携(2021年3月1日)

 

◆ 事業概要

不動産特化型のエクイティ・クラウドファンディング
エクイティ・クラウドファンディングのスキームを組み込んだ、不動産の証券化のためのオンラインマーケットプレイスを運営。国内だけでなく、海外の発行体及び投資家に対して、ファンド組成・資金調達・証券流通のサービスを一気通貫で提供し、グローバルな新たな資本市場の創成を目指す。現在日本及びエストニアに拠点を有し、直近は国内及び欧州にて事業を展開。

◆ 会社概要

企業名 株式会社クラウドリアルティ
所在地 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
代表者名 代表取締役 鬼頭 武嗣
設立年 2014年12月
URL https://www.crowd-realty.com/

 

「未来2019」ファイナリストのiBody株式会社は、愛知・名古屋地域及び浜松市が革新的なイノベーションとスタートアップの創出を目指し組織する「Central Japan Startup Ecosystem Consortium」が、経済産業省中部経済産業局と連携し、グローバルな活躍を目指すスタートアップ企業を集中支援する「J-Startup CENTRAL」20社に選定されました。

詳細は以下をご参照ください。
iBody株式会社ニュースリリース: J-startup CENTRALに選定(2021年1月25日付)

◆ 事業概要

医薬品向け自己抗体の迅速発掘
世界最速の低コスト抗体探索技術で、従来技術では見つけられなかった開発確度の高い医薬品向けヒト抗体を発掘します。これにより、様々な疾患治療に期待されている抗体医薬品の開発を加速し、人類の健康に貢献します。

◆ 会社概要

企業名 iBody株式会社(アイボディ株式会社)
所在地 愛知県名古屋市千種区不老町1番
名古屋大学 インキュベーション施設102号
資本金 1,000万円
代表者名 代表取締役 CEO:天草 陽
設立 2018年2月1日
URL https://www.ibody.co.jp/

「未来2020」ファイナリストの株式会社グリラスが、Beyond Next Ventures を筆頭に、産学連携キャピタル(AIAC)、HOXIN株式会社 等に対して総額2.3億円の第三者割当増資を実行したことをお知らせします。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社グリラス ニュースリリース:シリーズAにて総額2.3億円の資金調達を行いました。(2020年12月18日)
※12月23日付の日本経済新聞(地方経済面 四国)にも掲載されました。

 

◆ 事業概要

SAVE THE EARTH by CRICKETS!
世界の食料問題を昆虫科学で解決し、持続可能な社会を実現する。

徳島大学発ベンチャー 株式会社グリラスは、これまでの発生生物学の経験をもとに「コオロギ飼育管理・育種」の専門会社として創立いたしました。
世界的な課題である食料問題をはじめ、持続可能な社会を創造するためにテクノロジーで世界を変える挑戦をしてまいります。

 

◆会社概要

会社名 株式会社グリラス
所在地 徳島県鳴門市撫養町黒崎字松島45-56
代表者名 代表取締役社長 渡邉 崇人
設立 2019年5月
URL https://gryllus.jp/

 

「未来2019」ファイナリストのネクストイノベーション株式会社は、医療DX(デジタルトランスフォーメーション)のネクストステージに向けて事業基盤の強化を目的に、ジャフコ グループ株式会社(取締役社長:豊貴 伸一)が運用する投資事業有限責任組合をリードインベスターとして約20億円の資金調達を完了しました。
またこれを機に、会社名を「ネクストイノベーション株式会社」から、「株式会社ネクイノ」へと変更し、併せてロゴマーク、WEBサイトのリニューアルを実施しました。

詳細は以下をご覧ください。
株式会社ネクイノ プレスリリース:ネクストイノベーション株式会社から、株式会社ネクイノへ 医療DXのネクストステージに向けて、約20億円の資金調達を完了 〜会社名、ロゴマーク、WEBサイトもRe▷design(サイテイギ)〜(2020年12月14日)

◆ 事業概要

アプリで診察、ピルが届く。
オンライン診察サービス「スマルナ」の提供等、人々と医療の間にICTのチカラで橋をかけます。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ネクイノ
所在地 大阪市北区曽根崎新地1-13-22 御堂筋フロンティア WeWork
業務内容 インターネットを用いた遠隔医療サービスの企画及び運営
システム開発及び運営
医療機関、介護施設等へのコンサルティング事業
前各号に附帯関連する一切の業務
代表者名 代表取締役社長 石井 健一
設立 2016年6月3日
資本金 10,000万円
URL https://nextinnovation-inc.co.jp/

「未来2019」ファイナリストの株式会社オシンテックは、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)の支援対象となり、「グローバル・イノベーション・センター・ジャパン(GIC Japan)」(神戸市)にオフィス入居いたしました。
GIC Japanは、国内外のスタートアップが集積し、持続可能な開発目標(SDGs)の課題解決に資する新たな製品やサービスの創出を行うことを目的としたインキュベーション施設で、世界で3拠点目、アジア初の拠点です。

詳細は以下をご覧ください。
株式会社オシンテック ニュースリリース:国連プロジェクト・サービスの支援対象となりました(2020年12月9日)

◆ 事業概要


Our world.
Rules by everybody.
世界のルールを、みんなの手で。

法律や制度が作られるプロセスをAIで可視化することによって、多くの人・企業・団体が、ルール形成に関われる環境を作ります。

◆ 会社概要

企業名 株式会社オシンテック
URL https://www.osintech.net/

「未来2020」ロボット・AI・IT融合部門最優秀賞受賞の株式会社Singular Perturbationsが、名古屋市中川区で犯罪予測によるパトロール実証実験を開始し、説明会・実験について読売新聞に掲載されました。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社Singular Perturbationsニュースリリース:読売新聞でご紹介いただきました!(2020年11月27日)

◆ 事業概要

“世界最高精度の犯罪予測アルゴリズム(独自開発)を強みとして、国内外の警察・情報機関向けの犯罪予測ソフトウェア”CRIME NABI”を開発している、計算犯罪学×数理(物理、統計、機械学習)×犯罪社会学の専門家集団です。
2018年度よりNICT(情報通信研究機構)委託研究に単独採択され、今年度は東京都でも、”CRIME NABI”を用いた地域防犯の実証実験(リアルタイムに収集したデータに基づき犯罪予測を用いて犯罪が起きやすいパトロールルートを決め、市民・自治体・警察がパトロール)を開始しています。
理論物理、空間統計などの分野の手法を犯罪予測に適用できるよう拡張した弊社の予測エンジンに含まれるアルゴリズムは、オリジナリティと性能を高く評価され、複数の受賞や社会実装の実績があります。”時空間解析”についての手法開発ノウハウを生かし、犯罪予測だけではなく、インフラ、鉄道、スマートシティ、金融業界のデータ分析も行っております。

◆ 会社概要

企業名 株式会社Singular Perturbations(シンギュラー パータベーションズ)
所在地 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F
設立 2017年8月3日
代表者名 梶田 真実
URL https://www.singularps.com/

「未来2020」ファイナリストの知能技術株式会社が、ロボ・フォーク自動操縦のソフト開発について、日刊工業新聞に掲載されました。(2020年11月25日)

◆ 事業概要

AI・ロボットで社会の安全を守る
「人工知能(AI)」と「ロボット技術」を併せ持った最先端テクニカル・カンパニーとして社会の安全を守ります。また、明日の日本も技術大国であり続けるように、ロボットとその技術を使ったビジネスを作り出し、多くの企業と共に競争力のある企業集団を作り、高い技術力を武器にしたビジネスを国内外に広げて行きます。習得した技術は、人々の幸福を作るための道具として役立てて行きます。

◆ 企業概要

企業名 知能技術株式会社
所在地 [本社] 大阪府大阪市北区西天満2丁目6-8 堂島ビルヂング414
[東京オフィス] 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
代表者名 代表取締役 大津 良司  博士(生命医科学)
設立年 2007年7月
URL https://www.chinou.co.jp/

「未来2020」GAPグラント受賞の株式会社Magic Shieldsの「ころやわ」が、日経新聞(本紙「地域経済」(*1)およびWEBサイト(*2))に、掲載されました。
*1)本紙「地域経済」のイメージは、facebookにてご覧いただけます。
*2)WEBサイト「有料会員向け記事ページ」にて、全文がご覧いただけます。

詳細は、以下をご参照ください。
株式会社iMed Technologies ニュースリリース:日経新聞に、「ころやわ」が掲載されました(2020年11月20日)

 

◆ 事業概要

~転んだときだけ柔らかくなる床『ころやわ』 転倒による骨折から高齢者とその家族を守る~
床・介護福祉用品・安全用品の製造、販売
デジタルコンテンツ及びアプリケーションソフトウェアの企画販売

 

◆会社概要

会社名 株式会社 Magic Shields(マジックシールズ)
所在地 静岡県浜松市東区有玉南町1867-1
代表者名 代表取締役 下村 明司
設立 2019年 11月
資本金 29,780,000円
URL https://www.magicshields.co.jp/

 

「未来2020」GAPグラント受賞の株式会社Magic Shieldsの転んだ時だけ柔らかい床「ころやわ」が、日経産業新聞に掲載されました。

詳細は、以下をご参照ください。
株式会社iMed Technologies ニュースリリース:日経産業新聞に、転んだ時だけ柔らかい床「ころやわ」が掲載されました(2020年11月17日)

 

◆ 事業概要

~転んだときだけ柔らかくなる床『ころやわ』 転倒による骨折から高齢者とその家族を守る~
床・介護福祉用品・安全用品の製造、販売
デジタルコンテンツ及びアプリケーションソフトウェアの企画販売

 

◆会社概要

会社名 株式会社 Magic Shields(マジックシールズ)
所在地 静岡県浜松市東区有玉南町1867-1
代表者名 代表取締役 下村 明司
設立 2019年 11月
資本金 29,780,000円
URL https://www.magicshields.co.jp/

 

「未来2020」三井化学賞・メディカル・ヘルスケア部門最優秀賞受賞の株式会社RAINBOWが、経済産業省北海道経済産業局、札幌市、(一財)さっぽろ産業振興財団により、J-Startup HOKKAIDO認定スタートアップ企業に選定されました。

詳細は、以下をご参照ください。
株式会社RAINBOW ニュースリリース:J-Startup HOKKAIDO認定スタートアップ企業に選定されました。(2020年11月17日)

 

◆ 事業概要

北海道大学脳神経外科発のバイオベンチャー。
独自技術のHUNS001は、脳梗塞周辺部に直接投与する自家骨髄間葉系幹細胞(MSC)製品であり、高い品質・有効性・安全性・経済性を目標に開発。

 

◆会社概要

会社名 株式会社iMed Technologies
所在地 東京都文京区湯島四丁目1番13号 ルネ湯島ビル2階
代表者名 代表取締役 高橋 悠一
設立 2019年8月
URL https://rainbowinc.co.jp//

 

「未来2018」その他部門最優秀賞、三井住友海上シェアリングサービス賞を受賞した株式会社Co-LABO MAKERが、J-STARTUP TOHOKUに選定されました。

詳細は、以下URLをご覧ください。
株式会社Co-LABO MAKER ニュースリリース:J-STARTUP TOHOKUに選定されました。 (2020年11月10日)

 

◆ 事業概要

「実験機器・技術のシェアリングプラットフォーム『Co-LABO MAKER』」の企画・開発・運営
実験機器・技術のシェアリングを中心としたR&Dプラットフォーム。実験機器や技術を使いたい人と、それを提供することで対価を得たい人とをつなげ、取引をできるようなパッケージを提供します。まず、これまで見える状態になかった機器や技術をデータベース化し、見えて、使える状態にします。使う側はお金や施設がなくても実験や試作ができ、提供する側は保有設備を活用してお金や機会やニーズ情報を得ることができます。

 

◆ チーム概要

社名 株式会社Co-LABO MAKER
所在地 【本社】宮城県仙台市青葉区国分町1丁目4−9 enspace
【東京拠点】東京都港区赤坂1丁目12−32アーク森ビル31F
代表者名 代表取締役 古谷 優貴
設立 2017年4月7日
資本金 22,000,000円(資本準備金含む)
URL https://co-labo-maker.com/

 

「未来2019」ファイナリストのサグリ株式会社が、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)のGlobal Innovation Accelerator Programに選抜されました。
神戸で開催された4日間の「Bootcamp」の中で行われた最終選考で、当社のアイデアが採択されました。SSAPの育成プログラムなどを含むUNOPSの「Global Innovation Accelerator Program」に参画する資格を獲得することができました。

詳細は、以下URLをご参照ください。
サグリ株式会社ニュースリリース:国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)のGlobal Innovation Accelerator Programに選抜されました(2020年11月9日)

◆ 事業概要

衛星データと地上データを活用し、地球上に暮らす人類の営みを最適化する
宇宙から見たグリッド状の地表データを活用し、 将来人類が直面する食糧問題や環境問題の解決に取り組む企業です。 衛星リモートセンシング、土壌分析、機械学習をはじめとした技術を融合させ、 地球の今と未来を創造します。

◆ 企業概要

企業名 サグリ株式会社
所在地 (兵庫本社)兵庫県丹波市氷上町常楽725-1
(東京本社)東京都港区虎ノ門1-12-14 虎ノ門マスターズビル6階
代表者名 代表取締役 坪井 俊輔
設立年 2018年6月14日
URL https://sagri.tokyo/

「未来2020」その他部門最優秀賞・住友不動産賞・東京ドーム賞・GAPグラント受賞のテクノツール株式会社が、Flex Controller(フレックスコントローラー) を 2020年11月4日(水)より販売開始いたします。
Flex Controller(フレックス・コントローラー)は、「もっと多くの人たちにゲームを楽しんでもらいたい」という想いから、株式会社ホリによって開発され、テクノツールは監修として協力しました。

詳細は、以下URLをご参照ください。
テクノツール株式会社ニュースリリース:Flex Controller(フレックスコントローラー)販売開始のお知らせ(2020年11月4日)

◆ 事業概要

“Assistive Technology as Tools” テクノロジーをツールとして
技術は本来、道具としてあらゆる人の「便利」と「快適」に貢献するためのものです。テクノツール株式会社はコンピュータ、ネットワークのテクノロジーを使って、ハンディキャップをもつ人の暮らしを活き活きと快適にし、社会参加のチャンスを広げるお手伝いをしています。

◆ 会社概要

企業名 テクノツール株式会社
所在地 本店:神奈川県川崎市多摩区
稲城事業所:東京都稲城市東長沼2106-5 マスヤビル4F
代表者名 代表取締役 島田 努
URL https://www.ttools.co.jp/index.html

「未来2018」ファイナリストのユニロボット株式会社が、中国電力より出資を受けました。

詳細は、以下URLをご参照ください。
ユニロボット株式会社ニュースリリース:中国電力様よりご出資いただきました(2020年11月4日)

◆ 事業概要

世界初の個性を学習するロボット「ユニボ」
独自開発したパーソナルAIを搭載し、人と対話できるパートナーロボット「ユニボ」を開発しています。雑談を通して認知症を予防したり、個性を学習することで利用者の嗜好や生活スタイルに合わせた情報(食事、観光、交通、天気)提供や予約、日用品の購入等ができます。将来的にはクラウドに蓄積した情報を病院やスマートホーム機能等と連携させることにより、様々な社会課題解決を実現するプラットフォームを構築していきます。

◆ 会社概要

企業名 ユニロボット株式会社
所在地 東京都渋谷区笹塚3-2-15 第Ⅱベルプラザ5F
代表者名 代表取締役 酒井 拓
URL https://www.unirobot.com/

「未来2019」でGAPグラント”MIRAI”授与先であるAssistMotion株式会社が、株式会社ケイエスピーと株式会社ラックから出資を受けました。

詳細は下記URLをご参照ください。
AssistMotion株式会社ホームページ出資をいただきました(2020年10月28日)

◆ 事業概要

「超高齢化社会を救う、人に優しい“着る”ロボット」
衣服感覚で着ることのできるロボティックウェアcuraraは、自然な動きを補助することができるウェアラブルな歩行アシストロボットである。股関節と膝関節の動作を補助し、総重量が5kgと軽量で、着脱が1分で可能である。高齢者が持つ「以前のように歩ければなあ!」という強い思いに応えること目指している。来年(2019年)よりcuraraのモニター販売を開始する予定で、その準備を進めている。

◆ 企業概要

企業名 AssistMotion株式会社
所在地 長野県上田市踏入2丁目16-24 
信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター(OVIC) 2階 206号室
代表者名 代表取締役 橋本 稔
設立年 2017年1月4日
URL http://assistmotion.jp/

「未来2020」三井化学賞・メディカル・ヘルスケア部門最優秀賞受賞の株式会社RAINBOWが、2020年10月23日第三者割当増資を実施し1億5000万円を調達したことを発表いたします。
 今後は、ご出資頂いた5社との協力体制の下で、脳梗塞など中枢神経疾患の患者自身から採取、培養した、自家骨髄間葉系幹細胞製品(開発名:HUNS001)の開発、治験、薬事承認まで一貫した体制を整えることを目指していくことになります。

詳細は、以下をご参照ください。
株式会社RAINBOW ニュースリリース:資金調達のお知らせ(2020年10月26日)

 

◆ 事業概要

北海道大学脳神経外科発のバイオベンチャー。
独自技術のHUNS001は、脳梗塞周辺部に直接投与する自家骨髄間葉系幹細胞(MSC)製品であり、高い品質・有効性・安全性・経済性を目標に開発。

 

◆会社概要

会社名 株式会社iMed Technologies
所在地 東京都文京区湯島四丁目1番13号 ルネ湯島ビル2階
代表者名 代表取締役 高橋 悠一
設立 2019年8月
URL https://rainbowinc.co.jp//

 

「未来2020」ファイナリストの株式会社iMed Technologiesは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)の、2020年度「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援」(最大助成額:7,000万円、以下「NEDO STS事業」)に採択されました。

詳細は、以下をご参照ください。
株式会社iMed Technologies プレスリリース:NEDOの「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援」に採択(2020年10月26日)

 

◆ 事業概要

脳血管内手術の手術支援AI開発

 

◆会社概要

会社名 株式会社iMed Technologies
所在地 東京都文京区湯島四丁目1番13号 ルネ湯島ビル2階
代表者名 代表取締役CEO 医師 河野 健一
設立 2019年4月1日
URL https://imed-tech.co.jp/

 

「未来2019」ファイナリストのサグリ株式会社が、2020年 国連プロジェクトサービス機関(UNOPS、ユノップス)のアクセラレーションプログラムに採択されました。リモートセンシングデータを活用した”地球温暖化”に対する情報化を土壌や気象の側面から分析し、提案してまいります。

詳細は、以下URLをご参照ください。
サグリ株式会社ニュースリリース:国連機関UNOPSによる気候変動の課題解決に挑むスタートアップを育成する事業に採択されました(2020年10月22日)

◆ 事業概要

衛星データと地上データを活用し、地球上に暮らす人類の営みを最適化する
宇宙から見たグリッド状の地表データを活用し、 将来人類が直面する食糧問題や環境問題の解決に取り組む企業です。 衛星リモートセンシング、土壌分析、機械学習をはじめとした技術を融合させ、 地球の今と未来を創造します。

◆ 企業概要

企業名 サグリ株式会社
所在地 (兵庫本社)兵庫県丹波市氷上町常楽725-1
(東京本社)東京都港区虎ノ門1-12-14 虎ノ門マスターズビル6階
代表者名 代表取締役 坪井 俊輔
設立年 2018年6月14日
URL https://sagri.tokyo/

近畿経済産業局スタートアップ支援プログラム「J-Startup KANSAI」に、未来2016~2020ファイナリストからも2社が選定されました。
「J-Startup KANSAI」は、近畿経済産業局が内閣府のスタートアップ・エコシステム拠点形成事業と連動して新たに展開するものです。
関西発の有望なスタートアップ企業群を明らかにし、地域ぐるみで起業家を応援・支援する仕組みを構築することで、地域が起業家を生み、
育てる好循環(=「エコシステム」)の強化を目指しています。

詳しくは以下をご覧ください。
近畿経済産業局 J-Startup KANSAI公式サイト

◆未来2016~2020に参加した「J-Startup KANSAI」選定企業

ライトタッチテクノロジー株式会社(未来2020住友生命賞・GAPグラント受賞)
ネクストイノベーション株式会社(未来2019ファイナリスト)

「未来2020」ファイナリストの株式会社Buzzreachが、FWD富士生命保険株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長兼 CEO:友野紀夫、以下FWD富士生命)とがん患者に向けたITネットワーク連携による、がん領域(オンコロジー)の治験情報提供を日本で初めて11月より開始することをお知らせいたします。

詳細については、以下をご参照ください。
株式会社Buzzreachプレスリリース:Buzzreach、FWD富士生命とがん患者に向けた治験情報提供をITネットワーク連携で開始(2020年10月5日)

◆ 事業概要

『製薬企業と患者を繋ぐプラットフォームとPaaS』
患者中心医療が今後進んでいく環境で、患者(や家族)側へのリテラシーの向上と適切な情報提供が必要になってきます。
患者毎の病状にあった医療情報の提供を製薬企業から行える世の中を医療情報プラットフォームを用いて創造します。
製薬企業側にはPaaSを用いて、情報提供を可能にし、患者側には情報プラットーフォームメディアや患者特化SNSを用いて情報のマッチングを行います。今現在は治験情報の提供をメインに製薬企業向けのPaaS導入を進めています。

 

◆ 会社概要

会社名 株式会社Buzzreach
所在地 東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前
代表者名 代表取締役CEO 猪川 崇輝
設立 2017年6月23日
URL https://www.buzzreach.co.jp/

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社が連携機関として協力している2事業が、文部科学省による「保健医療分野におけるAI研究開発加速に向けた人材養成産学協働プロジェクト」に採択されました。

詳細は、以下をご参照ください。
サスメド株式会社ニュースリリース:弊社が連携機関として協力する2事業が、文部科学省のプロジェクトに採択されました(2020年10月2日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-8-5 日本橋本町三丁目ビル 5階
代表者名 代表取締役社長 上野 太郎
設立 2016年2月23日(2015年7月31日に合同会社として創業)
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2020」ファイナリストの株式会社iMed Technologiesは、SBIインベストメント株式会社が運営するファンド、グロービス経営大学院(G-GROWTHファンド)、三井住友海上キャピタル株式会社が運営するファンドを引受先とした第三者割当増資を実施しました。

詳細は、以下をご参照ください。
株式会社iMed Technologies ニュースリリース:iMed Technologies、第三者割当増資により1.7億円の資金調達を実施(2020年10月1日)

 

◆ 事業概要

脳血管内手術の手術支援AI開発

 

◆会社概要

会社名 株式会社iMed Technologies
所在地 東京都渋谷区渋谷三丁目6番2号 エクラート渋谷5階
代表者名 代表取締役CEO 医師 河野 健一
設立 2019年4月1日
URL https://imed-tech.co.jp/

 

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社は、2020年9月24日に沢井製薬株式会社(以下、「沢井製薬」といいます。)との間で、沢井製薬を割当先の1社とする第三者割当増資の実施を含む業務提携契約を締結いたしました。

詳細は、以下をご参照ください。
サスメド株式会社ニュースリリース:沢井製薬との資本業務提携に関するお知らせ(2020年9月24日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-8-5 日本橋本町三丁目ビル 5階
代表者名 代表取締役社長 上野 太郎
設立 2016年2月23日(2015年7月31日に合同会社として創業)
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカンは、イノベーションを生み出し社会変革を促すスタートアップの実証実験をサポートする、東京都主催の「スタートアップ実証実験促進事業 (PoC Ground Tokyo)」に採択されましたのでお知らせいたします。

詳細については、以下をご参照ください。
株式会社バカン ニュースリリース:空き情報配信の株式会社バカン、東京都主催の実証実験促進事業に採択(2020/9/11)

 

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

 

◆会社概要

会社名 株式会社バカン
所在地 〒100-0014東京都千代田区永田町2-17-3 住友不動産永田町ビル2F
代表者名 代表取締役 河野 剛進
設立 2016年6月8日
URL https://www.vacancorp.com

「未来2020」GAPグラント受賞の株式会社Magic Shieldsは、事業拡⼤を⽬的とし約4千万円の資⾦調達を実施致しました。引受先はIDATEN Ventures(代表パートナー足立健太氏)、守屋実氏、⼤冨智弘氏です。

詳細は、以下をご参照ください。
株式会社iMed Technologies プレスリリース:MagicShields社が約4千万円のシード資金を調達(2020年9月11日)

 

◆ 事業概要

~転んだときだけ柔らかくなる床『ころやわ』 転倒による骨折から高齢者とその家族を守る~
床・介護福祉用品・安全用品の製造、販売
デジタルコンテンツ及びアプリケーションソフトウェアの企画販売

 

◆会社概要

会社名 株式会社 Magic Shields(マジックシールズ)
所在地 静岡県浜松市東区有玉南町1867-1
代表者名 代表取締役 下村 明司
設立 2019年 11月
資本金 29,780,000円
URL https://www.magicshields.co.jp/

 

「未来2019」ファイナリストのBionicM株式会社が、事業拡大を目的に、資金調達および経営体制を強化したことをお知らせいたします。

詳細は、以下URLをご参照ください。
BionicM株式会社ニュースリリース:資金調達実施と新経営体制のお知らせ(2020年9月7日)

 

◆ 事業概要

「ロボティクスと身体を融合したモビリティディバイスの研究開発・事業化」
東京大学発ベンチャーとして、よりスマートに、快適に移動する技術とその関連ソリューションを提供するモビリティカンパニーを目指します。すべての人のモビリティを高める技術・製品を世界中に届けていきます。ロボティックスと人間の身体を融合する技術を活用し、すべての人々のモビリティにパワーをもたらし、従来の義足の問題を解決し、自然な動きを実現する小型かつ軽量な高機能義足を生み出します。

 

◆会社概要

会社名 BionicM株式会社(バイオニックエム)
所在地 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ203
代表者名 代表取締役 孫 小軍
設立 2018年12月21日
URL http://www.bionicm.com/

 

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社は、2020年8月24日に住友商事株式会社(以下、「住友商事」といいます。)との間で、住友商事を割当先の1社とする第三者割当増資の実施を含む業務提携契約を締結いたしました。

詳細は、以下をご参照ください。
サスメド株式会社ニュースリリース:住友商事との資本業務提携に関するお知らせ(2020年8月24日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-8-5 日本橋本町三丁目ビル 5階
代表者名 代表取締役社長 上野 太郎
設立 2016年2月23日(2015年7月31日に合同会社として創業)
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社は、2020年8月24日に日本ケミファ株式会社(以下、「日本ケミファ」といいます。)との間で、日本ケミファを割当先の1社とする第三者割当増資の実施を含む業務提携契約を締結いたしました。

詳細は、以下をご参照ください。
サスメド株式会社ニュースリリース:日本ケミファとの資本業務提携に関するお知らせ(2020年8月24日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-8-5 日本橋本町三丁目ビル 5階
代表者名 代表取締役社長 上野 太郎
設立 2016年2月23日(2015年7月31日に合同会社として創業)
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2018」ファイナリストの株式会社 適正地盤構造設計と大阪大学、(株)ウィズ建築設計が共同研究開発している、令和2年度住宅生産技術イノベーション促進事業(国土交通省住宅局)で「AI活用による木造構造計算と地盤改良の設計及び作図の自動化」が住宅建築分野の生産性向上に資する技術開発として採択されました。

詳細は、以下URLをご参照ください。
株式会社 適正地盤構造設計プレスリリース:国土交通省「令和2年度住宅生産技術イノベーション促進事業」に採択されました(2020年8月5日)

 

◆ 事業概要

データ改ざんは大きな社会問題となっています、建設業界でも2年前に横浜マンション杭データ改ざん事件がありましたが、未だに画期的な解決策はありません。この問題を解決すべく発注者(施主)・建築士・工事業者が工事情報をリアルタイムに共有する仕組みを開発し、顧客満足度の向上、建設業の信頼性向上の為、IoTを活用し独自の技術でデータ改ざんの出来ない工事管理システムを事業化します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社 適正地盤構造設計
所在地 〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目4番22号 梅田東ビル306号室
代表者名 代表取締役 大山 雅充
業務内容 構造設計・地盤設計及びセカンドオピニオン・建築設計監理
URL https://tekiseijiban.jp//

 

 

「未来2019」ファイナリストのiBody株式会社は、ニッセイ・キャピタル株式会社の運用ファンド、株式会社 OKB キャピタル、十六銀行グループの運用ファンドを引受先とする第三者割当増資により、総額1億5,000万円の資金調達を実施いたしました。
今回の資金調達により、当社技術を基盤とした新規抗体医薬品の研究開発を加速し、実用化を見据えた製薬企業等との事業提携の推進につなげて参ります。

詳細は以下をご参照ください。
iBody株式会社ニュースリリース: 資金調達実施のお知らせ(2020年8月3日付)

◆ 事業概要

医薬品向け自己抗体の迅速発掘
世界最速の低コスト抗体探索技術で、従来技術では見つけられなかった開発確度の高い医薬品向けヒト抗体を発掘します。これにより、様々な疾患治療に期待されている抗体医薬品の開発を加速し、人類の健康に貢献します。

◆ 会社概要

企業名 iBody株式会社
所在地 愛知県名古屋市千種区不老町1番
名古屋大学 インキュベーション施設102号
代表者名 代表取締役:天草 陽
設立年 2018年2月1日
URL https://www.ibody.co.jp/

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシングが、クラウドを介することなく導入機器単体がリアルタイムに自律学習・予測可能な当社独自のエッジAIアルゴリズム「ディープ・バイナリー・ツリー(以下、DBT)」において、高い精度を保ちながら、自動車や家電への搭載を可能にするアルゴリズムの超軽量化技術に関する特許を取得したことをお知らせします。
この技術により、少ない計算リソースの環境に高い精度のエッジAIを導入することが可能となります。

詳細については、以下をご参照ください。
株式会社エイシングニュースリリース: 独自開発のエッジAIアルゴリズム「DBT」において、自動車や家電への搭載を可能にする超軽量化技術の特許を取得いたしました(2020年7月28日付)

◆ 事業概要

「エッジデバイスに実装可能なエッジAIアルゴリズムの研究開発とライセンス提供」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題があります。
そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree:DBT)が持つパラメータ調整不要な特性(世界初)と、低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積した
ビッグデータおよび様々な機械制御において安価なデバイスでもスタンドアローンで学習を実現し、エッジデバイス自身がより賢くなることをサポートします。

◆会社概要

会社名 株式会社エイシング (英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45 赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立 2016年12月8日
資本金 899百万円(資本準備金含む)
URL https://aising.jp/

「未来2018」ファイナリストの株式会社 Alivasは MedVenture Partners株式会社、および DBJキャピタル株式会社がそれぞれ管理・運営するファンドを引受先とする第三者割当増資を行い、約1.9億円のシリーズA 追加資金調達を行いましたのでお知らせいたします。

詳細については、下記をご参照ください。
株式会社Alivasプレスリリース:シリーズ A 追加資金調達のお知らせ(2020年7月20日)

◆ 事業概要

『難治性便秘を治療する革新的医療機器』
国内で1000万人以上が便秘の症状に悩んでいます。難治性の便秘に対しては下剤内服治療は奏功せず、結腸全摘手術という外科治療も存在しますが、侵襲度が高いためほとんど実施されていません。このため、多くの患者さんは病状に苦しみながらの生活を強いられています。Alivasは1回の治療で半永久的な便秘改善効果をもたらす医療機器を開発し、下剤でも手術でもない低侵襲治療という世界初の選択肢を提供します。

 

◆ 会社概要

会社名 株式会社Alivas
所在地 〒113-8485 東京都文京区本郷7-3-1 東大南研究棟アントレプレナーラボ361号
代表者名 代表取締役 田島 知幸
設立年 2017年8月30日
URL https://www.alivas.co.jp/

「未来2019」ロボット・AI・IoT部門最優秀賞を受賞したEAGLYS株式会社は、株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長CEO:車谷暢昭)が新規事業の創出を目指して開催した「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020」で協業検討企業として選抜されました。
EAGLYSは、秘密計算技術で常時暗号化したデータ操作が可能なデータベース向けプロキシソフトウェア「DataArmor Gate DB」と、東芝のIoTやビッグデータに適した高い処理能力を誇るデータベース「GridDB」との製品連携の実証を重ね、ビッグデータのリアルタイム分析における高セキュリティ・秘密計算機能の実現と価値創出に向け協業検討を進めてまいります。

詳細については、下記URLをご参照ください。
EAGLYS株式会社ニュースリリース:Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020 選抜企業に決定!、東芝と協業検討開始。(2020年7月13日)

 

◆ 事業概要

「暗号化したままデータ分析・AI処理ができる秘密計算プラットフォーム『DataArmor™』」
詳細なデータ分析、高精度なAIモデル構築を行うためには、秘匿処理をされていない純度の高いデータ、複数のデータベースをまたいだビッグデータの利活用が必要です。企業がより簡単に安心・安全にデータを扱えるように、EAGLYSは量子耐性の暗号技術を用いて、データをセキュアに集積・統合し、それらを暗号化したまま分析・AIを行う秘密計算プラットフォームを開発しています。

◆ 会社概要

会社名 EAGLYS株式会社
所在地 東京都渋谷区代々木1-55-14 内海ビル301
代表者名 代表取締役社長 今林 広樹
設立 2016年12月28日
資本金 1億円
従業員数 21名(役員・アルバイト等含む、2019年4月末現在)
URL https://eaglys.co.jp//

 

「未来2018」ファイナリストのストックマーク株式会社、当社のプロダクト「Asales」に取り入れている「マルチモーダルAI」について、日本経済新聞にチーフエンジニア岩谷氏のコメントが掲載されました。

*7月12日(日)の朝刊紙面にも掲載されています。

詳細は以下をご覧ください。
ストックマーク株式会社ニュースリリース【メディア】日本経済新聞:新世代AI、五感で大進化 「察する力」に人間らしさ(2020年7月12日)

◆ 事業概要

Anews/AIがチームに最適なWEBニュースを毎日配信
最先端の自然言語処理の研究をベースに、組織の情報共有・ナレッジシェアを効率化するWebニュースプラットフォーム「Anews」、大量のテキストデータから経営の戦略的意思決定を強力にサポートする「Astrategy」、営業戦略支援サービス「Asales」を提供しています。

◆ 会社概要

企業名 ストックマーク株式会社
所在地 東京都港区南青山一丁目12番3号
代表者名 代表取締役CEO 林 達
設立 2016年11月15日
URL https://stockmark.ai/

「未来2016」ファイナリストの AMATELUS 株式会社が、長友佑都氏、ちばぎんキャピタル株式会社、山口キャピタル株式会社、その他個人投資家複数名から、資金調達を実施しました。

詳細は以下をご覧ください。
AMATELUS 株式会社ニュースリリース【長友佑都氏、ちばぎんキャピタル、山口キャピタルらから資金調達を実施した事を公開致します(2020年7月7日)

◆ 事業概要

1.SwipeVideoの開発,制作,販売
2.自由視点映像の配信及び,編集ソフト,アプリケーションの開発,撮影
3.自由視点映像の専用撮影機材及びソフトウェアの販売
4.VR,MR関連システムの開発
5.WebVR/3Dライブラリの開発
6.各種映像・画像撮影と配信システムの開発
7.アプリケーション開発/ハードウェア設計/サーバーの構築、運用、管理

◆ 会社概要

企業名 AMATELUS 株式会社
所在地 東京都渋谷区渋谷1-2-11 MC青山ビル2F
代表者名 代表取締役CEO 下城 伸也
設立 2017年1月27日
URL http://amatelus.co.jp/

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシングが多くの研究者や技術者、メーカーにおいて利用されているアルゴリズム「ランダムフォレスト」において、環境の変化に応じて学習データを自ら更新する「自動追加学習(オンライン学習)」を実現した新しいアルゴリズム「SARF(Self Adaptive Random Forest)」を開発いたしましたことをお知らせします。

詳細については、以下をご参照ください。
株式会社エイシングニュースリリース: エイシング、ランダムフォレストの自動追加学習を実現したエッジAIアルゴリズム「SARF(サーフ)」を開発(2020年7月7日付)

◆ 事業概要

「エッジデバイスに実装可能なエッジAIアルゴリズムの研究開発とライセンス提供」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題があります。
そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree:DBT)が持つパラメータ調整不要な特性(世界初)と、低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積した
ビッグデータおよび様々な機械制御において安価なデバイスでもスタンドアローンで学習を実現し、エッジデバイス自身がより賢くなることをサポートします

◆会社概要

会社名 株式会社エイシング (英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45 赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立 2016年12月8日
資本金 899百万円(資本準備金含む)
URL https://aising.jp/

「未来2017」ファイナリストで、ゲノム編集受託サービスを提供する株式会社セツロテックは、新たにフューチャーベンチャーキャピタル株式会社とひめぎんリース株式会社の共同ファンド「えひめ地域活性化投資事業有限責任組合 無限責任組合員ひめぎんリース株式会社/フューチャーベンチャーキャピタル株式会社」と、徳島大学発ベンチャー企業を支援する、国立大学法人徳島大学、株式会社阿波銀行、株式会社地域経済活性化支援機構(REVIC)及び一般社団法人大学支援機構の協力により設立された「産学連携1号投資事業有限責任組合 無限責任組合員 株式会社産学連携キャピタル」を引受先とする63百万円の第三者割当増資による資金調達を実施しました。

詳細については、以下をご参照ください。
株式会社セツロテックニュースリリース「セツロテックが5.29億の資金調達を完了し、海外展開加速へ」(2020年7月1日)

 

◆ 事業概要

高効率ゲノム編集技術を基盤としたゲノム編集産業の創出
株式会社セツロテックは、ゲノム編集のエレクトロボレーションによる高効率・高生存率ゲノム編集胚の作成に成功し、本技術の特許を申請。
本技術を活用し、医学・畜産分野での応用が期待されるブタのゲノム編集受託サービスや、創薬を目指したヒト培養細胞での遺伝子各辺細胞の高効率化サービスなどに取り組みます。
これら受託サービスで収益を上げつつ技術力を高め、ゲノム編集技術による産業応用を促進いたします。

◆ 会社概要

会社名 株式会社セツロテック
所在地 徳島市蔵本町三丁目18番地の15 徳島大学藤井節郎記念医科学センター
代表者名 代表取締役会長 竹本 龍也 / 代表取締役社長 竹澤 慎一郎
設立 2017年2月22日
URL http://www.setsurotech.com/

「未来2017」ファイナリストの株式会社ココペリは、中小企業向け経営支援プラットフォームBig Advance内で、AIを活用したビジネスマッチングレコメンド機能の提供を開始します。
本機能を実装することで、約7,000件のマッチングニーズの中から中小企業のニーズに適したレコメンドが表示されます。幅広いマッチングニーズを表示することで、新たなビジネス機会創出が可能となります。

詳細は以下をご覧ください。
株式会社ココペリニュースリリース:中小企業の最適な取引先を自動抽出 AIを活用したビジネスマッチングレコメンド機能をリリース(2020年6月30日)

◆ 事業概要

「企業価値の中に、未来を見つける。」
Fintech領域の法人レンディング分野にて展開する、AI融資モデル『FAI(ファイ)』、AIを活用したWEBプラットフォーム、中小企業向けの経営支援プラットフォーム『SHARES』等を展開。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ココペリ
所在地 東京都千代田区二番町8-3 二番町大沼ビル4階
代表者名 代表取締役CEO 近藤 繁
設立 2007年6月11日
URL https://www.kokopelli-inc.com/

「未来2017」ファイナリストの株式会社ココペリは、Merry Gateホールディングス株式会社(東京都中央区、代表取締役 加藤裕史、以下MGHD)と業務提携いたしました。
今後ココペリは、MGHDと100%子会社であるMG保証株式会社とともに、地域金融機関及び中小企業への新たな金融サービスの提供を目指し協業を進めてまいります。

詳細は以下をご覧ください。
株式会社ココペリニュースリリース:Merry Gateホールディングス株式会社との業務提携開始(2020年6月23日)

◆ 事業概要

「企業価値の中に、未来を見つける。」
Fintech領域の法人レンディング分野にて展開する、AI融資モデル『FAI(ファイ)』、AIを活用したWEBプラットフォーム、中小企業向けの経営支援プラットフォーム『SHARES』等を展開。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ココペリ
所在地 東京都千代田区二番町8-3 二番町大沼ビル4階
代表者名 代表取締役CEO 近藤 繁
設立 2007年6月11日
URL https://www.kokopelli-inc.com/

「未来2017」ファイナリストのアースアイズ株式会社は、2020年5月11日に発表した新型コロナウイルス対策としてAIを使ったソーシャルディスタンスカメラ™の、第一号として6月23日より日本郵政株式会社が運営するかんぽの宿において運用が開始されました。ホテル業界としてはAI搭載の3密対策として初の試みとなります。

詳細については、以下をご参照ください。
アースアイズ株式会社プレスリリース:【プレスリリース】防犯カメラのアースアイズから新型コロナウィルス対策 3密を防ぐAI搭載「ソーシャルディスタンスカメラ™」 「かんぽの宿」にて初めて導入!(2020年6月23日)

 

◆ 事業概要

アースアイズプロジェクト
AI五感カメラで事件事故を未然に防ぎ、世界を安全で安心な方向に進めるビジネスモデル

 

◆会社概要

会社名 アースアイズ株式会社
所在地 東京都港区浜松町1-2-1 No.R浜松町ビル五階
代表者名 代表取締役 山内 三郎
設立 2015年9月16日
URL https://earth-eyes.co.jp/

 

「未来2016」ロボット・AI部門 優秀賞を獲得したコグニティ株式会社は、プレゼンテーションや営業トークなど、ビジネスコミュニケーションのAI解析技術を活用し、テレワーク拡大に伴いオンライン商談が急増していることから、オンライン商談時の営業トークをAIがチェックし、成約につながる営業トークかを検定する新サービス「テレ検(テレケン)」の提供を開始します。本サービスの利用者は、従来実施してきた商談トークがテレワーク上でも通用するかを検定することで、新たな営業手法となるオンライン商談トークのスキル向上が期待できます。
詳細は以下をご覧ください。
コグニティ株式会社プレスリリース:アフターコロナ下で急増するオンライン商談をAIが支援/成約するオンライン商談をチェックできる新サービスの提供開始(2020年6月17日)

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除く」ためのソフトウェアを開発。文脈解析を強みとするトーク評価サービス「UpSighter」を展開。

◆ 会社概要

企業名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32 富田ビル802号室
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 530,277,000円(資本準備金含む)
従業員数 190名(国内外在住の解析リモートワーカー150名含む)
URL http://cognitee.com/

BionicM株式会社は、株式会社 Final Aim(本社:東京都文京区、代表取締役社長:朝倉雅文、取締役:横井康秀)との業務提携を実施したことを発表致します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
BionicM株式会社ニュースリリースBionicM株式会社、株式会社 Final Aimとの業務提携を実施(2020年6月16日)

 

◆ 事業概要

「ロボティクスと身体を融合したモビリティディバイスの研究開発・事業化」
東京大学発ベンチャーとして、よりスマートに、快適に移動する技術とその関連ソリューションを提供するモビリティカンパニーを目指します。すべての人のモビリティを高める技術・製品を世界中に届けていきます。ロボティックスと人間の身体を融合する技術を活用し、すべての人々のモビリティにパワーをもたらし、従来の義足の問題を解決し、自然な動きを実現する小型かつ軽量な高機能義足を生み出します。

 

◆会社概要

会社名 BionicM株式会社(バイオニックエム)
所在地 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟207室(アントレプレナーラボ)
代表者名 孫 小軍
設立 2018年12月21日
URL http://www.bionicm.com/

 

「未来2017」ファイナリストのTakeMe株式会社が、デリバリー やテイクアウトに挑戦している飲食店をサポートする、「TakeMe Order」を正式ローンチ致しました。

詳細は以下をご覧ください。
TakeMe株式会社ニュースリリース:TakeMe Orderがサービス開始(2020年6月8日)

◆ 事業概要

世界中の旅行者とお店を笑顔にする。世界中の人々に、最高の旅行体験を提供する。
マルチスマホ決済ゲートウェイ「TakeMe Pay」、インバウンド集客サービス等の提供

◆ 会社概要

企業名 TakeMe株式会社  TakeMe Co.,Ltd.
所在地 東京都港区西新橋1-18-6 クロスオフィス内幸町605号室
代表者名 代表取締役社長 董 路
資本金 180,000,000円
設立 2015年12月1日
社員数 28名 (2019年10月25日現在)
URL https://corp.takeme.com/

「未来2017」ファイナリストの株式会社キャスターは、株式会社あおぞら銀行(本店:東京都千代田区、代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO):馬場 信輔)が100%出資するファンド運営会社 あおぞら企業投資株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保 彰史)の運営するベンチャー企業向けデットファンド「あおぞらHYBRID1号投資事業有限責任組合」より資金調達を実施しました。

詳細は、以下をご参照ください。
株式会社キャスタープレスリリース:キャスター、あおぞら企業投資から資金調達を実施(2020年6月3日)

 

◆ 事業概要

弊社が提供するCASTER BIZ(以下キャスタービズ)は、オンラインアシスタントサービスです。メッセージひとつで、いつでもどこでもお客様のご依頼に対応いたします。キャスタービズのアシスタントは、人事、経理、総務といった主なバックオフィス全般をはじめ、マーケティング、デザイン、翻訳といった、さまざまな業務を代行します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社キャスター
所在地 宮崎県西都市鹿野田11365-1
代表者名 代表取締役 中川 祥太
設立 2014年9月
URL https://caster.co.jp/

「未来2017」ファイナリストで、ゲノム編集受託サービスを提供する株式会社セツロテックは、新たに阿波銀行、阿波銀コンサルティング株式会社および株式会社農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)の「あわぎん6次産業化投資事業有限責任組合」、徳島大正銀行並びに香川銀行とフューチャーベンチャーキャピタル株式会社の「地域とトモニ1号投資事業有限責任組合」、「NBCエンジェルファンド2号投資事業有限責任組合」並びに中山商事株式会社、株式会社ときわなどと、既存株主であるSBIインベストメント株式会社、合同会社テックアクセルベンチャーズが運用するファンドを引受先とする466百万円の第三者割当増資による資金調達を実施しました。

詳細については、以下をご参照ください。
株式会社セツロテックニュースリリース「セツロテックがシリーズAの資金調達を完了」(2020年6月2日)

 

◆ 事業概要

高効率ゲノム編集技術を基盤としたゲノム編集産業の創出
株式会社セツロテックは、ゲノム編集のエレクトロボレーションによる高効率・高生存率ゲノム編集胚の作成に成功し、本技術の特許を申請。
本技術を活用し、医学・畜産分野での応用が期待されるブタのゲノム編集受託サービスや、創薬を目指したヒト培養細胞での遺伝子各辺細胞の高効率化サービスなどに取り組みます。
これら受託サービスで収益を上げつつ技術力を高め、ゲノム編集技術による産業応用を促進いたします。

◆ 会社概要

会社名 株式会社セツロテック
所在地 徳島市蔵本町三丁目18番地の15 徳島大学藤井節郎記念医科学センター
代表者名 代表取締役会長 竹本 龍也 / 代表取締役社長 竹澤 慎一郎
設立 2017年2月22日
URL http://www.setsurotech.com/

「未来2018」ファイナリストのエレファンテック株式会社が、三井化学株式会社から出向者として1名を受け入れ、アディティブマニュファクチャリングを推進する活動に参画することをお知らせします。

詳細は以下をご覧ください。
エレファンテック株式会社プレスリリース : 【プレスリリース配信】三井化学からアディティブマニュファクチャリングセンター長着任のお知らせ(2020年6月1日)

◆ 事業概要

プリンテッド・エレクトロニクス製造技術の開発、サービス提供
電子回路は、「銅箔の不要な部分を溶かして残った部分が配線になる」エッチング法でつくられてきましたが、「必要なところだけ金属を印刷する」技術をエレファンテックが世界で初めて実現しました。試作コストは1/10に、量産にも対応でき、何より製造につきものの「ロット」「初期費用」という概念からメーカーを解放しました。産業機械メーカーでの量産採用もあり、自社工場も拡張し、拡大フェーズに突入しています。

◆ 会社概要

企業名 エレファンテック株式会社
所在地 東京都中央区八丁堀四丁目3番8号
代表者名 代表取締役 清水 信哉
設立 2014年 1月(2017 年 9 月 4 日にAgIC株式会社からエレファンテック株式会社に商号変更)
資本金 310百万円
社員数 40名(非正規雇用を除く)
URL https://www.elephantech.co.jp

「未来2019」ロボット・AI・IoT部門最優秀賞を受賞したEAGLYS株式会社は、Plug and Play Japan、アクセラレーションプログラム Summer/Fall 2020 Batchに採択されました。
EAGLYS株式会社は、Fintech Batch での採択となります。今後、3ヶ月にわたり開催されるこのプラグラムで、EAGLYSは、国内外の様々な企業との可能性を探ってまいります。

詳細については、下記URLをご参照ください。
EAGLYS株式会社ニュースリリース<採択>Plug and Play Japan アクセラレーションプログラムSummer/Fall 2020 Batch(2020年6月1日)

 

◆ 事業概要

「暗号化したままデータ分析・AI処理ができる秘密計算プラットフォーム『DataArmor™』」
詳細なデータ分析、高精度なAIモデル構築を行うためには、秘匿処理をされていない純度の高いデータ、複数のデータベースをまたいだビッグデータの利活用が必要です。企業がより簡単に安心・安全にデータを扱えるように、EAGLYSは量子耐性の暗号技術を用いて、データをセキュアに集積・統合し、それらを暗号化したまま分析・AIを行う秘密計算プラットフォームを開発しています。

◆ 会社概要

会社名 EAGLYS株式会社
所在地 東京都渋谷区代々木1-55-14 内海ビル301
代表者名 代表取締役社長 今林 広樹
設立 2016年12月28日
資本金 1億円
従業員数 21名(役員・アルバイト等含む、2019年4月末現在)
URL https://eaglys.co.jp//

 

「未来2019」IT融合部門最優秀賞のアンター株式会社が、XTech Ventures、ニッセイ・キャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、三井住友海上キャピタル及び個人投資家を引受先として約2.3億円の第三者割当増資を行いました。これにより累計調達額3億円に到達したことをお知らせ致します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
アンター株式会社ニュースリリース:資金調達のお知らせ(2020/5/11)

 

◆ 事業概要

医師同士のオンライン相談
医師1人の能力には限界があります。しかし、時間帯や地域によっては医師が1人で診療しないといけないシーンは存在します。
医師同士のオンライン医療相談で、医師と医師をつなぐことで、現場の命を救います。医師不足、高齢化に伴う患者増加など、現在医師の過重労働によって日本の医療は支えられています。医師と医師をつなぐことで、医師の働き方を改善し、医療の質を保ちながらより良い医療を目指します。

 

◆会社概要

会社名 アンター株式会社
所在地 東京都中央区日本橋室町1-5-2 東洋ビル10階
代表者名 代表取締役 中山 俊
設立年月日 2016年6月14日
URL https://antaa.jp/

 

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社は、2020年5月11日に株式会社スズケンとの間で、スズケンを割当先とする第三者割当増資の実施を含む業務提携契約を締結いたしました。

詳細については、以下をご参照ください。
サスメド株式会社ニュースリリース:スズケンとの資本業務提携に関するお知らせ(2020年5月11日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-8-5 日本橋本町三丁目ビル 5階
代表者名 代表取締役社長 上野 太郎
設立 2016年2月23日(2015年7月31日に合同会社として創業)
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2019」ファイナリストの株式会社POPER、東洋経済オンラインにComiru、ComiruAirについて掲載されました。

詳細は以下をご覧ください。
株式会社POPERニュースリリース:東洋経済オンラインに掲載されました(2020年5月7日)

◆ 事業概要

教育業界特化型SaaSで新しい教育の実現を
「教えるをなめらかに」をミッションに、先生と保護者のコミュニケーション支援や教育現場のアナログな業務管理を効率化する「Comiru」等を提供。

◆ 会社概要

企業名 株式会社POPER
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1-13-21 日本橋茅場町阪神ビル4F
代表者名 代表取締役CEO 栗原 慎吾
設立 2015年1月
URL https://poper.co/index.html

「未来2019」ファイナリストのネクストイノベーション株式会社は、宮崎県延岡市と「延岡市独自の第2次緊急対策・感染防止対策」のひとつである「妊婦及び思春期の女性向け無料リモート相談試行事業に関する連携協定」を締結いたしました。
新型コロナウイルスの感染拡大による産婦人科の医療崩壊を防止するため、妊婦の方々のコロナウイルスに関する相談や、思春期の女性を対象にした避妊や生理など性に関する相談を「スマルナ」の連携助産師・薬剤師などがチャット形式で対応(既にかかりつけ医のいる妊婦の方々については対象外)。病院に行く前にリモートで相談する窓口を設けることで産婦人科の医療崩壊を防ぎ、女性の心身のケアに努めて参ります。

詳細は以下をご覧ください。
ネクストイノベーション株式会社プレスリリース【宮崎県延岡市と連携】新型コロナウイルスの感染拡大による産婦人科の医療崩壊を防止するため妊婦の方々や思春期の女性へ向けた無料リモート相談をスタート(2020年5月1日)

◆ 事業概要

アプリで診察、ピルが届く。
オンライン診察サービス「スマルナ」の提供等、人々と医療の間にICTのチカラで橋をかけます。

◆ 会社概要

企業名 ネクストイノベーション株式会社
所在地 大阪市北区天神橋3-6-5 ベルニーニ南森町1005
業務内容 ◦インターネットを用いた遠隔医療サービスの企画及び運営
◦システム開発及び運営
◦医療機関、介護施設等へのコンサルティング事業
◦前各号に附帯関連する一切の業務
代表者名 代表取締役 石井 健一
設立 2016年6月3日
資本金 61,408万円(資本準備金含む)
URL https://nextinnovation-inc.co.jp/

「未来2018」ファイナリストの株式会社バックテックとオムロン ヘルスケア株式会社(本社:京都府向日市、代表取締役社長:荻野勲)は、バックテックの肩こり・腰痛対策サービス”ポケットセラピスト”とオムロン ヘルスケアの低周波治療器とを使用したテレワーク実施者向けの腰痛対策支援サービスの実証実験協力企業を抽選5社限定で募集いたします(完全無料)。

詳細はこちらをご覧ください。
株式会社バックテック プレスリリース:COVID-19による急増中のテレワーク実施者の腰痛対策にバックテックとオムロン ヘルスケアが連携!(2020年4月30日)

◆ 事業概要

社員の生産性向上を目的とした腰痛対策アプリ“ポケットセラピスト”
健康経営の取り組みが盛り上がる中で、企業の生産性低下の原因の第1位は腰痛ということが医学研究により明らかになっています。ポケットセラピストは、この腰痛という課題に対してアプリを通してアプローチすることで、いつでもどこでも腰痛に関わる課題の解決が可能になる健康経営支援サービスです。
さらに、京都大学大学院医学研究科での研究実績をもとに、企業の生産性低下やコスト損失額の可視化も同時にサポートしています。

◆ 会社概要

企業名 株式会社バックテック
所在地 <京都本社>京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町680-1
<東京サテライト>東京都渋谷区代々木2-26-2 第二桑野ビル2-D
代表者名 代表取締役社長 福谷 直人
創業 2016年4月
URL https://www.backtech.co.jp/

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカンは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大防止の特別支援として、スーパーやドラッグストアなどの混雑をリアルタイムに配信できるサービス「VACAN(バカン)」を2020年5月1日〜同7月31日の期間、小売業の企業様に無償にてご提供することを決定しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社バカン ニュースリリース:新型コロナウィルス対策支援として「VACAN」 の無償提供を決定(2020/4/30)

 

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

 

◆会社概要

会社名 株式会社バカン
所在地 〒100-0014東京都千代田区永田町2-17-3 住友不動産永田町ビル2F
代表者名 代表取締役 河野 剛進
設立 2016年6月8日
URL https://www.vacancorp.com

「未来2017」ファイナリストの株式会社ココペリが、日本ユニシス・SV-FINTECH Fund・地域金融機関等を引受先とする第三者割当増資により総額約4億円の資金調達を実施しました。

詳細は以下をご覧ください。
株式会社ココペリニュースリリース:日本ユニシス・SV-FINTECH Fund・地域金融機関等から総額4億円の資金調達を実施(2020年4月30日)

◆ 事業概要

「企業価値の中に、未来を見つける。」
Fintech領域の法人レンディング分野にて展開する、AI融資モデル『FAI(ファイ)』、AIを活用したWEBプラットフォーム、中小企業向けの経営支援プラットフォーム『SHARES』等を展開。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ココペリ
所在地 東京都千代田区二番町8-3 二番町大沼ビル4階
代表者名 代表取締役CEO 近藤 繁
設立 2007年6月11日
URL https://www.kokopelli-inc.com/

「未来2018」のファイナリストのプランティオ株式会社は、2020年3月末に既存株主である株式会社ジェネシア・ベンチャーズ、及びキャナルベンチャーズ株式会社らに加え融資調達を合わせ、追加で2.3億円の資金調達を実施いたしました。

詳細については以下をご覧ください。
プランティオ株式会社プレスリリース【プレスリリース】2.3億円の資金調達を実施いたしました(2020年4月24日)

◆ 事業概要

「ひとりひとりがPersonal Farmerとなり、”食と農”をライフスタイルの中心にするエンターテインメント&コミュニティ栽培サービスの提供」
ひとりひとりがPersonalFamerとなり、みんなでたのしく野菜栽培をするCrowd Farmingサービス。既存の農業のみに頼るのではなく、IoTによる集合知(AI)やコミュニティのサポートで誰もが安心安全の野菜を自身でも育てることができる”Social Grow our own”の世界を提案します。

◆ 会社概要

企業名 プランティオ株式会社
所在地 東京都渋谷区松濤2-10-12
代表者名 CEO 芹澤 孝悦
URL https://www.plantio.co.jp//

 

「未来2019」で日本総研賞を受賞した株式会社Weldrow(現:株式会社WiseVine)が、株式会社オプトベンチャーズをリードインベスターとして、同社が無限責任組合員を務めるオプトベンチャーズ2号ファンド、グローブアドバイザーズ株式会社、株式会社morich他を引受先とする第三者割当増資を実施し、総額約3億円の追加資金調達を完了しました。
詳細については、下記URLをご参照ください。
ニュースリリース: 官民連携プラットフォーム「WiseVine」 オプトベンチャーズらを引受先とした約3億円の第三者割当増資を実施 (2020年4月14日付)

◆ 事業概要

地方公共団体の施策情報とヒトモノカネをマッチングさせるプラットフォームを展開。官民連携を新たな次元に引き上げる。
「世界の行政プロセスを効率化し、持続的な人類の成長を支える新たな公共サービスの形を創る」をミッションに、官民連携プラットフォーム「WiseVine」では、自治体向けにデータベースサービス「WiseVine LG」、民間企業向けにデータベースサービス「WiseVine Signal」を提供するほか、自治体の事業立案時に民間知見を収集支援する形で、官民連携のマッチングサービスを提供しています。

◆会社概要

会社名 株式会社WiseVine(ワイズバイン)(旧:株式会社Weldrow)
所在地 〒155-0031東京都世田谷区北沢4-4-23 split 202
代表者名 代表取締役社長 吉本 翔生
設立年 2018年3月
URL https://corp.wise-vine.com/

エレファンテックは、株式会社商工組合中央金庫(以下「商工中金」)上野支店と総額8億円のコミットメント型タームローン契約を締結しました。

詳細は以下をご覧ください。
エレファンテック株式会社プレスリリース : 【プレスリリース配信】商工中金と8億円の融資契約を締結しました(2020年4月23日)

◆ 事業概要

プリンテッド・エレクトロニクス製造技術の開発、サービス提供
電子回路は、「銅箔の不要な部分を溶かして残った部分が配線になる」エッチング法でつくられてきましたが、「必要なところだけ金属を印刷する」技術をエレファンテックが世界で初めて実現しました。試作コストは1/10に、量産にも対応でき、何より製造につきものの「ロット」「初期費用」という概念からメーカーを解放しました。産業機械メーカーでの量産採用もあり、自社工場も拡張し、拡大フェーズに突入しています。

◆ 会社概要

企業名 エレファンテック株式会社
所在地 東京都中央区八丁堀四丁目3番8号
代表者名 代表取締役 清水 信哉
設立 2014年 1月(2017 年 9 月 4 日にAgIC株式会社からエレファンテック株式会社に商号変更)
資本金 310百万円
社員数 40名(非正規雇用を除く)
URL https://www.elephantech.co.jp

「未来2017」ファイナリストの株式会社キャスターは、2014年に「CASTER BIZ(キャスタービズ)」の提供を開始し、秘書・人事・経理・翻訳・WEBサイト運用など、これまでのキャリアを活かして、誰もがリモートワークでも就業できるよう「オンラインアシスタント」という市場を日本で形成してまいりました。
今回、STRIVE、山口キャピタル株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。

詳細は、下記URLをご参照ください。
株式会社キャスタープレスリリース:キャスターが総額6億円の資金調達を実施し、リモートワークの普及を加速(2020年4月9日)

 

◆ 事業概要

弊社が提供するCASTER BIZ(以下キャスタービズ)は、オンラインアシスタントサービスです。メッセージひとつで、いつでもどこでもお客様のご依頼に対応いたします。キャスタービズのアシスタントは、人事、経理、総務といった主なバックオフィス全般をはじめ、マーケティング、デザイン、翻訳といった、さまざまな業務を代行します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社キャスター
所在地 宮崎県西都市鹿野田11365-1
代表者名 代表取締役 中川祥太
設立年月日 2014年9月
URL https://caster.co.jp/

「未来2016」ロボット・AI部門 優秀賞を獲得したコグニティ株式会社は、プレゼンテーションや営業トークなど、ビジネスコミュニケーションのAI解析技術を活用し、新型コロナウイルス感染拡大防止で中止が予想される新入社員集合研修の代替策として活用できるサービス「リモトレAI(リモトレ・エーアイ)」を、テレワーク中の当社新入社員(7名)を対象に、リモート営業研修ツール(リモトレAI)として活用した実証実験を行いました。その結果、Web商談スキルの改善が確認されましたので、その経過について発表いたします。

詳細は以下をご覧ください。
コグニティ株式会社プレスリリース:【実証実験結果発表】テレワーク中の営業スタッフのWeb商談スキル改善(2020年4月21日)

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除く」ためのソフトウェアを開発。文脈解析を強みとするトーク評価サービス「UpSighter」を展開。

◆ 会社概要

企業名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32 富田ビル802号室
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 530,277,000円(資本準備金含む)
従業員数 190名(国内外在住の解析リモートワーカー150名含む)
URL http://cognitee.com/

「未来2019」ファイナリストのPIAZZA株式会社が開発・運営する地域SNSアプリ「ピアッザ」内に、新型コロナウィルスに関する情報配信機能と地域の助け合い支援機能をリリースしました。

詳細は下記URLをご参照ください。
プレスリリース:信頼・活発No1地域SNSの「ピアッザ」、新型コロナウイルスに関する情報の錯綜防止と、地域内での助け合い支援機能をリリース(2020年4月3日)

◆ 事業概要

「地域SNS「PIAZZA」」
街の人・モノ・情報が流通するデジタルプラットフォームの開発運営。地域コミュニティを創ることで、街のリソースを可視化・マッチングすることを実現。

◆ 企業概要

企業名 PIAZZA株式会社
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1丁目10−8グリンヒルビル5階
代表者名 代表取締役 矢野 晃平
設立年 2015年5月
URL https://www.lp.piazza-life.com/

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカンは、スマホやPCから注文・事前決済し、ランチのお弁当やテイクアウトメニューを取り置きできるQUIPPA(クイッパ)を運営。
新型コロナウィルス感染拡大により集客など困難に直面している飲食店のテイクアウトを応援するため「#QUIPPAエール飯」Twitter投稿を2020年4月24日まで実施します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
プレスリリース:コロナに負けるな!「#QUIPPAエール飯」でテイクアウト店を応援ーテイクアウトできる飲食店をITサービス&SNSで広く伝える(2020/4/6)

 

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

 

◆会社概要

会社名 株式会社バカン
所在地 〒100-0014東京都千代田区永田町2-17-3 住友不動産永田町ビル2F
代表者名 代表取締役 河野 剛進
設立年月日 2016年6月8日
URL https://www.vacancorp.com

「未来2018」ファイナリストの株式会社ZAICO、リカケンホールディングス株式会社(代表取締役社長:森川 徹)、日立キャピタル株式会社(執行役社長兼CEO:川部 誠治)のグループ会社である日立キャピタルサービス株式会社(取締役社長:堀口 英一郎)の3社が連携して提供するサービス「国内研究者向け複合支援サービス」が、このたび、文部科学省が本年度に創設した「研究支援サービス・パートナーシップ」に認定されました。

詳細はこちら
株式会社ZAICOプレスリリース:(プレスリリース)文部科学省の認定を取得(2020年4月1日)

◆ 事業概要

在庫管理から始まるB2B取引革命
在庫最適化は企業の業績に直結する重要な問題です。この在庫最適化には「在庫の効率的かつ正確な把握」「広域的な在庫情報の共有」「企業間取引のスムーズ化」の3つが必要だと考えています。私たちはクラウド在庫管理サービスZAICOを開発し、既に5万人のユーザーが利用しています。これを進化させ、企業間で在庫情報を共有して取引までできるB2Bネットワークを構築し、在庫管理とB2Bに革命を起こします。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ZAICO
所在地 山形県米沢市大字花沢331番地
代表者名 代表取締役 田村 壽英
設立年 2016年10月18日
資本金 30百万円
URL https://www.zaico.co.jp/

「未来2016」ファイナリストで、肌の上に機器を装着するだけで、血中の脂質の検査が可能になる脂質計測器を開発するメディカルフォトニクス株式会社が、北海道銀行・北海道ベンチャーキャピタル(株)より出資をいただきました。

詳細については、以下をご参照ください。
メディカルフォトニクス株式会社ニュースリリース:「北海道銀行・北海道ベンチャーキャピタル(株)より出資をいただきました。(2020年4月1日)

 

◆ 事業概要

1、医療機器および健康管理機器の研究、開発、製造、販売、賃貸およびリース
2、研究用機器の開発、製造、販売、賃貸およびリース
3、生物学、医学、薬学等生命科学の基礎及び応用技術に関する研究、開発、調査
4、健康管理に関するコンサルティング及び情報サービス
5、健診、検診、検査等のあっ旋に関する事業
6、前各号に付帯又は関連する一切の業務

 

◆ 会社概要

会社名 メディカルフォトニクス株式会社
所在地 北海道札幌市北区北21条西12丁目 コラボ北海道 Dルーム
代表者名 代表取締役 飯永 一也
設立 2015年2月
URL https://med-photo.co.jp/

「未来2019」ロボット・AI・IoT部門最優秀賞を受賞したEAGLYS株式会社 代表取締役社長 今林氏が、日本経済新聞に掲載された受賞者報告記事にて、「Japan Venture Award 2020」で中小企業庁長官賞を受賞したと掲載されました。この記事は、独立行政法人中小企業基盤整備機構により提供された中一面の記事となります。

詳細については、下記URLをご参照ください。
EAGLYS株式会社ニュースリリース<掲載>日本経済新聞「Japan Venture Award 2020」受賞報告(中小機構提供)(2020年3月26日)

 

◆ 事業概要

「暗号化したままデータ分析・AI処理ができる秘密計算プラットフォーム『DataArmor™』」
詳細なデータ分析、高精度なAIモデル構築を行うためには、秘匿処理をされていない純度の高いデータ、複数のデータベースをまたいだビッグデータの利活用が必要です。企業がより簡単に安心・安全にデータを扱えるように、EAGLYSは量子耐性の暗号技術を用いて、データをセキュアに集積・統合し、それらを暗号化したまま分析・AIを行う秘密計算プラットフォームを開発しています。

◆ 会社概要

会社名 EAGLYS株式会社
所在地 東京都渋谷区代々木1-55-14 内海ビル301
代表者名 代表取締役社長 今林 広樹
設立 2016年12月28日
資本金 1億円
従業員数 21名(役員・アルバイト等含む、2019年4月末現在)
URL https://eaglys.co.jp//

 

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)が、「第一生命保険株式会社」およびスパークス・グループ株式会社を運営者とする「未来創生2号ファンド」の2社を引受先とする第三者割当増資により、三井住友海上キャピタル株式会社を運営者とする「MSIVC2018V投資事業有限責任組合」を引受先とした2019年11月の調達と合わせて、シリーズB投資ラウンドにおいて計7億円の資金調達を実施しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社エイシングニュースリリース: エッジAIのエイシング、シリーズB投資ラウンドにおいて総額7億円の資金調達を実施(2020年3月23日付)

◆ 事業概要

「エッジデバイスに実装可能なエッジAIアルゴリズムの研究開発とライセンス提供」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題があります。
そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree:DBT)が持つパラメータ調整不要な特性(世界初)と、低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積した
ビッグデータおよび様々な機械制御において安価なデバイスでもスタンドアローンで学習を実現し、エッジデバイス自身がより賢くなることをサポートします

◆会社概要

会社名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
URL https://www.aising.jp/

「未来2018」ファイナリストの株式会社Alivasが、MedVenture Partners 株式会社が管理・運営する「 MPI 2 号投資事業有限責任組合」を引当先とする第三者割当増資を実施し、シリーズ A ラウンドとして約 1 億円の資金調達を実施しました。
今回調達した資金で開発中の難治性便秘治療用の低侵襲医療機器の開発の加速と社内体制の強化を行い、実用化への道筋をつけてまいります。

詳細については、下記をご参照ください。
株式会社Alivasプレスリリース:資金調達のお知らせ(2020年3月17日)

◆ 事業概要

『難治性便秘を治療する革新的医療機器』
国内で1000万人以上が便秘の症状に悩んでいます。難治性の便秘に対しては下剤内服治療は奏功せず、結腸全摘手術という外科治療も存在しますが、侵襲度が高いためほとんど実施されていません。このため、多くの患者さんは病状に苦しみながらの生活を強いられています。Alivasは1回の治療で半永久的な便秘改善効果をもたらす医療機器を開発し、下剤でも手術でもない低侵襲治療という世界初の選択肢を提供します。

 

◆ 会社概要

会社名 株式会社Alivas
所在地 〒113-8485 東京都文京区本郷7-3-1 東大南研究棟アントレプレナーラボ361号
代表者名 代表取締役 田島 知幸
設立年 2017年8月30日
URL https://www.alivas.co.jp/

「未来2016」ロボット・AI部門 優秀賞を獲得したコグニティ株式会社は、プレゼンテーションや営業トークなど、ビジネスコミュニケーションのAI解析技術を活用し、新型コロナウイルス感染拡大防止で中止が予想される新入社員集合研修の代替策として活用できるサービス「リモトレAI(リモトレ・エーアイ)」を、3〜5月の期間限定サービスとして提供開始します。

詳細は以下をご覧ください。
コグニティ株式会社プレスリリース新型コロナウイルス対策に!集合研修ができない問題を解消(2020年3月12日)

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除く」ためのソフトウェアを開発。文脈解析を強みとするトーク評価サービス「UpSighter」を展開。

◆ 会社概要

企業名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32 富田ビル802号室
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 530,277,000円(資本準備金含む)
従業員数 190名(国内外在住の解析リモートワーカー150名含む)
URL http://cognitee.com/

「未来2018」ファイナリストの株式会社適正地盤構造設計が、「AIビジネス創出アイデアコンテスト2020」で優勝、“大阪商工会議所会頭賞”を受賞しました。

詳細は、下記URLをご参照ください。
プレスリリース:「AIビジネス創出アイデアコンテスト2020」(2020年2月18日)

 

◆ 事業概要

データ改ざんは大きな社会問題となっています、建設業界でも2年前に横浜マンション杭データ改ざん事件がありましたが、未だに画期的な解決策はありません。この問題を解決すべく発注者(施主)・建築士・工事業者が工事情報をリアルタイムに共有する仕組みを開発し、顧客満足度の向上、建設業の信頼性向上の為、IoTを活用し独自の技術でデータ改ざんの出来ない工事管理システムを事業化します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社適正地盤構造設計
所在地 〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西1丁目4番22号 梅田東ビル306号室
代表者名 代表取締役 大山 雅充
URL https://tekiseijiban.jp/

「未来2019」ロボット・AI・IoT部門最優秀賞を受賞したEAGLYS株式会社は、株式会社椿本チエイン(本社:大阪市北区、社長:大原靖)と連携し、 物流センターの無人化へ向けた要素技術として「AI画像認識技術」の共同研究開発を行いました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
EAGLYS株式会社ニュースリリース<要素技術開発>物流センターの無人化を担う「AI画像認識技術」共同研究開発(2020年3月5日)

 

◆ 事業概要

「暗号化したままデータ分析・AI処理ができる秘密計算プラットフォーム『DataArmor™』」
詳細なデータ分析、高精度なAIモデル構築を行うためには、秘匿処理をされていない純度の高いデータ、複数のデータベースをまたいだビッグデータの利活用が必要です。企業がより簡単に安心・安全にデータを扱えるように、EAGLYSは量子耐性の暗号技術を用いて、データをセキュアに集積・統合し、それらを暗号化したまま分析・AIを行う秘密計算プラットフォームを開発しています。

◆ 会社概要

会社名 EAGLYS株式会社
所在地 東京都渋谷区代々木1-55-14 内海ビル301
代表者名 代表取締役社長 今林 広樹
設立 2016年12月28日
資本金 1億円
従業員数 21名(役員・アルバイト等含む、2019年4月末現在)
URL https://eaglys.co.jp//

 

「未来2020」ファイナリストの株式会社Buzzreachが、モバイル・インターネットキャピタル株式会社を筆頭に既存VCの株式会社KVPを含む2社を引受先とした第三者割当増資により、プレシリーズAラウンドで総額約2億円の資金調達を実施しました。
また、ガン領域(オンコロジー)への治験情報提供も開始。ガン領域の患者支援団体、生命保険企業、ガン特化ウェブメディアおよびアプリ、ガン領域治験実施医療機関への治験情報の提供、および連携することになりました。

詳細については、下記をご参照ください。
株式会社Buzzreachプレスリリース:治験情報インフラを展開する株式会社Buzzreach、約2億円の資金調達(2020年2月21日)

◆ 事業概要

『製薬企業と患者を繋ぐプラットフォームとPaaS』
患者中心医療が今後進んでいく環境で、患者(や家族)側へのリテラシーの向上と適切な情報提供が必要になってきます。
患者毎の病状にあった医療情報の提供を製薬企業から行える世の中を医療情報プラットフォームを用いて創造します。
製薬企業側にはPaaSを用いて、情報提供を可能にし、患者側には情報プラットーフォームメディアや患者特化SNSを用いて情報のマッチングを行います。今現在は治験情報の提供をメインに製薬企業向けのPaaS導入を進めています。

 

◆ 会社概要

会社名 株式会社Buzzreach
所在地 東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前
代表者名 代表取締役 猪川 崇輝
設立年 2017年
URL https://www.buzzreach.co.jp/

「未来2017」ファイナリストの株式会社Nextremerが、三谷産業株式会社を引受先に、シリーズB投資ラウンドにおいて第三社割当増資を実施いたしました。
三谷産業と協働で北陸地区のお客様が抱える課題を解決することで、AIの社会実装の促進による地域の活性化を目指しています。
今回の資金調達では、既存プロダクトの更なる改善や、社会実装を加速するための事業基盤の強化、技術開発を図っていきます。

詳細については、下記をご参照ください。
株式会社NextremerプレスリリースNextremerが第三者割当増資による資金調達を実施 (2020年2月17日)

 

◆ 事業概要

「AIを活用した対話システムの研究開発・サービスの提供、オープンイノベーション事業(他企業との共同開発/共同研究)」
創業以来、「AIと人との協業」というコンセプトのもと、AIテクノロジーを活用した対話システムの研究・開発に取り組んでおり、高度な自然言語処理機能を有するマルチモーダル対話システム「minarai」を提供しています。独自で開発した深層学習をベースに、各業界に特化したシナリオデータベースを組み合わせ、応答精度の高い対話システムの開発を行っています。

 

◆ 会社概要

会社名 株式会社Nextremer(ネクストリーマー)(英語表記:Nextremer Co., Ltd.)
所在地 ・東京本社
〒175-0094 東京都板橋区成増1-30-13 トーセイ大樹生命ビル10F
代表者名 代表取締役CEO 高橋 太一
設立年 2012年
資本金 246,000,000円
従業員数 55名
URL http://www.nextremer.com/

「未来2017」ファイナリストの株式会社キャスターが従業員の勤怠管理・給与計算や社会保険事務補助などをすべてオンラインで代行する「CASTER BIZ HR」の提供を開始しました。

詳細は、下記URLをご参照ください。
株式会社キャスタープレスリリース:社労士監修でスタートアップや中小企業の働き方改革関連法対応をサポート! 人事労務アシスタントサービス「CASTER BIZ HR」提供開始(2020年1月31日)

メディア掲載は以下URLをご覧ください。
株式会社キャスターニュースリリース:「日本経済新聞」にキャスターが掲載されました(2020年2月14日)

 

◆ 事業概要

弊社が提供するCASTER BIZ(以下キャスタービズ)は、オンラインアシスタントサービスです。メッセージひとつで、いつでもどこでもお客様のご依頼に対応いたします。キャスタービズのアシスタントは、人事、経理、総務といった主なバックオフィス全般をはじめ、マーケティング、デザイン、翻訳といった、さまざまな業務を代行します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社キャスター
所在地 宮崎県西都市鹿野田11365-1
代表者名 代表取締役 中川祥太
設立年月日 2014年9月
URL https://caster.co.jp/

「未来2016」メディカル・ヘルスケア部門 優秀賞の株式会社オリゴジェンが第三者割当増資による資金調達を実施しました。

詳細については、下記をご参照ください。
第三者割当増資を受けました(2020年1月31日)

◆ 事業概要

ヒト神経幹細胞を用いた細胞医薬品の開発及び同細胞を用いた創薬

 

◆ 会社概要

会社名 株式会社オリゴジェン
所在地 〒606-8501
京都府京都市左京区吉田下阿達町46-29
京都大学医薬系総合研究棟401
代表者名 代表取締役兼社長 城戸常雄
設立年 2015年
URL http://www.oligogen.jp/

「未来2017」ファイナリストの株式会社iCAREが、企業健康診断、巡回健診、メンタルヘルス診断・対策をサポートする株式会社健康プラザと業務提携を行うことで合意しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社iCAREwebサイト:株式会社健康プラザとの業務提携に関するお知らせ(2020/1/31)

 

◆ 事業概要

チャットで健康問題を相談・解決できる、企業と従業員のためのオンライン保健室サービス「carely」
iCAREは、企業の健康管理業務を効率化し生産性の高い職場環境作りを支援するHRTechサービスを開発・提供しています。グローバルに事業展開する日本法人から、IPOを目指すスタートアップまで幅広いお客様にご利用いただいています。

 

◆会社概要

会社名 株式会社iCARE
所在地 東京都渋谷区円山町10番18号マイキャッスル渋谷JP 203
代表者名 代表取締役 CEO 山田洋太
設立年月日 2011年6月
URL https://www.icare.jpn.com/

「未来2018」ファイナリストの株式会社バックテックが、JR東日本の子会社で「移動空間の価値向上」を目的に車内サービスを提供する株式会社JR東日本サービスクリエーションに、「ポケットセラピスト」サービスを導入いたします。

詳細はこちらをご覧ください。
株式会社バックテックプレスリリース:健康経営ソリューション”ポケットセラピスト”をJR東日本グループ会社に導入(2020年1月28日)

◆ 事業概要

社員の生産性向上を目的とした腰痛対策アプリ“ポケットセラピスト”
健康経営の取り組みが盛り上がる中で、企業の生産性低下の原因の第1位は腰痛ということが医学研究により明らかになっています。ポケットセラピストは、この腰痛という課題に対してアプリを通してアプローチすることで、いつでもどこでも腰痛に関わる課題の解決が可能になる健康経営支援サービスです。
さらに、京都大学大学院医学研究科での研究実績をもとに、企業の生産性低下やコスト損失額の可視化も同時にサポートしています。

◆ 会社概要

企業名 株式会社バックテック
所在地 <京都本社>京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町680-1
<東京サテライト>東京都渋谷区代々木2-26-2 第二桑野ビル2-D
代表者名 代表取締役社長 福谷 直人
設立年 2016年4月
URL https://www.backtech.co.jp/

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社がシミック株式会社と、リアルワールドデータ(以下「RWD」)などのビッグデータから短期間で有用な示唆を得ることの出来る、AI を用いたビッグデータ簡易解析ソリューションの提供を開始します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
プレスリリース:シミックとサスメド、AI を用いたビッグデータ簡易解析ソリューションを提供開始(2020年1月28日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 新)東京都中央区日本橋本町3-8-5 日本橋本町三丁目ビル 5階(2019年12月14日より)
旧)東京都中央区日本橋本町3-11-5(2019年12月13日まで)
代表者名 上野 太郎
設立年 2016年
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2017」ファイナリストのアースアイズ株式会社のAIガードマンが読売新聞に掲載されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
アースアイズ株式会社ニュースリリース:「AIカメラ広がる活用法 万引防止や顔認証 人の動きを解析」で
AIガードマンが紹介されました!
(2020年1月26日)

 

◆ 事業概要

アースアイズプロジェクト
AI五感カメラで事件事故を未然に防ぎ、世界を安全で安心な方向に進めるビジネスモデル

 

◆会社概要

会社名 アースアイズ株式会社
所在地 東京都港区浜松町1-2-1 No.R浜松町ビル五階
代表者名 代表取締役 山内 三郎
設立年月日 2015年9月16日
URL https://earth-eyes.co.jp/

 

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカンが、2020年1月29日に九州・沖縄営業所を設立します。
国内市場におけるさらなる需要の高まりに早急に応えるため、2019年10月1日に関西営業所、2019年11月1日に北日本営業所に引き続き、3箇所目の営業所です。

詳細は、以下をご覧ください。

バカン 九州・沖縄営業所を設立 (2020年1月21日)


バカン 九州・沖縄営業所を設立(メディア掲載)

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

◆ 株式会社バカン概要

会社名 株式会社バカン
所在地 〒162-0824東京都新宿区揚場町2番20号嶋田ビル5F
代表取締役社長 河野 剛進
設立年 2016年6月8日
URL https://www.vacancorp.com/

「未来2019」で三井化学賞、GAPグラント賞を受賞したBionicM株式会社の取り組みが、日本経済新聞に掲載されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
BionicM株式会社ニュースリリース日本経済新聞にてBionicMが紹介されました(2020年1月17日)

BionicM株式会社ニュースリリース日本経済新聞にてBionicMのパワード義足が紹介されました(2020年1月8日)

 

◆ 事業概要

「ロボティクスと身体を融合したモビリティディバイスの研究開発・事業化」
東京大学発ベンチャーとして、よりスマートに、快適に移動する技術とその関連ソリューションを提供するモビリティカンパニーを目指します。すべての人のモビリティを高める技術・製品を世界中に届けていきます。ロボティックスと人間の身体を融合する技術を活用し、すべての人々のモビリティにパワーをもたらし、従来の義足の問題を解決し、自然な動きを実現する小型かつ軽量な高機能義足を生み出します。

 

◆会社概要

会社名 BionicM株式会社(バイオニックエム)
所在地 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟207室
代表者名 孫 小軍
設立年月日 2018年12月21日
URL http://www.bionicm.com/

 

「未来2016」ロボット・AI部門 優秀賞を獲得したコグニティ株式会社は、営業トークの解析・フィードバックを行い企業の業績向上やボトムアップの実現に貢献するサービス UpSighter(アップ・サイター)の事業拡大のため、XTech Ventures株式会社が運営するXTech1号投資事業有限責任組合、ディップ株式会社を引受先とする第三者割当増資をシリーズBラウンドとして実施いたしました。本ラウンドにより資金調達累計額は5億円となりました。

詳細は以下をご覧ください。
プレスリリース:コグニティ、XTech Ventures・ディップ株式会社より総額1.9億円の資金調達 AI技術で、売れるトークの解析・個人別の改善策を提示するUpSighterを提供(2020年1月15日)

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除くためのソフトウェア開発」
独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。
15000本を超える解析結果データベースを使って、営業トーク・プレゼンテーション・会議等の好成績者・チームの傾向をモデル化し、定量的に比較評価する解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」を提供。

◆ 会社概要

企業名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32 富田ビル802号室
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 530,277,000円(資本準備金含む)
従業員数 130名(国内外在住の解析リモートワーカー120名含む)
URL http://cognitee.com/

「未来2017」ファイナリストの株式会社キャスターがディップ株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。
今回調達した資金をもとに、さらなる事業拡大に向けたシステム投資・広告投資、新規事業開発を推進し、リモートワーク普及に取り組む。

詳細は、下記URLをご参照ください。
株式会社キャスターニュースリリース:リモートワークの浸透を推進するキャスター、ディップ株式会社より資金調達(2020年1月8日)

メディア掲載は以下URLをご覧ください。
株式会社キャスターニュースリリース:ディップ株式会社からの資金調達について各メディアに掲載されました(2020年1月10日)

 

◆ 事業概要

弊社が提供するCASTER BIZ(以下キャスタービズ)は、オンラインアシスタントサービスです。メッセージひとつで、いつでもどこでもお客様のご依頼に対応いたします。キャスタービズのアシスタントは、人事、経理、総務といった主なバックオフィス全般をはじめ、マーケティング、デザイン、翻訳といった、さまざまな業務を代行します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社キャスター
所在地 宮崎県西都市鹿野田11365-1
代表者名 代表取締役 中川祥太
設立年月日 2014年9月
URL https://caster.co.jp/

 

「未来2018」ファイナリストの株式会社ZAICOの取組が日本経済新聞に掲載されました。

詳細はこちら
株式会社ZAICOプレスリリース:日経新聞」物流に先端技術を活かすスタートアップ20社に掲載されました。(2020年1月7日)

◆ 事業概要

在庫管理から始まるB2B取引革命
在庫最適化は企業の業績に直結する重要な問題です。この在庫最適化には「在庫の効率的かつ正確な把握」「広域的な在庫情報の共有」「企業間取引のスムーズ化」の3つが必要だと考えています。私たちはクラウド在庫管理サービスZAICOを開発し、既に5万人のユーザーが利用しています。これを進化させ、企業間で在庫情報を共有して取引までできるB2Bネットワークを構築し、在庫管理とB2Bに革命を起こします。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ZAICO
所在地 山形県米沢市大字花沢331番地
代表者名 代表取締役 田村壽英
設立年 2016年10月18日
URL https://www.zaico.co.jp/

「未来2019」ファイナリストの株式会社Piezo StudioがTHVP-1号投資事業有限責任組合 (東北大学ベンチャーパートナーズ)、テックアクセル1号投資事業有限責任組合 (テックアクセルベンチャーズ)、三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合 (三菱UFJキャピタル)を引受先とする総額2億8,000万円の第三者割当増資を実施しました。

この資金調達によりランガサイト型圧電デバイス開発の一層の推進を図ります。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社Piezo Studioニュースリリース: 第三者割当増資実施のお知らせ(2019年12月26日付)

◆ 事業概要

低消費電力化に貢献する振動子や1000℃まで耐えるセンサ
「持続的モノづくり社会」の実現を目標とし、材料からのブレークスルーを掲げ、東北大シーズである新規圧電単結晶を用いて革新的デバイスを生み出す事業を行っています。圧電材料は、身近な家電製品・携帯機器・車などをはじめ、産業分野においても広く活用されています。当社では新開発した材料の特徴を生かし、IoT時代に適した低消費電力化に貢献する振動子や1000℃まで耐えるセンサを実現しています。

◆会社概要

会社名  株式会社Piezo Studio
所在地 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-40
代表者名 代表取締役 木村 悟利
設立年 平成26年12月5日
URL http://www.piezostudio.co.jp/index.html

「未来2017」ファイナリストの株式会社キャスターがリモートワークの普及を目指す株式会社キャスターは、12月23日に宮崎県西都市(市長:押川修一郎)と包括連携協定を締結しました。

詳細は、下記URLをご参照ください。
株式会社キャスターニュースリリースリモートワークキャスター、宮崎県西都市とICTを活用したまちづくりに関する包括連携協定を締結(2019年12月23日)

 

◆ 事業概要

弊社が提供するCASTER BIZ(以下キャスタービズ)は、オンラインアシスタントサービスです。メッセージひとつで、いつでもどこでもお客様のご依頼に対応いたします。キャスタービズのアシスタントは、人事、経理、総務といった主なバックオフィス全般をはじめ、マーケティング、デザイン、翻訳といった、さまざまな業務を代行します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社キャスター
所在地 キャスタースクエア東京:
〒107-0062 東京都港区南青山3-1-3 スプライン青山東急ビル4階
キャスタースクエア西都(本社):
〒881-0104 宮崎県西都市鹿野田11365-1
代表者名 代表取締役 中川祥太
設立年月日 2014年9月
URL https://caster.co.jp/

 

「未来2016」ロボット・AI部門 優秀賞を獲得したコグニティ株式会社は、個人および中小企業や部署などチーム単位での利用も可能なAI分析サービスとして「UpSighter for Finance」「UpSighter for プレゼン!」の2種を提供開始します。

詳細は以下をご覧ください。
コグニティ株式会社プレスリリース【プレスリリース】個人やチーム単位向け「AIによるトーク・プレゼン解析サービス」提供開始(2019年12月18日)

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除くためのソフトウェア開発」
独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。
12000本を超える解析結果データベースを使って、営業トーク・プレゼンテーション・会議等の好成績者・チームの傾向をモデル化し、定量的に比較評価する解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」を提供。

◆ 会社概要

企業名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32 富田ビル802号室
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 295,252,000円(資本準備金含む)
従業員数 190名(2019年5月現在・解析業務委託150名含む)
URL http://cognitee.com/
「未来2018」ファイナリストの株式会社ネインが、「フィールドワーカー支援事業」の拡大を目指し、パイオニアと資本業務提携を締結しました。

詳細はこちらをご覧ください
パイオニア株式会社プレスリリース「株式会社ネインへの出資および業務提携 」(2019年12月11日付)

◆ 事業概要

アイズフリーインターネットを実現するヒアラブル開発・販売事業
音声UIを活用したヒアラブルによって、メッセージなどの通知情報を音声で読み上げ、音声認識で操作するUIを提供する。
アイズフリーで移動や作業に集中することができる。
ソフトウェアをコアにし、各社オーディオメーカー等と連携することで、グローバル展開を加速します。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ネイン
所在地 東京都渋谷区渋谷2-9-10 青山台ビル902
代表者名 代表取締役兼CEO 山本 健太郎
設立年 2014年11月7日
URL https://www.nain.jp/ja/

「未来2019」IT融合部門最優秀賞のアンター株式会社が株式会社杏林舎と業務協力を開始しました。

互いのサービスを通じ、医師の診療における課題解決を円滑にすることを目的としており、学術専門の電子書籍サービス「KaLib」を運営する杏林舎社と医師同士の質問解決プラットフォーム「Antaa」を運営するアンター社間にて、ユーザーの相互送客を行う。

詳細については、下記URLをご参照ください。
アンター株式会社ニュースリリース:【業務協力のお知らせ】株式会社杏林舎と業務協力を開始いたします(2019/12/6)

 

◆ 事業概要

医師同士のオンライン相談
医師1人の能力には限界があります。しかし、時間帯や地域によっては医師が1人で診療しないといけないシーンは存在します。
医師同士のオンライン医療相談で、医師と医師をつなぐことで、現場の命を救います。医師不足、高齢化に伴う患者増加など、現在医師の過重労働によって日本の医療は支えられています。医師と医師をつなぐことで、医師の働き方を改善し、医療の質を保ちながらより良い医療を目指します。

 

◆会社概要

会社名 アンター株式会社
所在地 東京都中央区八重洲一丁目9番9号5階 xBridge-Tokyo
代表者名 代表取締役 中山俊
設立年月日 2016年6月14日
URL https://antaa.jp/

 

「未来2019」ファイナリストのPIAZZA株式会社が第三者割当増資等により、三井住友海上キャピタルをはじめとする5社を引受先として、総額1.4億円のシリーズA 資金調達を実施しました。
調達資金を活用して、コミュニティ拡大・事業モデル構築を積極的に推し進めます。

詳細は下記URLをご参照ください。
PIAZZA株式会社プレスリリースPIAZZA、1.4億円をシリーズA資金調達し未来の街づくりに挑戦 (2019年12月5日)

◆ 事業概要

「地域SNS「PIAZZA」」
街の人・モノ・情報が流通するデジタルプラットフォームの開発運営。地域コミュニティを創ることで、街のリソースを可視化・マッチングすることを実現。

◆ 企業概要

企業名 PIAZZA株式会社
所在地 東京都中央区勝どき3-6-7 602
代表者名 代表取締役 矢野 晃平
設立年 2015年5月
URL https://www.lp.piazza-life.com/

「未来2017」ファイナリストの株式会社Nextremerが、新AIチャットボットサービス「minarai QUICK BOT」をリリースしました。
本サービスは、シナリオ構築が不要で、完全自動でチャットボットを導入可能です。

サービス詳細はこちら
新AIチャットボットサービス「minarai QUICK BOT」

 

◆ 事業概要

「AIを活用した対話システムの研究開発・サービスの提供、オープンイノベーション事業(他企業との共同開発/共同研究)」
創業以来、「AIと人との協業」というコンセプトのもと、AIテクノロジーを活用した対話システムの研究・開発に取り組んでおり、高度な自然言語処理機能を有するマルチモーダル対話システム「minarai」を提供しています。独自で開発した深層学習をベースに、各業界に特化したシナリオデータベースを組み合わせ、応答精度の高い対話システムの開発を行っています。

 

◆ 会社概要

会社名 株式会社Nextremer(ネクストリーマー)(英語表記:Nextremer Co., Ltd.)
所在地 ・東京本社
〒175-0094 東京都板橋区成増1-30-13 トーセイ三井生命ビル10F(受付)・7F
・高知AIラボ
〒783-0060 高知県南国市蛍が丘1-1-1 南国オフィスパーク3F
・株式会社dataremer(子会社)
〒783-0060 高知県南国市蛍が丘1-1-1 南国オフィスパーク3F
代表者名 代表取締役CEO 向井永浩
設立年 2012年
資本金 246,000,000円
従業員数 55名
URL http://www.nextremer.com/

「未来2017」ファイナリストのアースアイズ株式会社の取り組みがダイヤモンドオンラインストアなどのメディアに掲載されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
アースアイズ株式会社ニュースリリース:ダイヤモンドオンラインストアにAIガードマンの記事が掲載されました!(2019/11/27)

アースアイズ株式会社ニュースリリース:日刊工業新聞 科学技術・大学面 で、アースアイズが掲載されました!(2019/11/14)

 

◆ 事業概要

アースアイズプロジェクト
AI五感カメラで事件事故を未然に防ぎ、世界を安全で安心な方向に進めるビジネスモデル

 

◆会社概要

会社名 アースアイズ株式会社
所在地 東京都港区浜松町1-2-1 No.R浜松町ビル五階
代表者名 代表取締役 山内 三郎
設立年月日 2015年9月16日
URL https://earth-eyes.co.jp/

 

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社の取組みが日経xTECH(クロステック)に掲載されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
日経バイオテクONLINE日経xTECH(クロステック)に弊社の登壇記事が掲載されました(2019年11月26日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 新)東京都中央区日本橋本町3-8-5 日本橋本町三丁目ビル 5階(2019年12月14日より)
旧)東京都中央区日本橋本町3-11-5(2019年12月13日まで)
代表者名 上野 太郎
設立年 2016年
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2018」のファイナリストのプランティオ株式会社の芹澤CEOが10月6日に登壇した、エヌエヌ生命保険主催「家業をテクノロジーで再建~チャレンジへの勇気とその可能性を探る」イベント記事が掲載されました。

詳細については以下をご覧ください。
プランティオ株式会社ニュースリリースForbes JAPAN本誌とウェブサイトにCEO芹澤の記事が掲載されました(2019年11月26日)

◆ 事業概要

「ひとりひとりがPersonal Farmerとなり、”食と農”をライフスタイルの中心にするエンターテインメント&コミュニティ栽培サービスの提供」
ひとりひとりがPersonalFamerとなり、みんなでたのしく野菜栽培をするCrowd Farmingサービス。既存の農業のみに頼るのではなく、IoTによる集合知(AI)やコミュニティのサポートで誰もが安心安全の野菜を自身でも育てることができる”Social Grow our own”の世界を提案します。

◆ 会社概要

企業名 プランティオ株式会社
所在地 〒659-0024 東京都 港区 北青山 2-9-5, スタジアムプレイス青山 7F
代表者名 CEO 芹澤 孝悦
URL https://www.plantio.co.jp//

 


「未来2019」ロボット・AI・IoT部門最優秀賞を受賞したEAGLYS株式会社が東京ベンチャー企業選手権大会(東京ユニコーンプロジェクト運営委員会主催、東京都後援)にて産業労働局長賞(優秀賞)を受賞しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
EAGLYS株式会社ニュースリリース東京ベンチャー企業選手権大会 優秀賞(2019年11月25日)

 

◆ 事業概要

「暗号化したままデータ分析・AI処理ができる秘密計算プラットフォーム『DataArmor™』」
詳細なデータ分析、高精度なAIモデル構築を行うためには、秘匿処理をされていない純度の高いデータ、複数のデータベースをまたいだビッグデータの利活用が必要です。企業がより簡単に安心・安全にデータを扱えるように、EAGLYSは量子耐性の暗号技術を用いて、データをセキュアに集積・統合し、それらを暗号化したまま分析・AIを行う秘密計算プラットフォームを開発しています。

 

◆会社概要

会社名 EAGLYS株式会社
所在地 東京都渋谷区代々木1-55-14内海ビル301
代表者名 今林 広樹
設立年月日 平成28年12月28日
URL https://eaglys.co.jp//

 

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)が、このたびエッジAIによる第四次産業革命の推進を加速するべく、三井住友海上キャピタル株式会社運営の「MSIVC2018V投資事業有限責任組合」から資金調達を実施しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社エイシングニュースリリース: エッジAIのエイシング、3億円の資金調達を実施(2019年11月20日付)

日本経済新聞: エッジAIスタートアップのエイシング、3億円調達 (2019年11月21日付)

◆ 事業概要

「エッジデバイスに実装可能なエッジAIアルゴリズムの研究開発とライセンス提供」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題があります。
そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree:DBT)が持つパラメータ調整不要な特性(世界初)と、低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積した
ビッグデータおよび様々な機械制御において安価なデバイスでもスタンドアローンで学習を実現し、エッジデバイス自身がより賢くなることをサポートします

◆会社概要

会社名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
URL https://www.aising.jp/
「未来2017」ファイナリストで、ゲノム編集受託サービスを提供する株式会社セツロテックが、中山商事株式会社と研究支援事業に於いて総代理店契約を締結いたしました。

詳細については、下記をご参照ください。
株式会社セツロテックニュースリリース「セツロテックが中山商事と総代理店契約を締結」(2019年11月21日)

 

◆ 事業概要

高効率ゲノム編集技術を基盤としたゲノム編集産業の創出
株式会社セツロテックは、ゲノム編集のエレクトロボレーションによる高効率・高生存率ゲノム編集胚の作成に成功し、本技術の特許を申請。
本技術を活用し、医学・畜産分野での応用が期待されるブタのゲノム編集受託サービスや、創薬を目指したヒト培養細胞での遺伝子各辺細胞の高効率化サービスなどに取り組みます。
これら受託サービスで収益を上げつつ技術力を高め、ゲノム編集技術による産業応用を促進いたします。

◆ 会社概要

会社名 株式会社セツロテック
所在地 徳島市蔵本町三丁目18番地の15 徳島大学藤井節郎記念医科学センター
代表者名 代表取締役 竹本龍也
設立年 2017年
資本金  - 
従業員数  - 
URL http://www.setsurotech.com/

「未来2018」ファイナリストの株式会社ZAICOの、RFID対応の在庫管理システム「R-ZAICO」が専門メディア「リサイクル通信で紹介されました。

株式会社ZAICOプレスリリース:リサイクル通信で「R-ZAICO」が紹介されました。(2019年11月15日)

◆ 事業概要

在庫管理から始まるB2B取引革命
在庫最適化は企業の業績に直結する重要な問題です。この在庫最適化には「在庫の効率的かつ正確な把握」「広域的な在庫情報の共有」「企業間取引のスムーズ化」の3つが必要だと考えています。私たちはクラウド在庫管理サービスZAICOを開発し、既に5万人のユーザーが利用しています。これを進化させ、企業間で在庫情報を共有して取引までできるB2Bネットワークを構築し、在庫管理とB2Bに革命を起こします。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ZAICO
所在地 山形県米沢市大字花沢331番地
代表者名 代表取締役 田村壽英
設立年 2016年10月18日
URL https://www.zaico.co.jp/

「未来2018」ファイナリストのエレファンテック株式会社が、IIIコンソーシアムメンバーである三井化学株式会社、住友商事株式会社を含む合計9社から資金調達を行い、大型の量産実証拠点(兼、研究開発拠点)を新設し、世界で初めてのインクジェット印刷による電子回路の大型量産を実現します。』

詳細は以下をご覧ください。
エレファンテック株式会社ニュースリリース : 【プレスリリース配信】エレファンテック、18億円の資金調達を行い大型量産実証拠点設立へ(2019年11月15日)

メディア掲載は以下をご覧ください。
エレファンテック株式会社メディア掲載情報 : 【メディア掲載紹介】エレファンテック、18億円の資金調達を行い大型量産実証拠点設立へ(2019年11月15日)

◆ 事業概要

プリンテッド・エレクトロニクス製造技術の開発、サービス提供
電子回路は、「銅箔の不要な部分を溶かして残った部分が配線になる」エッチング法でつくられてきましたが、「必要なところだけ金属を印刷する」技術をエレファンテックが世界で初めて実現しました。試作コストは1/10に、量産にも対応でき、何より製造につきものの「ロット」「初期費用」という概念からメーカーを解放しました。産業機械メーカーでの量産採用もあり、自社工場も拡張し、拡大フェーズに突入しています。

◆ 会社概要

企業名 エレファンテック株式会社
所在地 東京都中央区八丁堀四丁目3番8号
代表者名 代表取締役 清水信哉
設立年 2014年 1月(2017 年 9 月 4 日にAgIC株式会社からエレファンテック株式会社に商号変更)
URL https://www.elephantech.co.jp

「未来2019」ファイナリストのアクアシステム株式会社が、株式会社オプトベンチャーズが無限責任組合員を務めるオプトベンチャーズ2号ファンドより出資を受けました。
今回の出資を機に、大学やシンガポール法定機関との連携した研究開発を強化するとともに、食品業界や歯科業界への販路を拡大することで、3年を目処に、菌のデータ集積と解析によるプラットフォームとなることをめざします。

詳細はこちら
アクアシステム株式会社ニュースリリース:オプトベンチャーズ社から出資 食品衛生や口腔内衛生のモニタリングツール、携帯形微生物観察器「mil-kin(見る菌)®︎」(2019年11月13日付)

◆ 事業概要

リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発
『世界中から食中毒や感染症をなくす』をビジョンに掲げ、リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発しました。
微生物の知識がなくても、そのリスクや衛生状態がリアルタイムにわかる新しいスクーリニングツールです。『mil-kin(見る菌)』で取得した映像をAIやディープラーニングで解析し、世界の衛生課題をミクロの視点から解決します。

◆ 会社概要

企業名 アクアシステム株式会社
所在地 群馬県前橋市富士見町田島191-1
代表者名 代表取締役社長 狩野 清史
設立年 1986年5月19日
URL https://www.mil-kin.com/

「未来2019」で三井化学賞、GAPグラント賞を受賞したBionicM株式会社が、2019年11月8日(金)、香港で開催されたピッチコンテスト世界大会「Elevator Pitch Competition2019」にて、総合最優秀賞および「AI&ロボティクス部門」最優秀賞を受賞しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
BionicM株式会社ニュースリリースピッチコンテスト世界大会「EPiC2019」にて最優秀賞受賞(2019年11月11日)

 

◆ 事業概要

「ロボティクスと身体を融合したモビリティディバイスの研究開発・事業化」
東京大学発ベンチャーとして、よりスマートに、快適に移動する技術とその関連ソリューションを提供するモビリティカンパニーを目指します。すべての人のモビリティを高める技術・製品を世界中に届けていきます。ロボティックスと人間の身体を融合する技術を活用し、すべての人々のモビリティにパワーをもたらし、従来の義足の問題を解決し、自然な動きを実現する小型かつ軽量な高機能義足を生み出します。

 

◆会社概要

会社名 BionicM株式会社(バイオニックエム)
所在地 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟207室
代表者名 孫 小軍
設立年月日 2018年12月21日
URL http://www.bionicm.com/

 

「未来2019」ファイナリストのおもいやりデザイン合同会社が大阪・関西のポテンシャルを最大限に活用して世界に通用する新製品・新サービスの創出に取り組む大阪市のベンチャー支援プログラム「OSAP」にてメンター賞を受賞致しました。

OSAPを活用して、障がいや病気などに関する配慮情報検索システムを開発致しました。本システムは、日本国内の疾病に関する配慮情報を自動的に収集し、数十億件のデータを数秒で検索可能にする分散型検索エンジンを搭載します。将来的には、データ収集範囲を日本国外まで拡げて、世界中の疾病に関する配慮情報を数秒で検索でき、あらゆる企業や行政がおもいやりのあるサービスを提供するために必要な知識基盤となる仕組みの構築を目指します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
おもいやりデザイン合同会社プレスリリース 大阪市 平成31年度OIHシードアクセラレーションプログラム(OSAP)にてメンター賞を受賞致しました(2019年10月31日)

 

◆ 事業概要

障がいや病気などに対する配慮情報検索システム「おもいやり 検索」を活用した産業界のおもいやり化
障がいや病気などにより配慮が必要な人にどのような配慮、対応をすればよいか人や場所、ものに関する、他社にはないデータを保有しています。そのデータをベースとし、必要な配慮がすぐに検索できる「おもいやり 検索」と、配慮してほしい人がホテルや飲食店など公共の場で快適に過ごすことをサポートする「おもいやり 相談」の開発を進めています。「おもいやり 相談」はすでに大手鉄道会社など4社に採用されています。自社の顧客や従業員が何らかの配慮特性を持っている場合に、企業側が気遣いのある応対ができるように、従来のマニュアルやデータベースなどの情報検索に加えて、日本中から収集した疾病別の配慮情報を表示するなど、ロングテールで複雑化する顧客や従業員の多様性ニーズに対応可能な情報支援システムの開発販売を行っています。本サービスの拡大を通じて、経済活動におもいやりをプラスすることで、働く人、利用する人が幸せになる社会の実現をめざします。

◆会社概要

会社名 おもいやりデザイン合同会社
所在地 大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階 GVH大阪内
代表者名 代表CEO 山本 高史
設立年月日 2018年9月20日
URL http://omoiyari-design.co.jp/

 

「未来2019」で企業賞を受賞した空き家活用株式会社の取り組みが、読売新聞に掲載されました詳細は下記URLをご参照ください。

空き家活用株式会社ニュースリリース読売新聞に弊社が掲載されました(2019年11月1日)

◆ 事業概要

日本全国の空き家をDB化、新しい利活用をプロデュース 空き家活用データベース「AKIDAS」
日本全国の流通していない空き家・空き地をDB化し、新しい利活用をプロデュース!
自社調査員が実際に空き家を訪れ調査した情報をデータベース化して、不動産業者を中心に提供するとともに、新たな利活用モデルにより収益物件として生まれ変わらせる提案を所有者や企業に行う。
さらに、活用方法や相談先がわからない所有者へ定期的な勉強会を開催し、具体的な個別コンサルティングも行うことで、空き家問題解決と新たな市場構築をめざす。

◆ 企業概要

企業名 空き家活用株式会社
所在地 東京都港区北青山三丁目3番13号 共和五番館2F
代表者名 代表取締役社長 和田 貴充
URL https://aki-katsu.co.jp/

「未来2019」ファイナリストのおもいやりデザイン合同会社が障がいや病気などに関する配慮情報検索システムを開発致しました。

本システムは、日本国内の疾病に関する配慮情報を自動的に収集し、数十億件のデータを数秒で検索可能にする分散型検索エンジンを搭載します。将来的には、データ収集範囲を日本国外まで拡げて、世界中の疾病に関する配慮情報を数秒で検索でき、あらゆる企業や行政がおもいやりのあるサービスを提供するために必要な知識基盤となる仕組みの構築を目指します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
おもいやりデザイン合同会社プレスリリース 障がいや病気などに関する配慮情報検索システムを開発致しました(2019年10月31日)

 

◆ 事業概要

障がいや病気などに対する配慮情報検索システム「おもいやり 検索」を活用した産業界のおもいやり化
障がいや病気などにより配慮が必要な人にどのような配慮、対応をすればよいか人や場所、ものに関する、他社にはないデータを保有しています。そのデータをベースとし、必要な配慮がすぐに検索できる「おもいやり 検索」と、配慮してほしい人がホテルや飲食店など公共の場で快適に過ごすことをサポートする「おもいやり 相談」の開発を進めています。「おもいやり 相談」はすでに大手鉄道会社など4社に採用されています。自社の顧客や従業員が何らかの配慮特性を持っている場合に、企業側が気遣いのある応対ができるように、従来のマニュアルやデータベースなどの情報検索に加えて、日本中から収集した疾病別の配慮情報を表示するなど、ロングテールで複雑化する顧客や従業員の多様性ニーズに対応可能な情報支援システムの開発販売を行っています。本サービスの拡大を通じて、経済活動におもいやりをプラスすることで、働く人、利用する人が幸せになる社会の実現をめざします。

◆会社概要

会社名 おもいやりデザイン合同会社
所在地 大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階 GVH大阪内
代表者名 代表CEO 山本 高史
設立年月日 2018年9月20日
URL http://omoiyari-design.co.jp/

 

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカンのサービス、東京駅エキナカ空席情報配信「VACAN」が日本経済新聞に取り上げられました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
プレスリリース:日本経済新聞朝刊にバカンの東京駅エキナカ空席情報配信「VACAN」が取り上げられました(2019年10月30日)

また、こちらの記事も併せてご覧ください。
プレスリリース:IoTNEWSにスマートビルディング・施設に役立つIoTテクノロジーとしてバカンのトイレ空き状況配信サービスを取り上げられました(2019年10月23日)

プレスリリース:SC JAPAN TODAY 2019年10月号にバカンが掲載されました(2019年10月9日)

 

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

 

◆会社概要

会社名 株式会社バカン
所在地 〒162-0824東京都新宿区揚場町2番20号嶋田ビル5F
代表者名 代表取締役社長 河野 剛進
設立年月日 2016年6月8日
URL https://www.vacancorp.com

 

「未来2019」で三井化学賞、GAPグラント賞を受賞したBionicM株式会社が、週刊ダイヤモンド2019年10月26日号「5年で大化け! サイエンス&ベンチャー105発」に取り上げられました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
BionicM株式会社ニュースリリース週刊ダイヤモンドにてBionicMが取り上げられました(2019年11月15日)

 

◆ 事業概要

「ロボティクスと身体を融合したモビリティディバイスの研究開発・事業化」
東京大学発ベンチャーとして、よりスマートに、快適に移動する技術とその関連ソリューションを提供するモビリティカンパニーを目指します。すべての人のモビリティを高める技術・製品を世界中に届けていきます。ロボティックスと人間の身体を融合する技術を活用し、すべての人々のモビリティにパワーをもたらし、従来の義足の問題を解決し、自然な動きを実現する小型かつ軽量な高機能義足を生み出します。

 

◆会社概要

会社名 BionicM株式会社(バイオニックエム)
所在地 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟207室
代表者名 孫 小軍
設立年月日 2018年12月21日
URL http://www.bionicm.com/

 

「未来2018」ファイナリストのエレファンテック株式会社が、週刊ダイヤモンドの「日本の未来を変える サイエンス&ベンチャー105選」にエレファンテックが常識破りの印刷応用技術として紹介されました。

詳細は以下をご覧ください。
エレファンテック株式会社ニュースリリース : 週刊ダイヤモンド「5年で大化け!サイエンス&ベンチャー105発」にエレファンテックが紹介されました(2019年10月23日)

◆ 事業概要

プリンテッド・エレクトロニクス製造技術の開発、サービス提供
電子回路は、「銅箔の不要な部分を溶かして残った部分が配線になる」エッチング法でつくられてきましたが、「必要なところだけ金属を印刷する」技術をエレファンテックが世界で初めて実現しました。試作コストは1/10に、量産にも対応でき、何より製造につきものの「ロット」「初期費用」という概念からメーカーを解放しました。産業機械メーカーでの量産採用もあり、自社工場も拡張し、拡大フェーズに突入しています。

◆ 会社概要

企業名 エレファンテック株式会社
所在地 東京都中央区八丁堀四丁目3番8号
代表者名 代表取締役 清水信哉
設立年 2014年 1月(2017 年 9 月 4 日にAgIC株式会社からエレファンテック株式会社に商号変更)
URL https://www.elephantech.co.jp
「未来2019」、「未来Smart City Challenge」採択者のPerceptIn Japan合同会社が平城宮跡歴史公園(奈良県奈良市)で取り組んでいる「パークスマートチャレンジ」において、自動運転の8人乗りの低速電動車両(LSEV)を使用したモビリティサービスの社会実験を開始します。

詳細はこちらをご覧ください
PerceptIn Japana合同会社「平城宮跡歴史公園で「マイクロ・ロボットタクシー」、マクニカと共同で4ヶ月間の社会実験を開始 」(2019年10月24日付)

◆ 事業概要

DragonFly Sensor Module and Autonomous Vehicle
PerceptInは、自動運転車や自律走行ロボットのためのハードウェアとソフトウェアソリューションを提供しています。コンポーネントをモジュール化することによって、自律型車両をLEGOのように組み立てることを可能にしました。また、私たちにとっても初めての、5km未満の移動手段を提供するマイクロモビリティサービス(microMaaS)を日本で展開する計画で、現在、提携企業を求めています。

◆ 会社概要

企業名 PerceptIn Japan合同会社
所在地 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル 5F
代表者名 シャオシャン・リュウ
設立年 2019年8月
URL http://www.perceptin.io/

「未来2018」ファイナリストのエレファンテック株式会社が、IIIコンソーシアムメンバーである三井化学株式会社とインクジェットによる新しいものづくりの生産技術開発と量産化を推進するため、戦略的提携しました。

詳細は以下をご覧ください。
エレファンテック株式会社ニュースリリース : 【プレスリリース配信】三井化学とエレファンテックが戦略的提携(2019年10月15日)

メディア掲載は以下をご覧ください。
エレファンテック株式会社メディア掲載情報 : 【メディア掲載】三井化学とエレファンテックが戦略的提携(2019年10月15日)

◆ 事業概要

プリンテッド・エレクトロニクス製造技術の開発、サービス提供
電子回路は、「銅箔の不要な部分を溶かして残った部分が配線になる」エッチング法でつくられてきましたが、「必要なところだけ金属を印刷する」技術をエレファンテックが世界で初めて実現しました。試作コストは1/10に、量産にも対応でき、何より製造につきものの「ロット」「初期費用」という概念からメーカーを解放しました。産業機械メーカーでの量産採用もあり、自社工場も拡張し、拡大フェーズに突入しています。

◆ 会社概要

企業名 エレファンテック株式会社
所在地 東京都中央区八丁堀四丁目3番8号
代表者名 代表取締役 清水信哉
設立年 2014年 1月(2017 年 9 月 4 日にAgIC株式会社からエレファンテック株式会社に商号変更)
URL https://www.elephantech.co.jp
「未来2018」ファイナリストの株式会社ネインが、高砂熱学工業株式会社との資本業務提携に基づき、第三者資本割当による増資を実施しました。

詳細はこちらをご覧ください
株式会社ネインプレスリリース「新ヒアラブルデバイスを用いた音声UIによるビルメンテナンス向け音声点検サービスを開発」(2019年10月12日付)

◆ 事業概要

アイズフリーインターネットを実現するヒアラブル開発・販売事業
音声UIを活用したヒアラブルによって、メッセージなどの通知情報を音声で読み上げ、音声認識で操作するUIを提供する。
アイズフリーで移動や作業に集中することができる。
ソフトウェアをコアにし、各社オーディオメーカー等と連携することで、グローバル展開を加速します。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ネイン
所在地 東京都渋谷区渋谷2-9-10 青山台ビル902
代表者名 代表取締役兼CEO 山本 健太郎
設立年 2014年11月7日
URL https://www.nain.jp/ja/

「未来2019」ロボット・AI・IoT部門最優秀賞を受賞したEAGLYS株式会社の今林代表が東急住宅リース株式会社のアドバイザーに就任しました。

東急住宅リースが業務品質向上・効率化に向けてAIの活用に取り組んでいる中、今林氏はAI戦略アドバイザーとして、IT戦略やデータ分析、経営戦略上の課題やデータセキュリティー強化に関する助言等を行います。

詳細については、下記URLをご参照ください。
EAGLYS株式会社プレスリリースEAGLYS株式会社の今林代表が東急住宅リースのアドバイザーに就任しました(2019年10月10日)

 

◆ 事業概要

「暗号化したままデータ分析・AI処理ができる秘密計算プラットフォーム『DataArmor™』」
詳細なデータ分析、高精度なAIモデル構築を行うためには、秘匿処理をされていない純度の高いデータ、複数のデータベースをまたいだビッグデータの利活用が必要です。企業がより簡単に安心・安全にデータを扱えるように、EAGLYSは量子耐性の暗号技術を用いて、データをセキュアに集積・統合し、それらを暗号化したまま分析・AIを行う秘密計算プラットフォームを開発しています。

 

◆会社概要

会社名 EAGLYS株式会社
所在地 東京都渋谷区代々木1-55-14内海ビル301
代表者名 今林 広樹
設立年月日 平成28年12月28日
URL https://eaglys.co.jp//

 

「未来2019」ファイナリストの株式会社スキノスが新製品『皮膚電位計SPN-02』を発売しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社スキノス プレスリリース新製品『皮膚電位計SPN-02』発売のお知らせ(2019年10月9日)

 

◆ 事業概要

”発汗” をキーワードにした、医療・健康・安全運転システムの開発
“汗”は日常生活で身近なものですが、うまく汗をかけないと熱中症になりやすく、反対に多すぎると生活の支障になります。汗に問題を抱えた人は意外に多いのですが、現在、それに気づき適切な処置に繋げる環境は整っていません。
当社は、発汗の様子を簡便に測定可能な独自技術を有する大学発ベンチャーです。発汗研究を牽引する研究者・医師との連携により、汗に問題のある方々が安心して生活できる環境を構築していきます。

◆会社概要

会社名 株式会社スキノス
所在地 長野県上田市踏入二丁目16番24号 信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター107号室
代表者名 代表 百瀬 英哉
URL http://www.skinos.co.jp/

 

「未来2018」ファイナリストの株式会社ネインが、ヒアラブルデバイスを活用した音声UIによる、ビルメンテナンス(ユーティリティ設備の保守・点検・記録作業)や 建設現場等に向けた音声点検サービスを高砂熱学工業株式会社と共同開発しました。2020年1月以降、本格導入を予定している。

詳細はこちらをご覧ください
株式会社ネインプレスリリース「新ヒアラブルデバイスを用いた音声UIによるビルメンテナンス向け音声点検サービスを開発」(2019年10月9日付)

◆ 事業概要

アイズフリーインターネットを実現するヒアラブル開発・販売事業
音声UIを活用したヒアラブルによって、メッセージなどの通知情報を音声で読み上げ、音声認識で操作するUIを提供する。
アイズフリーで移動や作業に集中することができる。
ソフトウェアをコアにし、各社オーディオメーカー等と連携することで、グローバル展開を加速します。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ネイン
所在地 東京都渋谷区渋谷2-9-10 青山台ビル902
代表者名 代表取締役兼CEO 山本 健太郎
設立年 2014年11月7日
URL https://www.nain.jp/ja/

「未来2018」ファイナリストの株式会社ZAICOは、物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門誌「物流Weekly」で
RFID対応の在庫管理システム「R-ZAICO」が紹介されました。

株式会社ZAICOプレスリリース:物流Weeklyで「R-ZAICO」が紹介されました。(2019年10月8日)

◆ 事業概要

在庫管理から始まるB2B取引革命
在庫最適化は企業の業績に直結する重要な問題です。この在庫最適化には「在庫の効率的かつ正確な把握」「広域的な在庫情報の共有」「企業間取引のスムーズ化」の3つが必要だと考えています。私たちはクラウド在庫管理サービスZAICOを開発し、既に5万人のユーザーが利用しています。これを進化させ、企業間で在庫情報を共有して取引までできるB2Bネットワークを構築し、在庫管理とB2Bに革命を起こします。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ZAICO
所在地 山形県米沢市大字花沢331番地
代表者名 代表取締役 田村壽英
設立年 2016年10月18日
URL https://www.zaico.co.jp/

「未来2019」でGAPグラント”MIRAI”授与先であるAssistMotion株式会社が10月28日(月)~10月30日(水)虎ノ門ヒルズで開催されるアジア最大級のオープンイノベーションカンファレンス、Innovation Leaders Summit 2019において、昨年に続き今年も大手企業からの人気上位100社に選出されました。

10/30(水)に行われる、TOP20スタートアップピッチに登壇します。
■登壇時間:  第一部 10:00-11:00
■会  場:  虎ノ門ヒルズ5階(メインホール1)

詳細は下記URLをご参照ください。
AssistMotion株式会社ホームページ「ILS2019「ILS TOP100 STARTUPS」に選出されました」(2019年10月8日)

◆ 事業概要

「超高齢化社会を救う、人に優しい“着る”ロボット」
衣服感覚で着ることのできるロボティックウェアcuraraは、自然な動きを補助することができるウェアラブルな歩行アシストロボットである。股関節と膝関節の動作を補助し、総重量が5kgと軽量で、着脱が1分で可能である。高齢者が持つ「以前のように歩ければなあ!」という強い思いに応えること目指している。来年(2019年)よりcuraraのモニター販売を開始する予定で、その準備を進めている。

◆ 企業概要

企業名 AssistMotion株式会社
所在地 長野県上田市踏入2丁目16-24 信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター(OVIC) 2階 206号室
代表者名 代表取締役 橋本 稔
設立年 2017年1月4日
URL http://assistmotion.jp/

「未来2019」で三井化学賞、GAPグラント賞を受賞したBionicM株式会社が、公益財団法人三菱UFJ技術育成財団の技術指向型の中小企業の新技術、新製品等の研究開発を支援する事業「2019年度第1回研究開発助成金交付事業」において、交付先として採択されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
BionicM株式会社ニュースリリース(2019年10月1日)

 

◆ 事業概要

「ロボティクスと身体を融合したモビリティディバイスの研究開発・事業化」
東京大学発ベンチャーとして、よりスマートに、快適に移動する技術とその関連ソリューションを提供するモビリティカンパニーを目指します。すべての人のモビリティを高める技術・製品を世界中に届けていきます。ロボティックスと人間の身体を融合する技術を活用し、すべての人々のモビリティにパワーをもたらし、従来の義足の問題を解決し、自然な動きを実現する小型かつ軽量な高機能義足を生み出します。

 

◆会社概要

会社名 BionicM株式会社(バイオニックエム)
所在地 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟207室
代表者名 孫 小軍
設立年月日 2018年12月21日
URL http://www.bionicm.com/

 

「未来2019」でGAPグラント”MIRAI”授与先であるAssistMotion株式会社が公益財団法人三菱UFJ技術育成財団 2019年度第1回研究開発助成金 交付プロジェクトに選定されました。

詳細は下記URLをご参照ください。
AssistMotion株式会社ホームページ「三菱UFJ技術育成財団 研究開発助成金交付プロジェクトに選定されました」(2019年10月1日)

◆ 事業概要

「超高齢化社会を救う、人に優しい“着る”ロボット」
衣服感覚で着ることのできるロボティックウェアcuraraは、自然な動きを補助することができるウェアラブルな歩行アシストロボットである。股関節と膝関節の動作を補助し、総重量が5kgと軽量で、着脱が1分で可能である。高齢者が持つ「以前のように歩ければなあ!」という強い思いに応えること目指している。来年(2019年)よりcuraraのモニター販売を開始する予定で、その準備を進めている。

◆ 企業概要

企業名 AssistMotion株式会社
所在地 長野県上田市踏入2丁目16-24 信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター(OVIC) 2階 206号室
代表者名 代表取締役 橋本 稔
設立年 2017年1月4日
URL http://assistmotion.jp/

「未来2016」のファイナリストのGuidable株式会社が、プレシリーズAラウンドにおいてTIS株式会社やSocialEntrepreneur2投資事業有限責任組合(PE&HR株式会社)、個人投資家から総額7200万円の資金調達を実施しました。
累計調達額が1億円を突破したほか、本ラウンドの資金調達に合わせ、TIS株式会社(東京都新宿区、代表取締役会長兼社長 桑野 徹)と資本業務提携を締結しています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
Guidable株式会社プレスリリース: 在留外国人向けプラットフォーム「Guidable」が総額7200万円の資金調達 (2019年9月26日)

◆ 事業概要

“訪日”の先にある未来に向けた事業
日本で暮らす外国人が、どんなデバイスからでも質問できる質疑応答サービス「Guidable Q&A」で、”経験”を共有し、増え続ける外国人のあらゆる問題点を解決へ!

◆ 会社概要

企業名 Guidable(ガイダブル)株式会社
所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-18 DG22ビル 7F
代表者名 CEO 田邉 政喜
URL https://guidable.co.jp/

「未来2019」ファイナリストのアクアシステム株式会社が、6月にシンガポールで開催された「Innovfest Unbound」J-Startupパビリオン出展に加え、来月ドバイで開催される「GITEX Future Stars」に選ばれました。

詳細はこちら
J-Startupプレスリリース:

GITEX Future Stars 2019 J-Startup パビリオンにて15 社の出展を支援(2019年9月17日)
「GITEX Future Stars」

◆ 事業概要

リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発
『世界中から食中毒や感染症をなくす』をビジョンに掲げ、リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発しました。
微生物の知識がなくても、そのリスクや衛生状態がリアルタイムにわかる新しいスクーリニングツールです。『mil-kin(見る菌)』で取得した映像をAIやディープラーニングで解析し、世界の衛生課題をミクロの視点から解決します。

◆ 会社概要

企業名 アクアシステム株式会社
所在地 群馬県前橋市富士見町田島191-1
代表者名 代表取締役社長 狩野 清史
設立年 1986年5月19日
URL https://www.mil-kin.com/

「未来2017」ファイナリストの日本美食株式会社が、株式会社JTBはインバウンド分野における決済インフラの整備や地域観光資源の海外PRの拡大に向けた提携を行うことに合意し、JTBによる日本美食への資本参加ならびに両者間での業務提携契約を締結しました。

詳細は以下をご覧ください。
株式会社JTBニュースリリース : JTBと日本美食マルチスマホ決済やインバウンド集客の事業連携を目的とした資本業務提携契約を締結(2019年9月10日)

◆ 事業概要

日本美食ガイド予約決済サービス
今後増えるインバウンド観光客を迎え入れるために海外の言語に対応したインバウンドの飲食アプリです。アプリに検索機能・コンシェルジュ機能・決済機能をもたせることで旅行前中に好きなお店を予約いただけるようにします。

◆ 会社概要

企業名 日本美食株式会社
所在地 東京都千代田区霞が関3−3−2 新霞ヶ関ビルディング 1801C号室
代表者名 CEO 董 路
設立年 2015年12月
URL https://www.japanfoodie.jp/

「未来2018」のファイナリストのプランティオ株式会社の取組み(世界初のIoT+AIコミュニティファーム『SUSTINA PARK EBISU PRIME』)がNHKの人気番組「首都圏情報 ネタドリ!」で採り上げられました。

詳細については以下をご覧ください。
NHK 首都圏情報 ネタドリ!「絶景?リゾート?都心の屋上が大人気!」(2019年9月6日)

◆ 事業概要

「ひとりひとりがPersonal Farmerとなり、”食と農”をライフスタイルの中心にするエンターテインメント&コミュニティ栽培サービスの提供」
ひとりひとりがPersonalFamerとなり、みんなでたのしく野菜栽培をするCrowd Farmingサービス。既存の農業のみに頼るのではなく、IoTによる集合知(AI)やコミュニティのサポートで誰もが安心安全の野菜を自身でも育てることができる”Social Grow our own”の世界を提案します。

◆ 会社概要

企業名 プランティオ株式会社
所在地 〒659-0024 東京都 港区 北青山 2-9-5, スタジアムプレイス青山 7F
代表者名 CEO 芹澤 孝悦
URL https://www.plantio.co.jp//

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社iCAREが、物流、運送、トラック、倉庫、ロジスティクスの専門新聞『物流Weekly』に記事が掲載されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社iCAREwebサイト:物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門誌『物流Weekly』に取材記事が掲載されました。(2019/9/9)

 

◆ 事業概要

チャットで健康問題を相談・解決できる、企業と従業員のためのオンライン保健室サービス「carely」
iCAREは、企業の健康管理業務を効率化し生産性の高い職場環境作りを支援するHRTechサービスを開発・提供しています。グローバルに事業展開する日本法人から、IPOを目指すスタートアップまで幅広いお客様にご利用いただいています。

 

◆会社概要

会社名 株式会社iCARE
所在地 東京都渋谷区円山町10番18号マイキャッスル渋谷JP 203
代表者名 代表取締役 CEO 山田洋太
設立年月日 2011年6月
URL https://www.icare.jpn.com/

マネーツリー株式会社は、2019年9月5日、駐日英国大使館 国際通商部およびスコットランド国際開発庁が、グローバルなサービスを提供する日本のフィンテック企業を対象に審査を行った「Future of Financial Services Award」を受賞しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
マネーツリー、英国大使館による「Future of Financial Services Award」を受賞(2019年9月6日)

◆ 事業概要
「MT LINK-ファイナンスデータのクラウドサービス」
MT LINKは、Moneytreeが提供する、国内2,000社以上の金融機関(銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイント)から、明細データを自動的に取得できるサービスです。銀行口座は、普通口座、定期口座に加え、電子証明書を必要とする法人口座への対応数も既に900行を超え、国内第1位です。連携会社は、弥生、TKC、大日本印刷を始めとする6社で、業界のスタンダードになっています。

◆ チーム概要

チーム名 マネーツリー株式会社
所在地 東京都渋谷区神宮前3-27-15 FLAG 2L
代表者名 ポール・チャップマン
設立年 2012年
資本金 13.3 億円(資本準備金を含む)
従業員数
URL https://moneytree.jp/

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社チャレナジーの取組みがBloombergで紹介されました。

9月末に開催される国連総会に合わせて日本のグローバル課題に取り組む先進的な企業が取り上げられており、チャレナジーもその一企業として掲載され、おなじみの垂直軸型マグナス式風力発電機がポップなイラストと短い動画で紹介されています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社チャレナジーホームページ米メディア Bloombergでの日本政府コンテンツ内でチャレナジーが紹介されました。(2019年9月6日)

 

◆ 事業概要

弊社が開発している「垂直軸型マグナス式風力発電機」は、風速・風向の激しい変化に適応し、台風でも安定して発電できる「プロペラのない」風力発電機です。2020年の東京オリンピックまでに実用化し、台風の被害を受けやすい日本やフィリピンの離島などにおける電源確保の課題を解決します。さらに、大型化していくことで再生可能エネルギーの普及を促進し、世界的なエネルギーシフトを実現します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社チャレナジー
所在地 東京都墨田区横川1-16-3 センターオブガレージ
代表者名 代表取締役CEO 清水 敦史
設立年月日 2014年10月1日
URL https://challenergy.com/

「未来2018」のファイナリストの株式会社T-ICUが、日本マイクロソフト株式会社(以下、マイクロソフト)が主催する「Microsoft Innovation Lab Award 2019」のピッチコンテストにおいて最優秀賞を受賞しました。また、併せてスポンサー賞として、「株式会社PR TIMES賞」「株式会社パソナ・グループ賞」も受賞しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社T-ICUプレスリリース: T-ICU Microsoft Innovation Lab Award 2019で最優秀賞その他受賞! (2019年9月2日)

◆ 事業概要

「専門医チームによる遠隔集中治療支援ソリューションの提供」
集中治療専門医チーム「T-ICU」が、遠隔システムを用いて24時間体制で患者情報をモニタリング、早期的確な治療方法を提案することで、地域・施設・時間に関係なく質の高い集中治療が提供できる環境作りをサポートします。
医療現場の働き方改革、労務改善にも貢献しています。

◆ 会社概要

企業名 株式会社T-ICU
所在地 〒659-0066 兵庫県芦屋市大桝町3-13
代表者名 代表取締役 中西 智之
設立年 2016年
URL http://t-icu.co.jp/

 

「未来2019」ファイナリストのアクアシステム株式会社が、地元群馬県内のエンジェル投資家を含む、6名の個人資家よりJ-KISS型新株予約権方式による資金調達を実施しました。

詳細はこちら
アクアシステム株式会社ニュースリリース:エンジェル投資家からの資金調達について(2019年8月13日付)

◆ 事業概要

リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発
『世界中から食中毒や感染症をなくす』をビジョンに掲げ、リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発しました。
微生物の知識がなくても、そのリスクや衛生状態がリアルタイムにわかる新しいスクーリニングツールです。『mil-kin(見る菌)』で取得した映像をAIやディープラーニングで解析し、世界の衛生課題をミクロの視点から解決します。

◆ 会社概要

企業名 アクアシステム株式会社
所在地 群馬県前橋市富士見町田島191-1
代表者名 代表取締役社長 狩野 清史
設立年 1986年5月19日
URL https://www.mil-kin.com/

「未来2017」ファイナリストの株式会社Ciamoの取り組みが熊本日日新聞に掲載されました。
株式会社Ciamoは焼酎粕を利用して光合成細菌を培養するキットの製造と販売を行っています。

詳細については、下記をご参照ください。
時事ドットコム 「【令和に咲く】焼酎粕研究、地元に貢献 光合成細菌、農家向け販売 大学院生でベンチャー企業社長・古賀碧さん(熊本市)」(2019年8月9日公開)

◆ 事業概要

「焼酎粕を利用した『光合成細菌』の培養キットの製造・販売」
付加価値の低い焼酎粕を利用して農水畜産業分野や医薬品などで利用されている光合成細菌を培養するキットを製造・販売しています。これにより、焼酎粕の処理問題を解決し、光合成細菌培養におけるコストを削減します。
培養キットをアジアのエビ養殖へ利用することで、生産量の安定化、環境問題の解決を実現します。

◆ 会社概要

会社名 株式会社Ciamo
所在地 熊本市西区池田4丁目22番地1号 崇城大学池田キャンパスG号館2階207
代表者名 古賀 碧
設立年 2018年4月23日
URL http://ciamo.co.jp/
未来2017にて日本総研賞を受賞した株式会社エイシング、未来2019にてロボット・AI・IoT部門最優秀賞のEAGLYS株式会社は、東京都が主催する、都内起業家の世界展開を後押しするプログラム(X-HUB TOKYO)の第1期モビリティコース採択されました。
本プログラムは、グローバル企業との協業を目標にプログラムを設定し、事前トレーニングや連携グローバル企業(今期はBMW)とのマッチングを通じて、世界展開を行う際に必要となるパートナーの獲得を目指します。
支援先企業には、ビジネス専門家と知財専門家からなる「知財メンタリングチーム」が派遣され、事業を加速する知財戦略の構築支援が行われます。詳しくは以下をご覧ください。
東京都リリース:X-HUB TOKYO GLOBAL STARTUP ACCELERATOR 第1期モビリティコースの採択企業が決定(2019年8月5日付)

 

◆企業詳細

株式会社エイシング(未来2017日本総研賞)
EAGLYS株式会社(未来2019ロボット・AI・IoT部門最優秀賞)

未来2017にて日本総研賞を受賞した株式会社エイシング、未来2017ファイナリストの株式会社セツロテックが、特許庁のスタートアップの事業を知財で加速させる知財アクセラレーションプログラム「IPAS2019」第一期支援先企業に選定されました。支援先企業には、ビジネス専門家と知財専門家からなる「知財メンタリングチーム」が派遣され、事業を加速する知財戦略の構築支援が行われます。

詳しくは以下をご覧ください。
経済産業省2019年度知財アクセラレーションプログラム「IPAS2019」第一期支援先10社を決定しました!(2019年8月8日付)

 

◆企業詳細

株式会社エイシング(未来2017日本総研賞)
株式会社セツロテック(未来2017ファイナリスト)

「未来2018」のファイナリストの株式会社T-ICUが、Beyond Next Ventures株式会社を筆頭として、栖峰投資ワークス株式会社、みなとキャピタル株式会社、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社などが運用するファンド、株式会社ターン・アラウンド・マネジメント、などを引受先とする第三者割当増資を実施し、総額138,600,000円の資金調達しました。

調達した資金を用いて、T-ICUが提供する遠隔集中治療ソリューション開発を加速化するとともに、積極的な事業展開を行い、全国のみならず海外も視野に入れて遠隔集中治療支援ソリューションを普及させていく、とのことです。

また、Beyond Next Ventures株式会社は、未来2019より審査員を務め、また企業賞を提供するなど、アクセラレーションプログラム「未来」をサポート頂いております。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社T-ICUプレスリリース: T-ICUが、Beyond Next Venturesなどから総額1.38億円の資金調達を実施 (2019年7月31日)

◆ 事業概要

「専門医チームによる遠隔集中治療支援ソリューションの提供」
集中治療専門医チーム「T-ICU」が、遠隔システムを用いて24時間体制で患者情報をモニタリング、早期的確な治療方法を提案することで、地域・施設・時間に関係なく質の高い集中治療が提供できる環境作りをサポートします。
医療現場の働き方改革、労務改善にも貢献しています。

◆ 会社概要

企業名 株式会社T-ICU
所在地 〒659-0066 兵庫県芦屋市大桝町3-13
代表者名 代表取締役 中西 智之
設立年 2016年
URL http://t-icu.co.jp/

「未来2018」ファイナリストのエレファンテック株式会社が、セイコーエプソン株式会社と資本業務提携を実施、インクジェットヘッド供給などでパートナーシップ契約を締結しました。

エプソンからの出資を受け入れることにより、「新しいものづくりの力で、持続可能な世界を作る」という企業ミッションの実現に向け、インクジェットによるフレキシブル基板製造事業の拡大と、立体樹脂上への配線形成やバイオ材料の印刷など、その応用範囲を広げる開発・市場開拓を実現を目指す、とのことです。

詳細は以下をご覧ください。
エレファンテック株式会社ニュースリリース : エプソンと東大発スタートアップ企業エレファンテックが資本業務提携(2019年7月30日)

◆ 事業概要

プリンテッド・エレクトロニクス製造技術の開発、サービス提供
電子回路は、「銅箔の不要な部分を溶かして残った部分が配線になる」エッチング法でつくられてきましたが、「必要なところだけ金属を印刷する」技術をエレファンテックが世界で初めて実現しました。試作コストは1/10に、量産にも対応でき、何より製造につきものの「ロット」「初期費用」という概念からメーカーを解放しました。産業機械メーカーでの量産採用もあり、自社工場も拡張し、拡大フェーズに突入しています。

◆ 会社概要

企業名 エレファンテック株式会社
所在地 東京都中央区八丁堀四丁目3番8号
代表者名 代表取締役 清水信哉
設立年 2014年 1月(2017 年 9 月 4 日にAgIC株式会社からエレファンテック株式会社に商号変更)
URL https://www.elephantech.co.jp

「未来2018」ファイナリストのストックマーク株式会社の有馬CTOのインタビュー記事がマイナビAGENTの「次代を担うスタートアップ企業の中核者達」に掲載されました。

詳細は以下をご覧ください。
ストックマーク株式会社ニュースリリースス【メディア掲載】マイナビAGENT:CTO 有馬インタビュー「次代を担うスタートアップ企業の中核者」(2019年7月30日)

◆ 事業概要

Anews/AIがチームに最適なWEBニュースを毎日配信
最先端の自然言語処理の研究をベースに、組織の情報共有・ナレッジシェアを効率化するWebニュースプラットフォーム「Anews」、大量のテキストデータから経営の戦略的意思決定を強力にサポートする「Astrategy」、営業戦略支援サービス「Asales」を提供しています。

◆ 会社概要

企業名 ストックマーク株式会社
所在地 東京都港区南青山一丁目12番3号
代表者名 代表取締役CEO 林 達
設立年 2016年11月15日
URL https://stockmark.ai/

「未来2019」ファイナリストのエディットフォース株式会社が、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)、国立研究開発法人新エネルギー・産業総合開発 機構(NEDO)が主催する「大学発ベンチャー表彰 2019」において、支援企業の KISCO 株式会社、支援大学の国立大学法人九州大学とともに「科学技術振興機構理事長賞」を受賞いたしました。

表彰式は東京ビッグサイトで開催される「イノベ ーション・ジャパン 2019(会期:2019年8月29日(木)〜30 日(金))」内メインセミナー会場において 8 月29日(木) 14時30分から行われ、当社取締役の中村崇裕が受賞者ピッチに登壇いたします。 また「イノベーション・ジャパン 2019」開催期間中は、大学発ベンチャー表彰 2019 受賞者展示ゾーンにて企業展示も行いますのでぜひお立ち寄り下さい。

詳細については、下記URLをご参照ください。
エディットフォース株式会社ニュースリリース大学発ベンチャー表彰2019 「科学技術振興機構理事長賞」受賞のお知らせ(2019年7月29日)

 

◆ 事業概要

独自のDNA、RNA編集技術を用いたバイオ産業への展開strong>
植物由来のPPR(Pentatrico-Peptide Repeat)技術を利用した日本発のDNA/RNA分子操作技術を用いて、欧米発のみで形成されているDNA編集技術の1兆円市場におけるシェア獲得を目指すとともに、世界初のRNA操作技術で新たな市場を形成してまいります。

 

◆会社概要

会社名 エディットフォース株式会社
所在地 福岡県福岡市中央区天神1-9-17 福岡天神フコク生命ビル4階
代表者名 小野 高
URL https://www.editforce.jp/

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社iCAREが、企業と従業員のためのオンライン保健室サービス「carely」をライフネット生命が導入、事例として公開されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社iCAREwebサイト:ライフネット生命保険株式会社様のCarely導入事例を公開しました。(2019/7/30)

 

◆ 事業概要

チャットで健康問題を相談・解決できる、企業と従業員のためのオンライン保健室サービス「carely」
iCAREは、企業の健康管理業務を効率化し生産性の高い職場環境作りを支援するHRTechサービスを開発・提供しています。グローバルに事業展開する日本法人から、IPOを目指すスタートアップまで幅広いお客様にご利用いただいています。

 

◆会社概要

会社名 株式会社iCARE
所在地 東京都渋谷区円山町10番18号マイキャッスル渋谷JP 203
代表者名 代表取締役 CEO 山田洋太
設立年月日 2011年6月
URL https://www.icare.jpn.com/

 

「未来2016」のファイナリストの株式会社Pyreneeが、開発中のAIドライバーアシスタント『Pyrenee Drive(ピレニードライブ)』(自動車に後付けし、ヒューマンエラー(発見の遅れや判断の誤り)による事故を減らす)について、シャープ株式会社とハードウェアの量産に関する支援協定を締結しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社Pyreneeプレスリリース: 自動車事故削減を目指し開発中のAIドライバーアシスタント『Pyrenee Drive(ピレニードライブ)』量産体制構築(2019年7月25日)

◆ 事業概要

「交通事故を防止する運転支援デバイス(自分の車に簡単取付可能)」
既存の車に簡単に取り付けられ、社外の交通状況を常にモニターし、事故の危険をいち早くドライバーに知らせることによって事故を防止する運転支援システムを開発し、安価で販売する事により死者や負傷者を大きく減らす事を目指しています。

◆ 会社概要

企業名 株式会社Pyrenee
所在地 東京都千代田区神田練塀町3 フジソフト秋葉原ビル12階 DMM.make Akiba 1013-13
代表者名 代表取締役 三野 龍太
設立年月 2016年1月
URL https://www.pyrenee.net/

「未来2018」ファイナリストの株式会社バックテックは、株式会社日本総合研究所が実施しているJRIレビューにおいて、2019年7月26日に公表されました「デジタルで変容するヘルスケアビジネスとわが国の課題」に取組事例が紹介されました。

詳細はこちらをご覧ください。
日本総合研究所:JRIレビュー「デジタルで変容するヘルスケアビジネスとわが国の課題」(2019/7/26)

◆ 事業概要

社員の生産性向上を目的とした腰痛対策アプリ“ポケットセラピスト”
健康経営の取り組みが盛り上がる中で、企業の生産性低下の原因の第1位は腰痛ということが医学研究により明らかになっています。ポケットセラピストは、この腰痛という課題に対してアプリを通してアプローチすることで、いつでもどこでも腰痛に関わる課題の解決が可能になる健康経営支援サービスです。
さらに、京都大学大学院医学研究科での研究実績をもとに、企業の生産性低下やコスト損失額の可視化も同時にサポートしています。

◆ 会社概要

企業名 株式会社バックテック
所在地 <京都本社>京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町680-1
<東京サテライト>東京都渋谷区代々木2-26-2 第二桑野ビル2-D
代表者名 代表取締役社長 福谷 直人
設立年 2016年4月
URL https://www.backtech.co.jp/

「未来2018」ファイナリストの株式会社ZAICOは、理化学機器の休眠資産化・廃棄を防ぐオンラインリユースマーケット「ZAI」の提供を本格始動、日本経済新聞に取り上げられました。
「ZAI」により、既存顧客だけでなく、新たにご利用頂く研究者を増やすことで、日本全体における理化学機器の流動性を更に高め、研究格差の是正、科学研究費用の削減、地球環境の保全に貢献します。

株式会社ZAICOプレスリリース:「ZAI」本格始動開始(2019年7月26日)
日本経済新聞記事:ウェブで理化学機器の中古販売を仲介 (2019年7月26日)

◆ 事業概要

在庫管理から始まるB2B取引革命
在庫最適化は企業の業績に直結する重要な問題です。この在庫最適化には「在庫の効率的かつ正確な把握」「広域的な在庫情報の共有」「企業間取引のスムーズ化」の3つが必要だと考えています。私たちはクラウド在庫管理サービスZAICOを開発し、既に5万人のユーザーが利用しています。これを進化させ、企業間で在庫情報を共有して取引までできるB2Bネットワークを構築し、在庫管理とB2Bに革命を起こします。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ZAICO
所在地 山形県米沢市大字花沢331番地
代表者名 代表取締役 田村壽英
設立年 2016年10月18日
URL https://www.ibody.co.jp/

「未来2017」ファイナリストの株式会社チャレナジーは、既に2019年4月にプレスリリースで公表済みの約5億円の資金調達と合わせて、2019年7月に今回ラウンドで総額約6億円の資金調達を完了しました。
今回ラウンドにおいて、事業会社との連携を強化し、沖縄県石垣島で実証実験中である定格出力10kW機の改良、フィリピンで予定されている量産機の建設、2020年の量産販売開始に向けたサプライチェーンの構築などを進めていくとのことです。

詳細については、下記URLをご参照ください。
【プレスリリース】量産機販売に向けた総額約6億円の資金調達完了及び事業連携強化のお知らせ(2019年7月23日)

 

◆ 事業概要

弊社が開発している「垂直軸型マグナス式風力発電機」は、風速・風向の激しい変化に適応し、台風でも安定して発電できる「プロペラのない」風力発電機です。2020年の東京オリンピックまでに実用化し、台風の被害を受けやすい日本やフィリピンの離島などにおける電源確保の課題を解決します。さらに、大型化していくことで再生可能エネルギーの普及を促進し、世界的なエネルギーシフトを実現します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社チャレナジー
所在地 東京都墨田区横川1-16-3 センターオブガレージ
代表者名 代表取締役CEO 清水 敦史
設立年月日 2014年10月1日
URL https://challenergy.com/

 

「未来2019」ファイナリストのPIAZZA株式会社が西日本旅客鉄道株式会社 近畿統括本部 神戸支社は、地域SNSアプリ「PIAZZA」を活用して、鉄道沿線におけるデジタルプラットフォームを構築し、沿線コミュニティの活性化と新たなサービス創出を目指した連携を開始しました。
関西では初のオープンとなった「兵庫区エリア」に続いて、2019年7月23日から本アプリ内に「三ノ宮・元町・神戸エリア」をオープンしました。

詳細は下記URLをご参照ください。
PIAZZA株式会社プレスリリース関西初!JR西日本と地域SNSアプリ「PIAZZA」が連携しJR神戸線の新たなコミュニティ形成に取り組みます(2019年7月23日)

◆ 事業概要

「地域SNS「PIAZZA」」
街の人・モノ・情報が流通するデジタルプラットフォームの開発運営。地域コミュニティを創ることで、街のリソースを可視化・マッチングすることを実現。

◆ 企業概要

企業名 PIAZZA株式会社
所在地 東京都中央区勝どき3-6-7 602
代表者名 代表取締役 矢野 晃平
設立年 2015年5月
URL https://www.lp.piazza-life.com/

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)のアルゴリズム「DBT」のArm Cortex-A実装についてMONOistに掲載されました。

詳細は、以下をご覧ください
MONOist自律学習可能な組み込みAIが「Cortex-Aシリーズ」への実装に対応(2019年7月22日付)

 

◆ 事業概要

「エッジデバイスに実装可能なエッジAIアルゴリズムの研究開発とライセンス提供」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題があります。
そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree:DBT)が持つパラメータ調整不要な特性(世界初)と、低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積した
ビッグデータおよび様々な機械制御において安価なデバイスでもスタンドアローンで学習を実現し、エッジデバイス自身がより賢くなることをサポートします

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
URL https://www.aising.jp/

 


「未来2019」ロボット・AI・IoT部門最優秀賞を受賞したEAGLYS株式会社が、「Forbes JAPAN Rising Star Community」のキックオフイベント「Forbes JAPAN Rising Star Meet-up」に参加。創業3年以内のスタートアップ約300社からピッチイベントで選抜され、EAGLYSを含む3社が「Forbes JAPAN Rising Star Award」を受賞しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
EAGLYS株式会社日秘密計算×AIのEAGLYS、Forbes JAPAN Rising Star Award受賞!(2019年7月20日)

 

◆ 事業概要

「暗号化したままデータ分析・AI処理ができる秘密計算プラットフォーム『DataArmor™』」
詳細なデータ分析、高精度なAIモデル構築を行うためには、秘匿処理をされていない純度の高いデータ、複数のデータベースをまたいだビッグデータの利活用が必要です。企業がより簡単に安心・安全にデータを扱えるように、EAGLYSは量子耐性の暗号技術を用いて、データをセキュアに集積・統合し、それらを暗号化したまま分析・AIを行う秘密計算プラットフォームを開発しています。

 

◆会社概要

会社名 EAGLYS株式会社
所在地 東京都渋谷区代々木1-55-14内海ビル301
代表者名 今林 広樹
設立年月日 平成28年12月28日
URL https://eaglys.co.jp//

 

「未来2016」でフィンテック部門賞を受賞したドレミング株式会社は、日本ユニシス株式会社と「デジタルマネーによる給与支払い」を実現するサービス提供に向けた協業の基本合意に至りました。
ドレミングは「e-wallet」導入企業の開拓、日本ユニシスは電子マネー発行体やQR決済事業者など既存決済事業者の開拓・連携を担い、双方連携の上、新たなサービス立ち上げに向けた活動を展開してまいります。

詳細については、下記URLをご参照ください。
日本ユニシス・ドレミング共同リリース日本ユニシス、ドレミング「デジタルマネー給与支払いサービス」に関する協業合意について(2019年7月22日)

◆ 事業概要
「世界初給与担保の決済システム『Payming』」
「働いている人誰もが決済手段を利用できる世界を作りたい」銀行口座を持っていなくても働いた分の給与を担保に買物ができる世界初となる決済サービスです。
HP(人事・勤怠・給与)プラットフォームから、決済手段を提供し生活の安定に寄与します。またビッグデータにより経済好循環を創出、世界の貧困格差を減らす一助となることを目指します。

◆ チーム概要

チーム名 ドレミング株式会社(Doreming Co.,Ltd.)※ドレミングアジアからドレミング株式会社へ社名変更
所在地 福岡市中央区天神1丁目15番35号 レンゴー福岡天神ビル6F
代表者名 代表取締役CEO 桑原 広充
設立年 2015年
資本金 9,000万円(資本準備金含む)
従業員数
URL http://www.doreming.com/ja/

 

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社の研究開発テーマ「臨床現場での意思決定を支援する人工知能基盤の開発」がNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)のAIに関する技術開発事業に採択されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
NEDOニュースリリースAIの信頼性に関する技術開発事業で新たに8件のテーマを採択(2019年7月17日)
サスメド株式会社ホームページNEDOのAIに関する技術開発事業として弊社の研究テーマが採択されました(2019年7月17日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-11-5
代表者名 上野 太郎
設立年 2016年
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社キャスターがクリエイターのための総合情報サイト「CREATIVE VILLAGE」に掲載されました。
経営者にとってのリモートワークのメリットや弊社がボーダレス組織を提唱する理由について掲載されています。

詳細、及びインタビュー記事については、下記URLをご参照ください。
株式会社キャスタープレスリリースリモートワークとボーダレス組織から考える、理想の働き方は「仕事の歯磨き化」? (2019年7月16日)

 

◆ 事業概要

弊社が提供するCASTER BIZ(以下キャスタービズ)は、オンラインアシスタントサービスです。メッセージひとつで、いつでもどこでもお客様のご依頼に対応いたします。キャスタービズのアシスタントは、人事、経理、総務といった主なバックオフィス全般をはじめ、マーケティング、デザイン、翻訳といった、さまざまな業務を代行します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社キャスター
所在地 東京都渋谷区神宮前6-12-18
代表者名 代表取締役 中川祥太
設立年月日 2014年9月
URL https://caster.co.jp/

 

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社の上野代表のインタビュー記事が、Medical Communication 2019年夏号に掲載されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
Medical Communication 2019年夏号
サスメド株式会社ホームページMedical Communicationに上野のインタビューが掲載されました

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-11-5
代表者名 上野 太郎
設立年 2016年
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2019」ファイナリストのおもいやりデザイン合同会社の取組(おもいやりデザイン)がIT融合新産業の好例として、日刊工業新聞に取り上げられました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
日刊工業新聞 おもいやりデザイン、疾病ごとに配慮情報 飲食・ホテル向け提供(2019年7月10日)

 

◆ 事業概要

障がいや病気などにより配慮が必要な人にどのような配慮、対応をすればよいか人や場所、ものに関する、他社にはないデータを保有しています。そのデータをベースとし、必要な配慮がすぐに検索できる「おもいやり 検索」と、配慮してほしい人がホテルや飲食店など公共の場で快適に過ごすことをサポートする「おもいやり 相談」の開発を進めています。「おもいやり 相談」はすでに大手鉄道会社など4社に採用されています。自社の顧客や従業員が何らかの配慮特性を持っている場合に、企業側が気遣いのある応対ができるように、従来のマニュアルやデータベースなどの情報検索に加えて、日本中から収集した疾病別の配慮情報を表示するなど、ロングテールで複雑化する顧客や従業員の多様性ニーズに対応可能な情報支援システムの開発販売を行っています。本サービスの拡大を通じて、経済活動におもいやりをプラスすることで、働く人、利用する人が幸せになる社会の実現をめざします。

◆会社概要

会社名 おもいやりデザイン合同会社
所在地 大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階 GVH大阪内
代表者名 代表CEO 山本 高史
設立年月日 2018年9月20日
URL http://omoiyari-design.co.jp/

 

「未来2016」ロボット・AI部門 優秀賞を獲得したコグニティ株式会社が株式会社スマートウィルと新サービス「AIスマートトーク」をリリースしました。

「AIスマートトーク」はアパレル販売スタッフの接客スキル向上を支援するトーク診断サービスです。
同じアパレル販売でも扱う商品が変われば、お客様に響くトークも変わります。
ハイパフォーマーとローパフォーマーのトークの差を見える化し、各社の販売スタッフが目指すべき独自のトークモデルを作成します。
スタッフ一人ひとりのトークを記録してハイパフォーマーと比較し、改善ポイントをレポートで示して接客スキル向上を支援します。

詳細は以下をご覧ください。
コグニティ株式会社プレスリリース株式会社スマートウィル様と新サービス「AIスマートトーク」をリリースしました。(2019年7月8日)

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除くためのソフトウェア開発」
独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。
12000本を超える解析結果データベースを使って、営業トーク・プレゼンテーション・会議等の好成績者・チームの傾向をモデル化し、定量的に比較評価する解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」を提供。

◆ 会社概要

企業名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32 富田ビル802号室
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 295,252,000円(資本準備金含む)
従業員数 190名(2019年5月現在・解析業務委託150名含む)
URL http://cognitee.com/

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカンは、中国の大手不動産デベロッパー万科企業とマイクロソフト社が中国杭州で合同開催したピッチコンテストに参加、The Best Creativity Awardを受賞しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
プレスリリース:バカン、中国不動産デベロッパー主催イベントでThe Best Creativity Award受賞(2019/7/9)

 

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

 

◆会社概要

会社名 株式会社バカン
所在地 〒162-0824東京都新宿区揚場町2番20号嶋田ビル5F
代表者名 代表取締役社長 河野 剛進
設立年月日 2016年6月8日
URL https://www.vacancorp.com

 


「未来2019」ロボット・AI・IoT部門最優秀賞を受賞したEAGLYS株式会社が、駐日ルクセンブルク大使館にて開催されるイベント
「日経xルクセンブルク イノベーションミートアップ『欧州テックイベント参加の先にある世界』」に登壇します。

5月にルクセンブルクで開催された同国最大規模の世界的テックイベント「ICT SPRING EUROPE2019」にてサイバーセキュリティ分野で優勝を果たしたEAGLYSは、昨年の「ICT SPRING EUROPE2018」の優勝者の合同会社Empath、今年特別賞を受賞したウミトロン株式会社、ジョージ・アンド・ショーン合同会社、合同会社Yspace、共に競った株式会社Spiral、そして、ICT SPRING キーノート参加のLINE株式会社と共に登壇いたします。

詳細については、下記URLをご参照ください。
日経xルクセンブルク イノベーションミートアップ 「欧州テックイベント参加の先にある世界」〜(2019年7月7日)

 

◆ 事業概要

「暗号化したままデータ分析・AI処理ができる秘密計算プラットフォーム『DataArmor™』」
詳細なデータ分析、高精度なAIモデル構築を行うためには、秘匿処理をされていない純度の高いデータ、複数のデータベースをまたいだビッグデータの利活用が必要です。企業がより簡単に安心・安全にデータを扱えるように、EAGLYSは量子耐性の暗号技術を用いて、データをセキュアに集積・統合し、それらを暗号化したまま分析・AIを行う秘密計算プラットフォームを開発しています。

 

◆会社概要

会社名 EAGLYS株式会社
所在地 東京都渋谷区代々木1-55-14内海ビル301
代表者名 今林 広樹
設立年月日 平成28年12月28日
URL https://eaglys.co.jp//

 

「未来2019」でGAPグラント”MIRAI”授与先であるAssistMotion株式会社が国立研究開発法人日本医療研究開発機構の「ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)」に採択されました。
介護現場のニーズに基づいて、介護の質を向上し自立を支援するロボット介護機器の開発を行います。

詳細は下記URLをご参照ください。
AssistMotion株式会社ホームページ「令和元年度 「ロボット介護機器開発・標準化事業(開発補助事業)」に採択」(2019年7月1日)

◆ 事業概要

「超高齢化社会を救う、人に優しい“着る”ロボット」
衣服感覚で着ることのできるロボティックウェアcuraraは、自然な動きを補助することができるウェアラブルな歩行アシストロボットである。股関節と膝関節の動作を補助し、総重量が5kgと軽量で、着脱が1分で可能である。高齢者が持つ「以前のように歩ければなあ!」という強い思いに応えること目指している。来年(2019年)よりcuraraのモニター販売を開始する予定で、その準備を進めている。

◆ 企業概要

企業名 AssistMotion株式会社
所在地 長野県上田市踏入2丁目16-24 信州大学オープンベンチャー・イノベーションセンター(OVIC) 2階 206号室
代表者名 代表取締役 橋本 稔
設立年 2017年1月4日
URL http://assistmotion.jp/

「未来2019」企業賞を受賞したデフォガ(名古屋工業大学)が、「曇らない社会を実現」海岸に生息するフナムシの構造を模倣した技術を活用したユニークな新事業創出プロジェクトに取り組んでいる。
詳細については、下記URLをご参照ください。
中部経済新聞:名古屋工業大学の生体模倣技術に注目 フナムシで新事業創出(6月8日)

◆ 事業概要

生態模倣技術応用の防曇材
フナ虫の脚部構造とナビブ砂漠甲虫の結露現象 ⇒生体模倣技術(特許取得済)を使って、永く解決が待たれていた完全な曇止め(マスクをしてもメガネを曇らせない!)を実現します。今までの 曇止めを塗り直す そんな手間が必要ない微細物理構造は、自動車フロントガラスへ応用可能。この基本特許を基に、コンビニ弁当蓋、砂漠灌漑、広い水膜形成と事業分野を広げて行きます。

◆ 団体概要

団体名 デフォガ(国立大学法人 名古屋工業大学)
所在地 名古屋市昭和区御器所町
代表者名 佐藤 久美
URL https://www.nitech.ac.jp/research/index.html
「未来2018」メディカル・ヘルスケア部門最優秀賞に輝いた あっと株式会社が毛細血管測定ができる薬局などの検索が可能なアプリ「血管ナビ」の正式リリースを2019年7月3日より開始した。

■「血管ナビ」ができること
・毛細血管測定ができる店舗の検索
・アプリユーザー個人の毛細血管画像蓄積
・同世代との健康度の比較・蓄積画像から経時変化の確認

詳細はこちらをご覧ください
あっと株式会社プレスリリース“毛細血管による健康増進アプリをリリース”

アプリのダウンロードはこちら“App Store”

◆ 事業概要

毛細血管スコープ「血管美人」の製造販売
会社設立以来、すでに約800台を販売しています。大手サニタリー企業の商品開発部門では商品の効能評価用として採用され、製品の普及活動として展示会や学会への出展を実施しています。 また、次期製品(毛細血管状態の数値化システム)の事業化に向けて、大阪大学医学系研究科等との共同研究も行っています。

◆ 会社概要

企業名 あっと株式会社
所在地 【大阪本社】大阪市中央区今橋2-2-17 今川ビル3F
代表者名 武野 團
設立年 2009年11月
URL https://kekkan-bijin.jp/

「未来2017」で三井住友海上保険スマートハウス賞を受賞したHOMMA.Inc.の取り組みがキャナルベンチャーズnewsに取り上げられました。

詳細は、以下をご覧ください。
キャナルベンチャーズ株式会社webサイトnews 「住宅イノベーションを起こし、人の生活を未来に変えていく」(2019年7月1日)

◆ 事業概要

「シリコンバレー発、未来の生活を実現するスマートホーム事業」
米国の新築戸建住宅販売の約9割を占める建売住宅は画一され、品質、デザイン、テクノロジー、サービス面でイノベーションから取り残されている市場に、HOMMAが持つデザイン性と技術力、そして日本の住宅関連産業の誇る素材や製品とのコラボレーションすることで、今までになかった住生活の実現を目指します。

◆ 会社概要

会社名 HOMMA,Inc.
CEO 本間 毅
設立年 2016年5月
URL https://www.hom.ma/

「未来2017」に参加した株式会社トルビズオンが、The Independents Angel投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資により、総額2,500万円の資金調達を実施しました(2019/7/1)。
今回の資金調達により、上空シェアリングサービス(sora:share)の更なる拡大、ユーザビリティ向上に関する取り組みを継続して行うとのことです。

詳細は下記URLをご参照ください。
朝日新聞デジタル「「空に道をつくる」上空シェアリングサービス“sora:share”を運営するトルビズオン、Kipsより総額2,500万円の資金調達を発表~ドローン社会を見据えた空のインフラ整備を加速~」(2019年7月1日)

◆ 事業概要

「ドローン航行のための「所有地上空」シェアリングビジネス」
近年、日本でも急速にドローンの活用が普及し始めた。しかし、ドローンユーザは許可なく第三者の土地上空を飛ばすことができない。そこで我々は所有地の上空のスペースや充電ステーションを対象としたシェアリングビジネスを行い、この課題を解決する。

◆ 企業概要

企業名 株式会社トルビズオン
所在地 福岡県福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3F OnRamp
代表者名 代表取締役社長  増本 衛
設立年 2014年4月
URL http://www.truebizon.com/

「未来2016」ロボット・AI部門 優秀賞を獲得したコグニティ株式会社のサービスUpSighterが利用され、また河野代表が出演しました。

詳細は以下をご覧ください。
「NHKクローズUP現代+」「「夫婦の会話」を科学する ~不満解消の秘訣は!?~」(2019年6月25日放送)

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除くためのソフトウェア開発」
独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。
12000本を超える解析結果データベースを使って、営業トーク・プレゼンテーション・会議等の好成績者・チームの傾向をモデル化し、定量的に比較評価する解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」を提供。

◆ 会社概要

企業名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32 富田ビル802号室
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 295,252,000円(資本準備金含む)
従業員数 190名(2019年5月現在・解析業務委託150名含む)
URL http://cognitee.com/

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)の取組、及び出澤代表のインタビューが日刊工業新聞等に掲載されました。

詳細は、以下をご覧ください
ZDNet JapanエッジAIに特化するAISing–製造とクラウドの“つながり”も視野に(2019年7月2日付)
日刊工業新聞相馬眼 発掘!ユニコーン企業(20)エイシング 機械制御向けAI提供 (2019年6月19日付)
ビジネス+ITエッジAIとは何か? なぜクラウドではなく「現場近く」でのAI活用が必要なのか(2019年6月17日付)

 

◆ 事業概要

「エッジデバイスに実装可能なエッジAIアルゴリズムの研究開発とライセンス提供」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題があります。
そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree:DBT)が持つパラメータ調整不要な特性(世界初)と、低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積した
ビッグデータおよび様々な機械制御において安価なデバイスでもスタンドアローンで学習を実現し、エッジデバイス自身がより賢くなることをサポートします

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2017」ファイナリストである株式会社フードピクトの、「フードピクト」(食物アレルギーや健康上の理由、宗教戒律等により、食事の際に食材を確認しなければならない人のために開発された絵文字)が世界37の国や機関から約30,000名の参加があったG20大阪サミット、メイン会場のインテックス大阪をはじめ、関連プログラムやホテルで採用されました。
サミット会期中に提供される全てのメニューと使用食材の事前チェックから、実際の会場内レストランで掲示されたフードピクト付きメニューカードの現地監査に至るまで、食品表示のコーディネートを担当しました。

株式会社フードピクトwebサイト:「G20大阪にフードピクト採用」
神戸新聞記事「G20会場で光る兵庫の魅力 県内企業が強みPR」
FNNPRIMEニュース「「フードピクト」食材が一目で…五輪・万博控え利用拡大」

 

◆ 事業概要

「世界をつなぐ、おいしい絵文字」
言葉よりも正確なコミュニケーション手段として、世界中の人に安心をお届けする、新しい食の共通言語「FOODPICT」。誰もが食べたい料理を選べるように、食材による検索機能を実装したグルメポータルサイトから多様な食事ニーズがある消費者と飲食事業者をつなぎ、日本から世界へ新しい価値を創造します。

◆ 会社概要

会社名 株式会社フードピクト
所在地 神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル6F
代表者名 代表取締役 菊池 信孝
設立年 2009年(NPO法人インターナショクナル)
2017年(株式会社フードピクト)
資本金
従業員数
URL https://www.foodpict.com/
「未来2018」ファイナリストの株式会社ネインが、メッセージ読み上げ対応ヒアラブルデバイスZeeny (ジーニー)の完全ワイヤレスモデル『Zeeny™️ TWS』の一般販売を開始しました。
本機は、プライベートとビジネスの境目がなく常時メッセージやニュースをチェックし、事業を担っている起業家やフリーランスに代表されるセルフスターター型ビジネスパーソンの毎日を効率化する商品です。

詳細はこちらをご覧ください
株式会社ネインプレスリリース“新商品Zeeny™️TWS、本日より発売開始”(2019年6月26日付)

◆ 事業概要

アイズフリーインターネットを実現するヒアラブル開発・販売事業
音声UIを活用したヒアラブルによって、メッセージなどの通知情報を音声で読み上げ、音声認識で操作するUIを提供する。
アイズフリーで移動や作業に集中することができる。
ソフトウェアをコアにし、各社オーディオメーカー等と連携することで、グローバル展開を加速します。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ネイン
所在地 東京都渋谷区渋谷2-9-10 青山台ビル902
代表者名 代表取締役兼CEO 山本 健太郎
設立年 2014年11月7日
URL https://www.nain.jp/ja/

「未来2017」その他部門ファイナリストの株式会社Liquidが、住信SBIネット銀行の新しい銀行口座開設サービスとしてオンラインで本人確認を完結する「LIQUID eKYC」を導入しました。

「LIQUID eKYC」は、2018年11月30日付けにて施行された犯罪収益移転防止法施行規則に基づく、オンラインで本人確認を完結するeKYC(顔・写真付き本人確認書類の画像情報の送信を受ける方法(改正規則6条1項1号ホ))に対応し、スマートフォンのカメラで写真付き本人確認書類や顔を撮影するだけで本人確認が完了するものです。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社Liquidプレスリリース住信SBIネット銀行の新しい銀行口座開設サービスとしてオンラインで本人確認を完結する「LIQUID eKYC」を導入(2019年7月1日)

 

◆ 事業概要

「次世代高速生体認証を活用したIoP(Internet of Person)革命」
世界中にいる人が、何時でも何処でも何も持たずリアルタイムに生体情報だけで個人を特定・認証することができれば、サービスなどの利便性、サイバーセキュリティ、防犯、行政コストの削減など、飛躍的に社会コストを最小化しつつ、生活や暮らしの質を向上できます。加えて、従来、紙を用いていた手続の電子化が進み、省エネルギー化も可能です。

 

◆ 会社概要

チーム名 株式会社Liquid
所在地 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階 FINOLAB内
代表者名 代表取締役 久田 康弘
設立年 2013年
資本金
従業員数 50人(2017年10月現在)
URL https://liquidinc.asia/

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社キャスターがbosyu事業を分社化し、新会社「株式会社bosyu」を設立しました。
詳細、及びインタビュー記事については、下記URLをご参照ください。
株式会社キャスタープレスリリース人材募集もCtoCに キャスターがbosyu分社 (2019年7月1日)
日経電子版人材募集もCtoCに キャスターがbosyu分社 (2019年7月1日)
THE BRIDGEキャスター、カジュアル人材募集サービス「bosyu」の事業を分社化——「仕事の定義」を拡大し、今後1年間でユーザ数10倍の成長を目指す (2019年7月1日)

 

◆ 事業概要

弊社が提供するCASTER BIZ(以下キャスタービズ)は、オンラインアシスタントサービスです。メッセージひとつで、いつでもどこでもお客様のご依頼に対応いたします。キャスタービズのアシスタントは、人事、経理、総務といった主なバックオフィス全般をはじめ、マーケティング、デザイン、翻訳といった、さまざまな業務を代行します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社キャスター
所在地 東京都渋谷区神宮前6-12-18
代表者名 代表取締役 中川祥太
設立年月日 2014年9月
URL https://caster.co.jp/

 

「未来2018」のファイナリストのプランティオ株式会社の芹澤CEOのインタビュー記事が「社長を継ぐ人」がワクワクする未来を考えるコミュニティ『家業イノベーションラボ』にが掲載されました。

詳細については以下をご覧ください。
家業イノベーションラボ「野菜を中心に循環する世界を目指して 」 プランティオ株式会社 CEO/芹澤孝悦さん(2019年6月26日)

◆ 事業概要

「ひとりひとりがPersonal Farmerとなり、”食と農”をライフスタイルの中心にするエンターテインメント&コミュニティ栽培サービスの提供」
ひとりひとりがPersonalFamerとなり、みんなでたのしく野菜栽培をするCrowd Farmingサービス。既存の農業のみに頼るのではなく、IoTによる集合知(AI)やコミュニティのサポートで誰もが安心安全の野菜を自身でも育てることができる”Social Grow our own”の世界を提案します。

◆ 会社概要

企業名 プランティオ株式会社
所在地 〒659-0024 東京都 港区 北青山 2-9-5, スタジアムプレイス青山 7F
代表者名 CEO 芹澤 孝悦
URL https://www.plantio.co.jp//

「未来2017」ファイナリストのアースアイズ株式会社の取り組みが朝日新聞などのメディアに掲載されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
朝日新聞デジタル:シンギュラリティーにっぽん 第1部・未来からの挑戦:12 AIの目、忍び寄る監視社会(2019/6/30)
×AI(カケルAI):AIで万引きを抑止するメカニズム(2019/5/23)
朝日新聞デジタル:万引き対策にもAI キョロキョロして怪しい→すぐ通知(2019/5/9)

 

◆ 事業概要

アースアイズプロジェクト
AI五感カメラで事件事故を未然に防ぎ、世界を安全で安心な方向に進めるビジネスモデル

 

◆会社概要

会社名 アースアイズ株式会社
所在地 東京都港区浜松町1-2-1 No.R浜松町ビル五階
代表者名 代表取締役 山内 三郎
設立年月日 2015年9月16日
URL https://earth-eyes.co.jp/

 

「未来2018」のファイナリストのプランティオ株式会社が、株式会社ジェネシア・ベンチャーズ、東急不動産株式会社が運営する「SHIBUYA Innovation Program」、キャナルベンチャーズ株式会社、JA三井リース株式会社から、約1.5億円の資金調達を実施しました。
今回資金調達ではジェネシア・ベンチャーズをリード投資家としながら、引受先各社と以下のような事業連携を積極的に進める。

【東急不動産】
都市型農園事業の展開にあたり同社が運営する商業施設やオフィスビルなどの屋上や遊休施設でのIoTファームの展開、マンションへのIoTプランターへの展開など

【キャナルベンチャーズ】
キャナルベンチャーズが進めるデジタルトランスフォーメーション、スマートシティ構想への参画

【JA三井リース】
同社のファイナンス機能、食農分野におけるノウハウの提供を通じて、プランティオの事業展開を加速

詳細については以下をご覧ください。
プランティオ株式会社プレスリリース資金調達実施 / 引受先との都市型農園開発等に関する事業連携を推進 (2019年6月27日)

◆ 事業概要

「ひとりひとりがPersonal Farmerとなり、”食と農”をライフスタイルの中心にするエンターテインメント&コミュニティ栽培サービスの提供」
ひとりひとりがPersonalFamerとなり、みんなでたのしく野菜栽培をするCrowd Farmingサービス。既存の農業のみに頼るのではなく、IoTによる集合知(AI)やコミュニティのサポートで誰もが安心安全の野菜を自身でも育てることができる”Social Grow our own”の世界を提案します。

◆ 会社概要

企業名 プランティオ株式会社
所在地 〒659-0024 東京都 港区 北青山 2-9-5, スタジアムプレイス青山 7F
代表者名 CEO 芹澤 孝悦
URL https://www.plantio.co.jp//

「未来2018」ファイナリストのストックマーク株式会社の取り組みが、YAHOOニュースで紹介されました。

詳細は以下をご覧ください。
YAHOOニュース次々に誕生するAIベンチャーに問われる商品力(6月25日付)

◆ 事業概要

Anews/AIがチームに最適なWEBニュースを毎日配信
最先端の自然言語処理の研究をベースに、組織の情報共有・ナレッジシェアを効率化するWebニュースプラットフォーム「Anews」、大量のテキストデータから経営の戦略的意思決定を強力にサポートする「Astrategy」、営業戦略支援サービス「Asales」を提供しています。

◆ 会社概要

企業名 ストックマーク株式会社
所在地 東京都港区南青山一丁目12番3号
代表者名 代表取締役CEO 林 達
設立年 2016年11月15日
URL https://stockmark.ai/

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社の上野代表のインタビュー記事が、医薬品業界の専門情報誌「国際医薬品情報」に掲載されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
国際医薬品情報2019年6月24日〈通巻第1132号〉
サスメド株式会社ホームページおしらせはこちら

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-11-5
代表者名 上野 太郎
設立年 2016年
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2019」ファイナリストのPIAZZA株式会社が株式会社JR中央ラインモールと地域SNSアプリ「PIAZZA」を活用し、中央線沿線のコミュニティ形成の促進と、沿線価値向上を目指した連携を開始します。
「三鷹・武蔵境エリア」「小金井エリア」「国分寺・西国分寺・国立エリア」の3エリアが一斉オープンし、中央線沿線のコミュニティ形成を通じ、駅を中心とした新たなサービスの創出に取り組みます。

詳細は下記URLをご参照ください。
PIAZZA株式会社プレスリリース「JR中央線で初展開!JR東日本グループと地域SNS「PIAZZA」が連携し中央線沿線のコミュニティ形成に取り組みます」(2019年6月19日)

◆ 事業概要

「地域SNS「PIAZZA」」
街の人・モノ・情報が流通するデジタルプラットフォームの開発運営。地域コミュニティを創ることで、街のリソースを可視化・マッチングすることを実現。

◆ 企業概要

企業名 PIAZZA株式会社
所在地 東京都中央区勝どき3-6-7 602
代表者名 代表取締役 矢野 晃平
設立年 2015年5月
URL https://www.lp.piazza-life.com/

経済産業省は、このたび、49社の新たなスタートアップをJ-Startup企業として選定しました。
未来2016~2019ファイナリストからも4社がJ-Startup選定企業に追加されました。
同プログラムでは、有識者(J-startup推薦委員)が推薦したスタートアップ企業をJ-Startup企業として選定し、海外展開も含め官民で集中支援し、成功モデルを創出することを目指しています。

詳しくは以下をご覧ください。
経済産業省「官民によるスタートアップ支援プログラム「J-Startup」、新たな選定企業を発表!」2019年6月24日付
J-Startupに関する情報発信サイト

III/未来 統括ディレクター・東博暢ほか、未来アドバイザー/審査員もJ-startup推薦委員を務めています。
IIIコンソーシアム/未来においても、今後も継続的なサポートを進めて参ります。

◆未来2016~2019に参加したJ-startup選定企業(今回追加)

株式会社Alivas(未来2018ファイナリスト)
サスメド株式会社(未来2017ファイナリスト)
プランティオ株式会社(未来2018ファイナリスト)
株式会社バカン(未来2018ファイナリスト/日本総研賞)

過去選定企業はこちら
2018年度

「未来2019」で三井化学賞、GAPグラント賞を受賞したBionicM株式会社が、NEDO 2019年度「研究開発型ベンチャー支援事業」に採択されました
本事業は、シード期の研究開発型ベンチャー(以下「STS」 (Seed-stage Technology-based Startups)という。)に対して投資を行うベンチャーキャピタルおよびシードアクセラレータ等(以下「VC等」という。)の我が国における投資及び支援活動を促進し、またその知見および支援機能を活用しながら、STSに対する事業の支援を行うものです。

研究開発にかかる助成金をNEDOより交付を受け、事業化に向けた開発内容をさらに拡充する。

詳細については、下記URLをご参照ください。
BionicM株式会社ニュースリリース(2019年6月14日)

 

◆ 事業概要

「ロボティクスと身体を融合したモビリティディバイスの研究開発・事業化」
東京大学発ベンチャーとして、よりスマートに、快適に移動する技術とその関連ソリューションを提供するモビリティカンパニーを目指します。すべての人のモビリティを高める技術・製品を世界中に届けていきます。ロボティックスと人間の身体を融合する技術を活用し、すべての人々のモビリティにパワーをもたらし、従来の義足の問題を解決し、自然な動きを実現する小型かつ軽量な高機能義足を生み出します。

 

◆会社概要

会社名 BionicM株式会社(バイオニックエム)
所在地 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟207室
代表者名 孫 小軍
設立年月日 2018年12月21日
URL http://www.bionicm.com/

 

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカン、東日本電信電話株式会社、清水建設株式会社、株式会社ティーガイア、JR東日本スタートアップ株式会社、スクラムベンチャーズを引受先とする第三者割当増資により7.9億円を新たに資金調達いたしました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
プレスリリース:バカン、第三者割当増資により7.9億円の資金調達(2019/6/11)

 

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

 

◆会社概要

会社名 株式会社バカン
所在地 〒162-0824東京都新宿区揚場町2番20号嶋田ビル5F
代表者名 代表取締役社長 河野 剛進
設立年月日 2016年6月8日
URL https://www.vacancorp.com

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社iCAREが、グローバル・ブレインが運営するSFV・GB投資事業有限責任組合をリードに、インキュベイトファンド、Beyond Next Ventures株式会社、みずほキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、三井住友海上キャピタル株式会社らが運営するそれぞれのファンドから、総額5.2億円の資金調達を実施しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
プレスリリース:株式会社iCARE 総額5.2億円の資金調達を実施(2019/6/10)

 

◆ 事業概要

チャットで健康問題を相談・解決できる、企業と従業員のためのオンライン保健室サービス「carely」
iCAREは、企業の健康管理業務を効率化し生産性の高い職場環境作りを支援するHRTechサービスを開発・提供しています。グローバルに事業展開する日本法人から、IPOを目指すスタートアップまで幅広いお客様にご利用いただいています。

 

◆会社概要

会社名 株式会社iCARE
所在地 東京都渋谷区円山町10番18号マイキャッスル渋谷JP 203
代表者名 代表取締役 CEO 山田洋太
設立年月日 2011年6月
URL https://www.icare.jpn.com/

 

「未来2019」で企業賞を受賞した空き家活用株式会社の取り組みが、NHK「クローズアップ現代+」にて紹介されました。

詳細は下記URLをご参照ください。
NHKオンライン都会のマンション”に異変!あなたはどうする?」(2019年7月9日)

◆ 事業概要

日本全国の空き家をDB化、新しい利活用をプロデュース 空き家活用データベース「AKIDAS」
日本全国の流通していない空き家・空き地をDB化し、新しい利活用をプロデュース!
自社調査員が実際に空き家を訪れ調査した情報をデータベース化して、不動産業者を中心に提供するとともに、新たな利活用モデルにより収益物件として生まれ変わらせる提案を所有者や企業に行う。
さらに、活用方法や相談先がわからない所有者へ定期的な勉強会を開催し、具体的な個別コンサルティングも行うことで、空き家問題解決と新たな市場構築をめざす。

◆ 企業概要

企業名 空き家活用株式会社
所在地 東京都港区北青山三丁目3番13号 共和五番館2F
代表者名 代表取締役社長 和田 貴充
URL https://aki-katsu.co.jp/

「未来2017」のファイナリストの株式会社エイシングが、エッジAIにおいて、導入機器側でリアルタイムな自律学習が可能な独自のAIアルゴリズム「ディープ・バイナリー・ツリー」を提供しており、この度、高速処理を得意とする従来の「DBT-HS(High Speed)」に比べ、最大約50%の予測精度向上を実現した「DBT-HQ(High Quality)」を5月31日(金)にリリースいたしました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
プレスリリース:エイシング、予測精度が従来比最大約50%向上のアルゴリズム「DBT-HQ」をリリース(5月31日)

◆ 事業概要

「エッジデバイスに実装可能なエッジAIアルゴリズムの研究開発とライセンス提供」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題があります。
そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree:DBT)が持つパラメータ調整不要な特性(世界初)と、低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積した
ビッグデータおよび様々な機械制御において安価なデバイスでもスタンドアローンで学習を実現し、エッジデバイス自身がより賢くなることをサポートします。

◆ 会社概要

企業名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6丁目19番45号赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一(CEO)
設立年 2016年12月8日
URL https://www.aising.jp/

「未来2019」ファイナリストのおもいやりデザイン合同会社が大阪市 平成31年度OIHシードアクセラレーションプログラム(OSAP)に採択されました。
このOSAPを活用して、障がいや病気などに関する配慮情報検索システムを開発いたします。
本システムは、日本国内の疾病に関する配慮情報を自動的に収集し、数十億件のデータを数秒で検索可能にする分散型検索エンジンを搭載します。将来的には、データ収集範囲を日本国外まで拡げて、世界中の疾病に関する配慮情報を数秒で検索でき、あらゆる企業や行政がおもいやりのあるサービスを提供するために必要な知識基盤となる仕組みの構築を目指します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
大阪市:報道発表 創業期ベンチャー企業支援“OIHシードアクセラレーションプログラム(OSAP)”第7期を開始します。(2019年6月3日)

 

◆ 事業概要

障がいや病気などにより配慮が必要な人にどのような配慮、対応をすればよいか人や場所、ものに関する、他社にはないデータを保有しています。そのデータをベースとし、必要な配慮がすぐに検索できる「おもいやり 検索」と、配慮してほしい人がホテルや飲食店など公共の場で快適に過ごすことをサポートする「おもいやり 相談」の開発を進めています。「おもいやり 相談」はすでに大手鉄道会社など4社に採用されています。自社の顧客や従業員が何らかの配慮特性を持っている場合に、企業側が気遣いのある応対ができるように、従来のマニュアルやデータベースなどの情報検索に加えて、日本中から収集した疾病別の配慮情報を表示するなど、ロングテールで複雑化する顧客や従業員の多様性ニーズに対応可能な情報支援システムの開発販売を行っています。本サービスの拡大を通じて、経済活動におもいやりをプラスすることで、働く人、利用する人が幸せになる社会の実現をめざします。

◆会社概要

会社名 おもいやりデザイン合同会社
所在地 大阪府大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階 GVH大阪内
代表者名 代表CEO 山本 高史
設立年月日 2018年9月20日
URL http://omoiyari-design.co.jp/

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社キビラの取組/商品がのTBS「ビビット」で紹介されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
番組公式Facebook:こちら
株式会社キビラホームページ:こちら

 

◆ 事業概要

国産のレディースオーダーシューズを9,900円から提供
現在の日本の靴産業の92%が外国産の靴。日本の靴産業の振興を海外展開も視野に行う。また、靴の購買行動を根本から変えていく。足に合った靴を買うべきであるという当然のことを世界の常識としていく。

 

◆会社概要

会社名 株式会社キビラ
所在地 東京都中央区銀座1-18-2 辰ビル4階
代表者名 代表取締役 福谷智之
設立年月日 2014年4月2日
URL http://kibera.co.jp/

 

「未来2018」ファイナリストのユニロボット株式会社が、2019年6月19日(水)~21日(金)に開催される「第10回教育ITソリューションEXPO」にユニボを展示いたします。

当社パートナー(有限会社ソリューションゲート、株式会社エデュゲート)のブースにて、ユニボの展示を予定いただいております!
ユニボ先生!教育領域でのユニボの活用事例となります!是非お立ち寄りいただけますと幸いです!

◆ 出展概要

■開催日:2019年6月19日(水)~21日(金)
■会場:東京ビッグサイトの別棟として新設した「青海展示棟」

◆ 事業概要

世界初の個性を学習するロボット「ユニボ」
独自開発したパーソナルAIを搭載し、人と対話できるパートナーロボット「ユニボ」を開発しています。雑談を通して認知症を予防したり、個性を学習することで利用者の嗜好や生活スタイルに合わせた情報(食事、観光、交通、天気)提供や予約、日用品の購入等ができます。将来的にはクラウドに蓄積した情報を病院やスマートホーム機能等と連携させることにより、様々な社会課題解決を実現するプラットフォームを構築していきます。

◆ 会社概要

企業名 ユニロボット株式会社
所在地 東京都渋谷区笹塚3-2-15 第Ⅱベルプラザ5F
代表者名 代表者 酒井拓
URL https://www.unirobot.com/

「未来2019」ファイナリストの、ものレボ株式会社が2019年6月5日~7日に開催される日刊工業新聞様主催のビッグサイトの展示会「スマートファクトリーJapan」に出展いたします。

◆ 出展概要

■開催日:2019年6月5日(水)~7日(金)
■会場:東京ビッグサイト 青海展示棟

◆ 事業概要

町工場IoTプラットフォーム「いきなりIoT」
町工場のIoTプラットフォーム!小ロット生産している町工場が納期を守れていないという課題に対し、「いきなりIoT」で生産管理を標準化することで、納期を守れるようにしました。標準化された生産プラットフォームを利用することによって集まる町工場の生産情報などにビックデータを活用し、町工場の生産改善支援や発注者側の短納期調達を支援するプラットフォームに拡大していきます。

◆ 会社概要

企業名 ものレボ株式会社
所在地 京都市中京区新町通三条上ル町頭町112 菊三ビル3F
代表者名 代表取締役 細井 雄太
設立年 2016年2月1日
URL https://www.mono-revo.co.jp/

「未来2018」ファイナリストの>株式会社ZAICOは、株式会社TKアジャイル様提供のエクセルIoTプラットフォーム「ExceLive」との連携を開始致します。
TKアジャイル様は、これまで、主に愛知県・岐阜県の中小製造業様に、使い慣れたエクセルを使用して、設備からの情報をリアルタイムで受け取り管理することができるシステム「ExceLive」シリーズを提供しており、今後は、ExceLiveからの情報をZAICOに連携させることで、工場での材料、製品の増減をZAICOの在庫情報にリアルタイムで反映させる事が可能となります。

プレリリース:クラウド在庫管理システム「ZAICO」取扱い開始のお知らせ(6月3日)

◆ 事業概要

在庫管理から始まるB2B取引革命
在庫最適化は企業の業績に直結する重要な問題です。この在庫最適化には「在庫の効率的かつ正確な把握」「広域的な在庫情報の共有」「企業間取引のスムーズ化」の3つが必要だと考えています。私たちはクラウド在庫管理サービスZAICOを開発し、既に5万人のユーザーが利用しています。これを進化させ、企業間で在庫情報を共有して取引までできるB2Bネットワークを構築し、在庫管理とB2Bに革命を起こします。

◆ 会社概要

企業名 株式会社ZAICO
所在地 山形県米沢市大字花沢331番地
代表者名 代表取締役 田村壽英
設立年 2016年10月18日
URL https://www.ibody.co.jp/

「未来2019」ファイナリストのMI-6株式会社が科学全般に立脚した事業を手がける株式会社リバネスと資本業務提携しました。
本提携により、MI-6の有するMI技術を活用した新素材探索手法と、ケムガレージ研究所における有機合成、分析、測定等の実験系を組み合わせたワンストップソリューションを開発・提供します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
MI-6株式会社プレスリリース(2019年5月31日)

 

◆ 事業概要

「AIを活用した材料開発の効率化(マテリアルズ・インフォマティクス)」
マテリアルズ・インフォマティクス(MI、材料分野へのAI応用)により、これまで研究者の勘と経験に頼り膨大な時間を要していた材料開発を劇的に効率化します。
新化合物探索から生産プロセスまで、幅広い材料開発のステージにおいて適切なMIソリューションを提供します。
クライアントの多様なニーズにお応えするため、情報学および材料学の混成チームによりサービスの幅を順次拡大しています。

 

◆会社概要

会社名 MI-6株式会社
所在地 東京都港区新橋1-18-21 第一日比谷ビル7階
代表者名 木嵜 基博
設立年月日 2017年11月17日
URL https://mi-6.co.jp/

 

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカンが、中国に現地法人「空探科技(上海)有限公司」を設立し、事業を開始いたしました。
空探科技(上海)有限公司はバカン初の海外現地法人です。

詳細は、以下をご覧ください。
プレスリリース
バカン社、中国に現地法人「空探科技(上海)有限公司」を設立 (2019年5月31日)

◆ 新会社概要

会社名 空探科技(上海)有限公司 (英語名 Vacan, Inc.)
所在地 上海市徐汇区湖南路328号
代表者 河野 剛進
設立年 2019年4月

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

◆ 株式会社バカン概要

会社名 株式会社バカン
所在地 〒162-0824東京都新宿区揚場町2番20号嶋田ビル5F
代表取締役社長 河野 剛進
設立年 2016年6月8日
URL https://www.vacancorp.com/

「未来2018」ファイナリストのストックマーク株式会社が、2019年6月4日~5日に開催される「JAPAN OPEN INNOVATION FES」に出展いたします。

東大発で、高度な自然言語処理技術と専門性をもつ弊社は、6月4日から東京ミッドタウン日比谷で開催される「Open Innovation Fes」に参加し、スタートアップピッチ登壇と、ブースの出展をいたします。
自然言語処理技術のリーディングカンパニーとして、デジタルトランスフォーメーション時代における、組織での情報共有、営業業務、経営戦略策定で使える3つのAI SaaSをご紹介します。

プレスリリース:自然言語処理技術研究の東大発ベンチャー ストックマーク社 オープンイノベーションイベントで企業向け\AI SaaSを発表(6月3日付)

◆ 出展概要

■開催日:2019年6月4日(火)~5日(水)
■会場:東京ミッドタウン 日比谷

◆ 事業概要

Anews/AIがチームに最適なWEBニュースを毎日配信
最先端の自然言語処理の研究をベースに、組織の情報共有・ナレッジシェアを効率化するWebニュースプラットフォーム「Anews」、大量のテキストデータから経営の戦略的意思決定を強力にサポートする「Astrategy」、営業戦略支援サービス「Asales」を提供しています。

◆ 会社概要

企業名 ストックマーク株式会社
所在地 東京都港区南青山一丁目12番3号
代表者名 代表取締役CEO 林 達
設立年 2016年11月15日
URL https://stockmark.ai/

「未来2019」ファイナリストのiBody株式会社が、2019年7月1日に開催されるHVC KYOTO2019に登壇いたします。

HVC KYOTOは、ヘルスケア分野で革新的な技術を持つベンチャーの、グローバルな事業展開をサポートする日本唯一のヘルスケア特化型の英語ピッチ&パートナリングプラットフォームです。

◆ 出展概要

■開催日:2019年7月1日(月)
■会場:京都リサーチパーク 4号館(京都市下京区中堂寺粟田町93)

◆ 事業概要

医薬品向け自己抗体の迅速発掘
世界最速の低コスト抗体探索技術で、従来技術では見つけられなかった開発確度の高い医薬品向けヒト抗体を発掘します。これにより、様々な疾患治療に期待されている抗体医薬品の開発を加速し、人類の健康に貢献します。

◆ 会社概要

企業名 iBody株式会社
所在地 愛知県名古屋市千種区不老町1番
代表者名 代表取締役:加藤 晃代
設立年 2018年2月1日
URL https://www.ibody.co.jp/

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)の取組、及び出澤代表のインタビューがAINOW(人工知能を知り・学び・役立てることができる国内最大級のAI・人工知能専門メディア)に掲載されました。

詳細は、
AI NOWゼロから解説! 2019年のAI技術の前進に不可欠な“エッジAI”とは?(2019年5月27日付)をご参照ください。

 

◆ 事業概要

「エッジデバイスに実装可能なエッジAIアルゴリズムの研究開発とライセンス提供」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題があります。
そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree:DBT)が持つパラメータ調整不要な特性(世界初)と、低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積した
ビッグデータおよび様々な機械制御において安価なデバイスでもスタンドアローンで学習を実現し、エッジデバイス自身がより賢くなることをサポートします

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2019」ファイナリストのアクアシステム株式会社が、2019年6月27日~28日に開催される東南アジア最大級のイノベーションイベント「Innovfest Unbound」に出展いたします。

日本のスタートアップで構成されるJ-startupパビリオンに、日本の大企業によって構成されるオープンイノベーションエリアを併設することになりました。ASEAN域内のイノベーション関連企業とコンタクトする絶好の機会です。東南アジアでビジネス拡大を目指す大企業のみなさま、是非ご応募ください。

地元の上毛新聞にも取り上げられました。簡易顕微鏡「mi-kin(見る菌)でJIS取得(2019年5月21日付)

◆ 出展概要

■開催日:2019年6月27日(木)~28日(金)
■会場:Marina Bay Sands 1階 展示場(シンガポール)

◆ 事業概要

リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発
『世界中から食中毒や感染症をなくす』をビジョンに掲げ、リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発しました。
微生物の知識がなくても、そのリスクや衛生状態がリアルタイムにわかる新しいスクーリニングツールです。『mil-kin(見る菌)』で取得した映像をAIやディープラーニングで解析し、世界の衛生課題をミクロの視点から解決します。

◆ 会社概要

企業名 アクアシステム株式会社
所在地 群馬県前橋市富士見町田島191-1
代表者名 代表取締役社長 狩野 清史
設立年 1986年5月19日
URL https://www.mil-kin.com/

「未来2018」ファイナリストのストックマーク株式会社が、2019年5月29日~31日に開催される「第6回働き方改革EXPO」に出展いたします。

高度な自然言語処理技術と専門性をもつ弊社は、5月29日から東京ビッグサイトで開催される働き方改革EXPOに出展いたします。セミナーでは、組織における情報収集の効率化や営業現場での最先端のAI活用について事例を交えて解説いたします。ブースでは、現在1000社を超える企業が利用する、組織の情報収集と共有を効率化するサービス「Anews」、営業現場の付加価値向上や業務効率化を実現する営業支援サービス「Asales」、さらに大量のテキストデータから経営の戦略的意思決定を強力にサポートする「Astrategy」をご紹介、デモもご用意しております。

プレスリリース:働き方改革をAI技術でサポート(5月28日付)

◆ 出展概要

■開催日:2019年5月29日(水)~31日(金)
■会場:東京ビックサイト

◆ 事業概要

Anews/AIがチームに最適なWEBニュースを毎日配信
最先端の自然言語処理の研究をベースに、組織の情報共有・ナレッジシェアを効率化するWebニュースプラットフォーム「Anews」、大量のテキストデータから経営の戦略的意思決定を強力にサポートする「Astrategy」、営業戦略支援サービス「Asales」を提供しています。

◆ 会社概要

企業名 ストックマーク株式会社
所在地 東京都港区南青山一丁目12番3号
代表者名 代表取締役CEO 林 達
設立年 2016年11月15日
URL https://stockmark.ai/

「未来2018」ファイナリストのエレファンテック株式会社が、2019年6月13日14日にグランフロント大阪ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンターにて開催されるEmbedded Technology West2019/組込み総合技術展 関西に出展いたします。

すべての人・モノ・コトがつながるIoT時代を迎えた今、組込み技術の重要性と将来への期待は、ますます高まっています。
進化する組込みの先進技術が集まるEmbedded Technology West。
“つながる”技術の最先端を網羅するIoT Technology West。
これからの成長分野を支えていく重要な技術にフォーカスした、ET West展と新設のIoT Technology West展を同時開催することで、自動車、医療、インフラ等、あらゆる産業で求められている双方の最先端テクノロジーとソリューションを提案する場とし、シナジー効果を創出します。

◆ 出展概要

■開催日:2019年6月13日(木)、14日(金)
■会場:グランフロント大阪内 コングレコンベンションセンター

◆ 事業概要

プリンテッド・エレクトロニクス製造技術の開発、サービス提供
電子回路は、「銅箔の不要な部分を溶かして残った部分が配線になる」エッチング法でつくられてきましたが、「必要なところだけ金属を印刷する」技術をエレファンテックが世界で初めて実現しました。試作コストは1/10に、量産にも対応でき、何より製造につきものの「ロット」「初期費用」という概念からメーカーを解放しました。産業機械メーカーでの量産採用もあり、自社工場も拡張し、拡大フェーズに突入しています。

◆ 会社概要

企業名 エレファンテック株式会社
所在地 東京都中央区八丁堀四丁目3番8号
代表者名 代表取締役 清水信哉
設立年 2014年 1月(2017 年 9 月 4 日にAgIC株式会社からエレファンテック株式会社に商号変更)
URL https://www.elephantech.co.jp

「未来2018」ファイナリストの株式会社バックテックが、2019年5月29日より3日間、東京国際フォーラムにて開催される「Human Capital2019」にて、健康経営銘柄2019のコニカミノルタと共同セミナー開催と、ブース出展いたします。
「コニカミノルタのプレゼンティーイズムの可視化と対策の具体的事例 」と題し、健康経営銘柄2019のコニカミノルタはプレゼンティーイズム対策および働き方改革の推進という背景から、健康経営ソリューションであるポケットセラピストを活用し、健康経営・働き方改革を進めています。科学的根拠に基づくプレゼンティーイズムの原因の可視化や具体的な施策の効果等についてお話しします。プレゼンティーイズム対策や働き方改革に興味がある健康経営・コラボヘルスご担当者様はぜひご参加ください。
セミナー参加には、下記より事前予約が必要です。
セミナー申込み 「コニカミノルタのプレゼンティーイズムの可視化と対策の具体的事例」

◆ ブース出展概要

■開催日:2019年5月29日(水)~31日(金)
■開催時間:10時00分~17時30分
■会場:東京国際フォーラム 健康経営ゾーン146

◆ 事業概要

社員の生産性向上を目的とした腰痛対策アプリ“ポケットセラピスト”
健康経営の取り組みが盛り上がる中で、企業の生産性低下の原因の第1位は腰痛ということが医学研究により明らかになっています。ポケットセラピストは、この腰痛という課題に対してアプリを通してアプローチすることで、いつでもどこでも腰痛に関わる課題の解決が可能になる健康経営支援サービスです。
さらに、京都大学大学院医学研究科での研究実績をもとに、企業の生産性低下やコスト損失額の可視化も同時にサポートしています。

◆ 会社概要

企業名 株式会社バックテック
所在地 <京都本社>京都市下京区烏丸通仏光寺下ル大政所町680-1
<東京サテライト>東京都渋谷区代々木2-26-2 第二桑野ビル2-D
代表者名 代表取締役社長 福谷 直人
設立年 2016年4月
URL https://www.backtech.co.jp/

「未来2017」ファイナリストの株式会社iCAREが、2019年5月29日より3日間、東京ビックサイトにて開催される「第7回HR EXPO」(人事労務・教育・採用)に出展いたします。
HR EXPOは、リード エグジビション ジャパン主催による組織活性化・人材育成の専門展です。企業の人事・総務部・経営者の方々の課題解決につながる、人事に関するあらゆる製品・サービスが一堂に出展する展示会です。
当社展示ブースでは、『Carely』を実際に体験いただけるブースを出展いたします。皆さまのご来場を、心よりお待ち申し上げております。

◆ 出展概要

■開催日:2019年5月29日(水)~31日(金)
■開催時間:10時00分~18時00分
■会場:東京ビックサイト 西展示棟

◆ 事業概要

チャットで健康問題を相談・解決できる、企業と従業員のためのオンライン保健室サービス「carely」
iCAREは、企業の健康管理業務を効率化し生産性の高い職場環境作りを支援するHRTechサービスを開発・提供しています。グローバルに事業展開する日本法人から、IPOを目指すスタートアップまで幅広いお客様にご利用いただいています。

◆ 会社概要

企業名 株式会社iCARE
所在地 東京都渋谷区円山町10番18号マイキャッスル渋谷JP 203
代表者名 代表取締役 CEO 山田洋太
設立年 2011年6月
URL https://www.icare.jpn.com/

「未来2018」のファイナリストの株式会社T-ICUが、神戸市の、「スタートアップ補助制度」(神戸市内に新たに事業所を開設する企業のオフィス賃借料などを助成)に認定されました。

株式会社T-ICUは、医療機関に対して専門医チームによる遠隔集中治療支援ソリューションを提供しています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
神戸市リリース IT企業の誘致・定着を目指す「スタートアップ補助制度」にAlpacaJapan(株)、(株)カスタメディア、(株)T-ICUの3社を新たに認定 (2019年5月22日)
株式会社T-ICUリリース 神戸市の「スタートアップ補助制度」に認定 (2019年5月22日)

◆ 事業概要

「専門医チームによる遠隔集中治療支援ソリューションの提供」
集中治療専門医チーム「T-ICU」が、遠隔システムを用いて24時間体制で患者情報をモニタリング、早期的確な治療方法を提案することで、地域・施設・時間に関係なく質の高い集中治療が提供できる環境作りをサポートします。
医療現場の働き方改革、労務改善にも貢献しています。

◆ 会社概要

企業名 株式会社T-ICU
所在地 〒659-0066 兵庫県芦屋市大桝町3-13
代表者名 代表取締役 中西 智之
設立年 2016年
URL http://t-icu.co.jp/

「未来2017」ファイナリストの株式会社チャレナジーは、既存株主であるTHK株式会社、新規株主となる第一生命保険株式会社、小橋工業株式会社、スカパーJSAT株式会社を引受先として第三者割当増資により、過去最大額である総額5億円の資金調達を実施しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
【プレリリース】第三者割当増資による資金調達のお知らせ(4月26日)

 

◆ 事業概要

弊社が開発している「垂直軸型マグナス式風力発電機」は、風速・風向の激しい変化に適応し、台風でも安定して発電できる「プロペラのない」風力発電機です。2020年の東京オリンピックまでに実用化し、台風の被害を受けやすい日本やフィリピンの離島などにおける電源確保の課題を解決します。さらに、大型化していくことで再生可能エネルギーの普及を促進し、世界的なエネルギーシフトを実現します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社チャレナジー
所在地 東京都墨田区横川1-16-3 センターオブガレージ
代表者名 代表取締役CEO 清水 敦史
設立年月日 2014年10月1日
URL https://challenergy.com/

 

「未来2018」ファイナリストで三井住友海上 健康経営賞、SMFG賞を受賞したエーテンラボ株式会社が、株式会社三菱UFJ銀行が主催する第6回MUFGビジネスサポート・プログラム「Rise Up Festa」にて優秀企業に選出されました。

受賞企業は、事業支援金の支給やビジネスマッチング等、成長実現に向けた積極的なサポートを受けます。

詳細は、以下をご覧ください。
MUFG webサイト「第6回MUFGビジネスサポート・プログラム「Rise Up Festa」 受賞企業決定」(2019年4月26日)

◆ 事業概要

三日坊主防止アプリ「みんチャレ」で、習慣化に関する問題を解決します
自社開発の行動変容技術を利用した、楽しく続いて人生が変わる習慣化サービス「みんチャレ」を開発・運用し利用者の習慣化を成功させます。企業へは「みんチャレ」内に企業の「公式チャレンジ」を開設し企業の抱える顧客の継続率向上による利益増加と顧客の行動からインサイトを発見できる最新のリサーチを提供します。

◆ 会社概要

会社名 エーテンラボ株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿1-8-5 東洋ビル3階
代表者取締役 代表取締役CEO 長坂 剛
設立年 2016年12月
URL https://a10lab.com/

「未来2017」ファイナリストの株式会社クラウドリアルティが、京町家を宿泊施設として再生する「~紡~石不動之町 京町家再生プロジェクト」の募集告知を開始しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
プレスリリース 京町家を宿泊施設として再生「~紡~石不動之町 京町家再生プロジェクト」の募集開始(2019年4月10日)

 

◆ 事業概要
不動産特化型のエクイティ・クラウドファンディング
エクイティ・クラウドファンディングのスキームを組み込んだ、不動産の証券化のためのオンラインマーケットプレイスを運営。国内だけでなく、海外の発行体及び投資家に対して、ファンド組成・資金調達・証券流通のサービスを一気通貫で提供し、グローバルな新たな資本市場の創成を目指す。現在日本及びエストニアに拠点を有し、直近は国内及び欧州にて事業を展開。

◆ 企業概要

チーム名 株式会社クラウドリアルティ
所在地 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
代表者名 代表取締役 鬼頭 武嗣
設立年 2014年12月
URL https://www.crowd-realty.com/

 

「未来2017」ファイナリストの株式会社キャスターはGunosy Capital Pte. Ltd.とSMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合からの第三者割当増資などにより、合計約3.6億円資金調達しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
キャスター、総額3.6億円資金調達を実施(5月8日)

 

◆ 事業概要

弊社が提供するCASTER BIZ(以下キャスタービズ)は、オンラインアシスタントサービスです。メッセージひとつで、いつでもどこでもお客様のご依頼に対応いたします。キャスタービズのアシスタントは、人事、経理、総務といった主なバックオフィス全般をはじめ、マーケティング、デザイン、翻訳といった、さまざまな業務を代行します。

 

◆会社概要

会社名 株式会社キャスター
所在地 東京都渋谷区神宮前6-12-18
代表者名 代表取締役 中川祥太
設立年月日 2014年9月
URL https://caster.co.jp/

 

「未来2019」ファイナリストのMI-6株式会社はBEENEXT、並びにペプチドリーム舛屋氏らエンジェル投資家11名を引受先とする第三者割当増資を実施しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
MI-6株式会社プレスリリース(2019年4月24日)

 

◆ 事業概要

「AIを活用した材料開発の効率化(マテリアルズ・インフォマティクス)」
マテリアルズ・インフォマティクス(MI、材料分野へのAI応用)により、これまで研究者の勘と経験に頼り膨大な時間を要していた材料開発を劇的に効率化します。
新化合物探索から生産プロセスまで、幅広い材料開発のステージにおいて適切なMIソリューションを提供します。
クライアントの多様なニーズにお応えするため、情報学および材料学の混成チームによりサービスの幅を順次拡大しています。

 

◆会社概要

会社名 MI-6株式会社
所在地 東京都港区新橋1-18-21 第一日比谷ビル7階
代表者名 木嵜 基博
設立年月日 2017年11月17日
URL https://mi-6.co.jp/

 

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカンが、IoTやAIを活用して、飲食店混雑状況案内サービスや川崎駅周辺の多目的トイレの空満状況をマップに表示するなど、初のサービスを展開しています。

詳細は、以下をご覧ください。
プレスリリース
西日本初導入! レストラン、カフェの混雑状況が一目でわかる (2019年3月15日)
阪急うめだ本店でAI活用カフェ混雑状況案内サービスを開始 (2019年3月27日)
IoTを活用してトイレの空満状況を配信 (2019年4月24日)

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

◆ 会社概要

会社名 株式会社バカン
所在地 東京都千代田区飯田橋二丁目12番10号 日高ビル 2F
代表取締役社長 河野 剛進
設立年 2016年6月8日
URL https://www.vacancorp.com/

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社が行う「ブロックチェーン技術を用いた臨床データのモニタリングシステム」に関する新技術等実証計画「規制のサンドボックス制度」が厚生労働大臣、経済産業大臣から認定されました。

本実証計画では、臨床研究のモニタリングにおいて、従来の方法よりも費用対効果が高く、かつデータの正確性が担保されたモニタリングを可能とすることが期待されるブロックチェーン技術を活用します。
将来的には、治験や特定臨床研究において活用することで、研究開発コストの低減等を通じ、日本の医療分野における国際競争力の維持・強化と、社会保障の持続可能性に貢献することを目指します。

詳細については、下記URLをご参照ください。

厚生労働省ニュースリリース生産性向上特別措置法に基づく「新技術等実証計画」の認定について(2019年4月22日)

経済産業省ニュースリリース規制のサンドボックス制度に係る実証計画を認定しました(2019年4月22日)

サスメド株式会社ニュースリリースブロックチェーン技術を用いた臨床データのモニタリングシステムに関する実証 ― 規制のサンドボックス制度に係る実証計画の認定 ―(2019年4月22日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-11-5
代表者名 上野 太郎
設立年 2016年
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2017」ファイナリストでIT融合部門最優秀賞、SMFG賞を受賞したAgribuddy Ltd.の北浦代表のインタビュー記事がROBOTEER(ロボット・人工知能、ITおよびIOTなど最新技術動向やビジネス情報、また近未来の文化や生活、くらしに役立つ情報を配信するニュースメディア)に掲載されました。

内容については、下記をご参照ください。
「AGRIBUDDY・北浦健伍氏に聞く東南アジア「アグテック×フィンテック」事情」

 

◆ 事業概要

「途上国のバーチャル農協を創設する」
AGRIBUDDYは途上国の小規模農家のユーザーが、アプリのアドバイスに従って必要な資材を最適なタイミングで投入し、適切な作業と処置を行っていくだけで必要なファイナンスを提供され、コストとリスクを減らし収穫高と収入を増やすことが出来るサービスです。
また、ユーザーから収集したデータを元に、効率の良い生産地とマーケットの関係性を構築します。
 

◆ 会社概要

会社名 Agribuddy Ltd.
所在地 Room 1408, Tak Shing House, Theatre Lane20 Des Voeux Road Central, Hong Kong
代表者名 CEO 北浦 健伍
設立年 2015年
資本金 1,151,000 ドル(2017年4月現在)
従業員数
URL https://www.agribuddy.com/

「未来2018」でIT融合部門で最優秀賞を受賞した株式会社FOLIOが、500円から積み立てられる資産運用サービスを始めます。
導入するのはLINEの対話アプリ向けで、積立日数を週1、5、7日と選べるのが特徴。金融資産の少ない若年層が投資しやすいようにします。

詳細については、下記URLをご参照ください。
日本経済新聞 LINEで500円で投資可能 (2019年4月24日)

 

◆ 事業概要
「エンターテイメント」×「高度なテクノロジー」の新しい投資プラットフォーム
我々は、資産運用をバリアフリーというミッションのもと、「テーマでえらぶ」次世代型投資プラットフォームを開発し、10年ぶりとなる国内株を取り扱う独立系オンライン証券を設立。ワクワクするUI/UX上で、先端テクノロジーを活用しながら金融のプロ水準の小額・分散投資を安い手数料で手軽に楽しむことが出来る。

◆ 企業概要

チーム名 株式会社FOLIO
所在地 東京都千代田区一番町16-1 共同ビル一番町4F
代表者名 代表取締役 甲斐 真一郎
設立年 2015年12月
URL https://corp.folio-sec.com/

 

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)の取り組みがFNN「Live News α」にて紹介されました。

詳細は、
FNN PRIME世界初!自律学習する「エッジAIチップ」で広がる自動運転の可能性(2019年4月12日付)をご参照ください。

 

◆ 事業概要

「エッジデバイスに実装可能なエッジAIアルゴリズムの研究開発とライセンス提供」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題があります。
そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree:DBT)が持つパラメータ調整不要な特性(世界初)と、低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積した
ビッグデータおよび様々な機械制御において安価なデバイスでもスタンドアローンで学習を実現し、エッジデバイス自身がより賢くなることをサポートします

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2019」ファイナリストのアクアシステム株式会社のスマホで見る携帯顕微鏡『mil-kin(見る菌)』が、「携帯形微生物観察器」としてJIS化されました。
詳細は、プレリリースを参照ください。
スマホを使って“菌”や“汚れ”をその場で確認できる、バクテリア・セルフチェッカーがJIS化されました。

◆ 事業概要

リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発
『世界中から食中毒や感染症をなくす』をビジョンに掲げ、リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発しました。
微生物の知識がなくても、そのリスクや衛生状態がリアルタイムにわかる新しいスクーリニングツールです。『mil-kin(見る菌)』で取得した映像をAIやディープラーニングで解析し、世界の衛生課題をミクロの視点から解決します。

◆ 企業概要

 

企業名 アクアシステム株式会社
所在地 群馬県前橋市富士見町田島191-1
代表者名 代表取締役社長 狩野 清史
設立年 1986年5月19日
資本金 20,000,000円
従業員数 6名
URL https://www.mil-kin.com/

 

「未来2016」その他部門ファイナリストの株式会社Huber.が、東京急行電鉄株式会社、別府市と、JR別府駅内に新しく外国人観光客向け案内所 Tourists’ Hub&Lounge『WANDER COMPASS BEPPU』(ツーリスツ ハブ&ラウンジ ワンダー コンパス ベップ)を4月5日(金)にオープンします。

詳細については、下記URLをご参照ください。
「東急電鉄とHuber.、JR別府駅内に外国人観光客向け案内所「WANDER COMPASS BEPPU」をオープン」(2019年3月26日)

 

◆ 事業概要
「Huber. TOMODACHI GUIDE」
急増する訪日外国人旅行者と国際交流を望む日本人(主に大学生)をガイドとしてマッチングするサービス。「世界中の人たちを友だちに」というスローガンの元、最新のICTテクノロジーと人の機微を捉えたサービスデザインで「一緒に楽しむ」と友だちをもてなすような新感覚ガイド体験を提供する。

 

◆ 企業概要

チーム名 株式会社Huber.(ハバー)
所在地 (本社)神奈川県鎌倉市山ノ内380
(別府支店) 大分県別府市京町11-8 APU PLAZA 2階
代表者名 代表取締役CEO 紀陸 武史
設立年 2015年
資本金 234,510,000円
従業員数
URL http://huber.co.jp/

 

「未来2018」のファイナリストのプランティオ株式会社の取り組みがウェブマガジン「DiGITALIST」に掲載されました。プランティオ株式会社は、ひとりひとりがPersonalFamerとなり、IoTによる集合知(AI)やコミュニティのサポートでみんなでたのしく野菜栽培をするCrowd Farmingサービスを提供しています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
DiGITALISTAIの指示で帰宅時に野菜に手入れ、アプリで確認――生活に「農」を組み込む新サービス(2019年4月5日)

◆ 事業概要

「ひとりひとりがPersonal Farmerとなり、”食と農”をライフスタイルの中心にするエンターテインメント&コミュニティ栽培サービスの提供」
ひとりひとりがPersonalFamerとなり、みんなでたのしく野菜栽培をするCrowd Farmingサービス。既存の農業のみに頼るのではなく、IoTによる集合知(AI)やコミュニティのサポートで誰もが安心安全の野菜を自身でも育てることができる”Social Grow our own”の世界を提案します。

◆ 会社概要

企業名 プランティオ株式会社
所在地 〒659-0024 東京都 港区 北青山 2-9-5, スタジアムプレイス青山 7F
代表者名 CEO 芹澤 孝悦
URL https://www.plantio.co.jp//

「未来2019」ロボット・AI・IoT部門最優秀賞を受賞したEAGLYS株式会社が、株式会社博報堂DYホールディングスを引受先とする第三者割当増資による資本提携、および広告・マーケティング領域での事業価値向上を目的とした業務提携を実施します。

EAGLYSは、今回の資金調達で、2019年1月のSBIインベストメント株式会社、株式会社ユーザーローカルからの増資と合わせ、累計2.1億円超の資金調達を行いました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
「AI×秘密計算」でデータ資産活用を促進するEAGLYS、博報堂DYホールディングスと業務資本提携!〜シードラウンド累計2.1億円超の調達、広告・マーケティング領域の研究開発を開始〜(2019年3月7日)

 

◆ 事業概要

「暗号化したままデータ分析・AI処理ができる秘密計算プラットフォーム『DataArmor™』」
詳細なデータ分析、高精度なAIモデル構築を行うためには、秘匿処理をされていない純度の高いデータ、複数のデータベースをまたいだビッグデータの利活用が必要です。企業がより簡単に安心・安全にデータを扱えるように、EAGLYSは量子耐性の暗号技術を用いて、データをセキュアに集積・統合し、それらを暗号化したまま分析・AIを行う秘密計算プラットフォームを開発しています。

 

◆会社概要

会社名 EAGLYS株式会社
所在地 東京都渋谷区代々木1-55-14内海ビル301
代表者名 今林 広樹
設立年月日 平成28年12月28日
URL https://eaglys.co.jp//

 

近畿経済産業局が設置した、関西の産学官のベンチャー支援者・機関による「関西ベンチャーサポーターズ会議」において関西ベンチャー企業リストを公表。
特に特色のある企業として12企業を選定。未来参加2チーム(株式会社フードピクト、株式会社あっと)が選ばれました。また未来2019二次審査会特別セッションにて登壇頂いた株式会社AFIテクノロジーも選出されています。
詳細は、関西ベンチャーサポーターズ会議webサイトをご覧ください。

<未来参加チーム>
株式会社フードピクト(未来2017協賛イベント推薦部門最優秀賞)
あっと株式会社(未来2018メディカル・ヘルスケア部門最優秀賞)
<その他>
株式会社AFIテクノロジー(未来2019二次審査会特別セッションに登壇)

「未来2019」で三井化学賞、GAPグラント賞を受賞したBionicM株式会社が、株式会社東京大学エッジキャピタル(UTEC)(本社:東京都文京区、代表取締役社長:郷治友孝)を引受先とする資金調達を実施しました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
BionicM株式会社ニュースリリース(2019年3月18日)

 

◆ 事業概要

「ロボティクスと身体を融合したモビリティディバイスの研究開発・事業化」
東京大学発ベンチャーとして、よりスマートに、快適に移動する技術とその関連ソリューションを提供するモビリティカンパニーを目指します。すべての人のモビリティを高める技術・製品を世界中に届けていきます。ロボティックスと人間の身体を融合する技術を活用し、すべての人々のモビリティにパワーをもたらし、従来の義足の問題を解決し、自然な動きを実現する小型かつ軽量な高機能義足を生み出します。

 

◆会社概要

会社名 BionicM株式会社(バイオニックエム)
所在地 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟207室
代表者名 孫 小軍
設立年月日 2018年12月21日
URL http://www.bionicm.com/

 

「未来2016」でフィンテック部門賞を受賞したドレミング株式会社は、日本ユニシス、三井住友海上火災保険と、勤怠連動型給与自動計算システム「Doreming」の機能を活用し、「Doreming保険販売サービス」提供に向けた協業を開始します。
ドレミングが展開する給与管理ソフトを使う企業の従業員が、傷害保険などに入りたい場合に本サービスを利用可能。ドレミングでは与信上、銀行口座を持てない労働者が多い新興国向けに金融サービスを広げており、保険もメニューに加える。

詳細については、下記URLをご参照ください。
プレスリリース:日本ユニシスグループ、三井住友海上、ドレミングアジアの「Doreming 保険販売サービス」提供に向けた協業取組の開始について (2019年3月18日)
併せてこちらもご覧下さい。
日本経済新聞記事:ドレミング、スマホで加入できる保険 東南アジアで(2019年3月17日)

◆ 事業概要
「世界初給与担保の決済システム『Payming』」
「働いている人誰もが決済手段を利用できる世界を作りたい」銀行口座を持っていなくても働いた分の給与を担保に買物ができる世界初となる決済サービスです。
HP(人事・勤怠・給与)プラットフォームから、決済手段を提供し生活の安定に寄与します。またビッグデータにより経済好循環を創出、世界の貧困格差を減らす一助となることを目指します。

◆ チーム概要

チーム名 ドレミング株式会社(Doreming Co.,Ltd.)※ドレミングアジアからドレミング株式会社へ社名変更
所在地 福岡市中央区天神1丁目15番35号 レンゴー福岡天神ビル6F
代表者名 代表取締役CEO 桑原 広充
設立年 2015年
資本金 9,000万円(資本準備金含む)
従業員数
URL http://www.doreming.com/ja/

 

「未来2018」のファイナリストの株式会社T-ICUが取り組んでいる「遠隔ICU」が、朝日新聞で紹介されました。
株式会社T-ICUは、医療機関に対して専門医チームによる遠隔集中治療支援ソリューションを提供しています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
朝日新聞 遠隔ICU普及目指して 会社立ち上げ (2019年3月14日)

◆ 事業概要

「専門医チームによる遠隔集中治療支援ソリューションの提供」
集中治療専門医チーム「T-ICU」が、遠隔システムを用いて24時間体制で患者情報をモニタリング、早期的確な治療方法を提案することで、地域・施設・時間に関係なく質の高い集中治療が提供できる環境作りをサポートします。
医療現場の働き方改革、労務改善にも貢献しています。

◆ 会社概要

企業名 株式会社T-ICU
所在地 〒659-0066 兵庫県芦屋市大桝町3-13
代表者名 代表取締役 中西 智之
設立年 2016年
URL http://t-icu.co.jp/

「未来2017」ファイナリストである株式会社フードピクトの「フードピクト」(食物アレルギーや健康上の理由、宗教戒律等により、食事の際に食材を確認しなければならない人のために開発された絵文字)事業が3月12日から1ヶ月間、パナソニックセンター東京で2020公認プログラムの企画展「Diversity -多様性を彩るピクトグラムー」に登場します。

本企画展は「多様性」を切り口に、平和の祭典の成功を支えるコミュニケーションツール「ピクトグラム」について、これまでの大会の競技ピクトグラムや世界で活躍する様々なピクトグラムから紹介しています。

詳細はこちら:パナソニックセンターwebサイト

今月より新事業「100% Plant Based」としてゴーストキッチンスタイルでのケータリング事業をスタートしました。合わせてこちらもご覧ください。:100% Plant Based

◆ 事業概要

「世界をつなぐ、おいしい絵文字」
言葉よりも正確なコミュニケーション手段として、世界中の人に安心をお届けする、新しい食の共通言語「FOODPICT」。誰もが食べたい料理を選べるように、食材による検索機能を実装したグルメポータルサイトから多様な食事ニーズがある消費者と飲食事業者をつなぎ、日本から世界へ新しい価値を創造します。

◆ 会社概要

会社名 株式会社フードピクト
所在地 神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル6F
代表者名 代表取締役 菊池 信孝
設立年 2009年(NPO法人インターナショクナル)
2017年(株式会社フードピクト)
資本金
従業員数
URL https://www.foodpict.com/

「未来2019」ファイナリストのアクアシステム株式会社が群馬県前橋市(ふるさとチョイス)納税返礼品に選定されました。

アクアシステム株式会社のスマホで見る携帯顕微鏡『mil-kin(見る菌)』は、スマートホンを使った携帯顕微鏡です。いつでもどこでも誰でも簡単にミクロの世界を見ることができます。
詳細については、下記をご参照ください。
ふるさとチョイス「群馬県 前橋市」

◆ 事業概要

リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発
『世界中から食中毒や感染症をなくす』をビジョンに掲げ、リアルタイムで簡単に"菌"や"汚れ"を「見える化」できる、携帯型顕微鏡『mil-kin(見る菌)』を開発しました。
微生物の知識がなくても、そのリスクや衛生状態がリアルタイムにわかる新しいスクーリニングツールです。『mil-kin(見る菌)』で取得した映像をAIやディープラーニングで解析し、世界の衛生課題をミクロの視点から解決します。

◆ 企業概要

 

企業名 アクアシステム株式会社
所在地 群馬県前橋市富士見町田島191-1
代表者名 代表取締役社長 狩野 清史
設立年 1986年5月19日
資本金 20,000,000円
従業員数 5名(4月より6名)
URL https://www.mil-kin.com/

 

「未来2019」出場者の株式会社ダンテの取り組みが現代ビジネスに掲載されました。

株式会社ダンテは、妊活を行っている夫婦から生活環境や嗜好性等のライフスタイルデータと精液成分検査や生体センサーによって生体データを経時的に取得し、不妊に悩む夫婦の妊娠期間を最短にできるようコンサルティングしていくサービスを提供し、不妊夫婦の悩みを解決していきます。

詳細は以下をご覧ください。
現代ビジネス「精液を医学的に調べたら「宝の山」だった(2019年2月10日公開)

◆ 事業概要

「男性機能に関する検査・研究・開発支援、男性の健康支援」
精液の液体部分である“精しょう”が精子の運動、受精能力に大きく影響することに着目し、世界初となる精液成分の郵送検査キット「BUDDY CHECK」(バディチェック)を販売。

◆ 会社概要

企業名 ダンテ株式会社
所在地 東京都港区新橋4-6-15 日新建物新橋ビル7F
代表者名 代表取締役 萩原 啓太郎
設立年 2017年
資本金
URL http://www.dantte.jp/
テック系スタートアップのビジネスプランコンテスト「Tech Sirius2019」にて未来参加者がファイナリストに選ばれましました。
エーテンラボ株式会社(未来2018ファイナリスト)
株式会社EAGLYS(未来2019ファイナリスト)
MI-6株式会社(未来2019ファイナリスト)
BionicM株式会社(未来2019ファイナリスト)

◆式次第(プログラム)

名称:「Tech Sirius2019」
日時:平成31年2月14日(木曜日)13:00-18:00
場所:三井住友銀行東館 ライジング・スクエア3階(東京都千代田区丸の内1-3-2)
https://www.rising-square.jp/access.html

プログラム内容 ●13:00 主催者挨拶
●13:05 講演:「INCJによるオープンイノベーションの取組み」
●13:25 講演:「富士通のオープンイノベーションへの取組み」
●13:45 講演:「世界最先端技術に対するシリコンバレーの取組み」
●14:15 休憩
●14:25 プレゼン6チーム
●15:25 休憩
●15:35 プレゼン6チーム
●16:35 休憩(審査)
●16:50 審査結果発表および表彰式
●17:05 閉会挨拶、ネットワーキング
●18:00 終了

「未来2018」でIT融合部門で最優秀賞を受賞した株式会社FOLIOが、前ミクシィ社長の朝倉氏ら率いるシニフィアンと資本業務提携しました。
株式会社FOLIOは、「ポストIPO」の経営が非常に重要と考えており、シニフィアン各代表の資本政策、人事組織構築、サービス構築など多岐にわたる専門的知見を活かしていくことで、今後のさらなる加速度的成長を実現できると期待している。

詳細については、下記URLをご参照ください。
CNET Jaapan 投資改革を進めるFOLIO、ポストIPOを見据え 前ミクシィ社長の朝倉氏ら率いるシニフィアンと資本業務提携(2019年1月21日)

 

◆ 事業概要
「エンターテイメント」×「高度なテクノロジー」の新しい投資プラットフォーム
我々は、資産運用をバリアフリーというミッションのもと、「テーマでえらぶ」次世代型投資プラットフォームを開発し、10年ぶりとなる国内株を取り扱う独立系オンライン証券を設立。ワクワクするUI/UX上で、先端テクノロジーを活用しながら金融のプロ水準の小額・分散投資を安い手数料で手軽に楽しむことが出来る。

◆ 企業概要

チーム名 株式会社FOLIO
所在地 東京都千代田区一番町16-1 共同ビル一番町4F
代表者名 代表取締役 甲斐 真一郎
設立年 2015年12月
URL https://corp.folio-sec.com/

 

「未来2018」で日経BP総研賞で人手不足解決賞を受賞した株式会社クリエイターズネクストが、けいはんなリサーチコンプレックスが主催する「KVeCS 2018 Grand Finale(GF)」のピッチコンテストと、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科とスペインのMBAであるIE ビジネススクールとの共催で行われた「IE-KMD MEDIATECH VENTURE DAY TOKYO」のピッチコンテストに優勝しました。

詳細は、下記をご参照ください。
プレスリリース けいはんなリサーチコンプレックスが主催する「KVeCS 2018 Grand Finale(GF)」のピッチコンテストにて優勝(2018年12月21日)
プレスリリース 「IE-KMD MEDIATECH VENTURE DAY TOKYO」のピッチコンテストにて優勝(2018年11月29日)

 

◆ 事業概要

「夜寝ている間に小人が仕事を終わらせてくれる「KOBIT」」
ウェブのマーケティング担当者は、Google Analyticsとエクセル、パワポを往復して、毎月レポートを作る作業に追われています。「KOBIT」はその状況を変えます。Google Analyticsと自動連携し、プロ中のプロが担当して3日間かかるようなアクセス解析レポートをたったの1分で自動生成します。しかも、たったの月5000円という破壊的な金額で。

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社クリエイターズネクスト
所在地 〒141-0001 東京都品川区北品川5丁目12-5 御殿山河惣ビル6階
代表者名 代表取締役 窪田望
設立年 2004年10月
資本金 1000万円
URL https://cnxt.jp/

 

日本貿易振興機構(JETRO)が主催する「飛躍Next Enterprise」の海外派遣プログラムに、未来参加チーム6社(EAGLYS株式会社(未来2019ファイナリスト))、(ゴイク電池株式会社(未来2018ファイナリスト))、(株式会社エイシング(未来2017ファイナリスト))(サスメド株式会社(未来2017ファイナリスト))((コグニティ株式会社(未来2016ファイナリスト))(Doreming株式会社(未来2016ファイナリスト))が選ばれました。

詳細は、こちらをご覧ください。

◆概 要

「飛躍Next Enterprise」(経済産業省「平成30年度グローバル・ベンチャー・エコシステム連携強化事業」)は、高い技術力や優れた事業アイデアを持つ中小・中堅・ベンチャー企業等を日本全国から選抜し、シリコンバレー等海外の先進的イノベーション拠点に派遣するプログラムです。

<出場ファイナリスト(企業名五十音順)>
・EAGLYS株式会社
・ゴイク株式会社
・株式会社エイシング
・サスメド株式会社
・コグニティ株式会社
・Doreming株式会社

 

経産省が主催する「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019」にて未来参加者が受賞しました。

■ビジネスコンテスト部門優秀賞
株式会社T-ICU(未来2018ファイナリスト)
アンター株式会社(未来2019ファイナリスト)


イベントでの受賞者等は『こちら』をご覧ください。
イベン詳細は『こちら』をご覧ください。

◆式次第(プログラム)

名称:「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019」
日時:平成31年1月30日(水曜日)13:30-20:00(13:00開場)
場所:東京ミッドタウン日比谷BASEQ(東京都千代田区有楽町1-1-2)

プログラム内容 ●13:30~ 主催者、来賓等挨拶
●13:50~14:40 アイデアコンテスト部門ファイナリストプレゼンテーション
●15:00~16:50 ビジネスコンテスト部門ファイナリストプレゼンテーション
<ファイナリスト(企業名五十音順)>
・アンタ―株式会社
・株式会社ウェルモ
・株式会社カケハシ
・株式会社T-ICU
・株式会社NeU
・株式会社ニューロスペース
・株式会社リモハブ
•17:00~17:15 昨年度グランプリ受賞企業プレゼンテーション
原 正彦氏(mediVR株式会社)
●17:15~17:45 協力団体取組紹介
●17:45~18:15 表彰式・フォトセッション
●18:30~20:00 交流会(関係者のみ)

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)がロボットや自動車などの端末に搭載する「エッジAI」用のチップを開発したと発表しました。

チップを使えば、専門知識を持ったエンジニアが調整作業をしなくても、ロボットなどの機器に簡単にAIを搭載し、制御できるようになるとのこと。当面は一般販売の予定はなく、提携先など限られた企業で性能を試していく。

詳細は、
日本経済新聞岩手大発のエイシング、エッジAI用チップ開発(2019年1月23日付)をご参照ください。

 

◆ 事業概要

「エッジデバイス実装可能な独自開発AI:DBTを用いたAIチップの研究開発と販売」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題があります。
そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree:DBT)が持つパラメータ調整不要な特性(世界初)と、低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積した
ビッグデータおよび様々な機械制御において安価なデバイスでもスタンドアローンで学習を実現し、エッジデバイス自身がより賢くなることをサポートします

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2016」でフィンテック部門賞を受賞したドレミング株式会社は、リエンベト郵便銀行、三井情報株式会社との提携により、ベトナムでのドレミングサービスの提供を開始致しました。

「銀行口座がなくてもスマホのデジタルウォレットですぐに給与が受け取れる」ベトナム初のサービスを開始します。
My SalaryサービスではDoreming上で正確な日額給与を算出、企業の承認後、リエンベト郵便銀行が提供するデジタルウォレットアプリ「ViViet」で従業員自ら即時に給与をチャージをすることが可能になります。
日額給与だけでなく月次給与の支払・受取もデジタルウォレット上で可能になります。

詳細については、下記URLをご参照ください。
プレスリリース:ベトナムでドレミングサービス提供開始!銀行口座がなくてもデジタルウォレットでの給与受取が可能に!」(2019年1月29日)

◆ 事業概要
「世界初給与担保の決済システム『Payming』」
「働いている人誰もが決済手段を利用できる世界を作りたい」銀行口座を持っていなくても働いた分の給与を担保に買物ができる世界初となる決済サービスです。
HP(人事・勤怠・給与)プラットフォームから、決済手段を提供し生活の安定に寄与します。またビッグデータにより経済好循環を創出、世界の貧困格差を減らす一助となることを目指します。

◆ チーム概要

チーム名 ドレミング株式会社(Doreming Co.,Ltd.)※ドレミングアジアからドレミング株式会社へ社名変更
所在地 福岡市中央区天神1丁目15番35号 レンゴー福岡天神ビル6F
代表者名 代表取締役CEO 桑原 広充
設立年 2015年
資本金 9,000万円(資本準備金含む)
従業員数
URL http://www.doreming.com/ja/

 

日本経済新聞社が主催する「スタ★アトピッチ!関西」にファイナリストとして未来参加者(SAgri(未来2019ファイナリスト))、(株式会社T-ICU(未来2018ファイナリスト))、(ゴイク電池(未来2018ファイナリスト))((適正地盤構造設計(未来2018ファイナリスト))がプレゼンテーションを行います。
興味の有る方などは一般参加いただけます。
新たなビジネス機会の創出やネットワークづくりに、是非ご活用ください。
イベント・参加方法詳細はこちらをご覧ください。

◆概 要

名称:「スタ★アトピッチ!関西」
日時:平成31年3月5日(火曜日)10:00-18:00(9:30開場)
場所:グランフロント大阪 北館4Fナレッジシアター(大阪市北区大深町3-1)

<出場ファイナリスト(企業名五十音順)>
・SAgri
・株式会社T-ICU
・ゴイク電池
・適正地盤構造設計

「未来2016」メディカル・ヘルスケア部門ファイナリストの「うんコレ」の代表である石井洋介(外科医)のインタビュー記事が朝日新聞デジタルに掲載されました。

詳細については、下記をご参照ください。
朝日新聞デジタル 大腸失い医師に 「うんこで救える命がある」ゲーム開発(2019年1月10日公開)
withnews 「うんこで救える命がある」大腸失った医師、スマホゲーム開発(2019年1月15日公開)

また、石井代表は2018年12月、著書「19歳で人工肛門、偏差値30の僕が医師になって考えたこと」を出版しております。
ご興味のある方は、≪こちら≫をご覧ください。

◆ 事業概要
「大腸癌検診啓発アプリ うんコレ
石井洋介(外科医、日本うんこ学会代表)が開発する大腸がん検診啓発アプリ。国内外100以上の記事で話題となり、未来2016メディカル・ヘルスケア部門のファイナリストを収める。2016年12月25日にKADOKAWAから「タイムマシンで戻りたい」の出版が決定。過敏性腸症候群(IBS)の認知促進をテーマに、便漏れエピソードや専門家コラムを100個収録する。

◆ チーム概要

チーム名 日本うんこ学会
所在地
代表者名 石井 洋介
設立年 2013年
資本金
従業員数
URL http://unkogakkai.jp/
経産省が主催する「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019」にファイナリストとして未来参加者(株式会社T-ICU(未来2018ファイナリスト)、アンター株式会社(未来2019ファイナリスト))がプレゼンテーションを行います。
興味の有る方などは一般参加いただけます。
新たなビジネス機会の創出やネットワークづくりに、是非ご活用ください。

イベント・参加方法詳細は『こちら』をご覧ください。

◆式次第(プログラム)

名称:「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト2019」
日時:平成31年1月30日(水曜日)13:30-20:00(13:00開場)
場所:東京ミッドタウン日比谷BASEQ(東京都千代田区有楽町1-1-2)

プログラム内容 ●13:30~ 主催者、来賓等挨拶
●13:50~14:40 アイデアコンテスト部門ファイナリストプレゼンテーション
●15:00~16:50 ビジネスコンテスト部門ファイナリストプレゼンテーション
<ファイナリスト(企業名五十音順)>
・アンタ―株式会社
・株式会社ウェルモ
・株式会社カケハシ
・株式会社T-ICU
・株式会社NeU
・株式会社ニューロスペース
・株式会社リモハブ
•17:00~17:15 昨年度グランプリ受賞企業プレゼンテーション
原 正彦氏(mediVR株式会社)
●17:15~17:45 協力団体取組紹介
●17:45~18:15 表彰式・フォトセッション
●18:30~20:00 交流会(関係者のみ)

「未来2018」のファイナリストのT-ICUが日経新聞が選ぶ関西スタートアップ80選に入りました。
株式会社T-ICUは、医療機関に対して専門医チームによる遠隔集中治療支援ソリューションを提供しています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
日経新聞 「関西スタートアップ80選、ものづくり・訪日客向け光る 2018年、担当記者が振り返る」(2018年12月18日)

◆ 事業概要

「専門医チームによる遠隔集中治療支援ソリューションの提供」
集中治療専門医チーム「T-ICU」が、遠隔システムを用いて24時間体制で患者情報をモニタリング、早期的確な治療方法を提案することで、地域・施設・時間に関係なく質の高い集中治療が提供できる環境作りをサポートします。

◆ 会社概要

企業名 株式会社T-ICU
所在地 〒659-0024 兵庫県芦屋市南宮町1-13-1003
代表者名 代表取締役 中西 智之
設立年 2016年
URL http://t-icu.co.jp/

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)がSEMICON JAPAN2018内で開催されたInnovation Village Awardにおいて大賞にあたるグランプリを受賞しました。

SEMICON JAPAN2018詳細は、SEMICON JAPAN Webサイトをご参照ください。

 

◆ 事業概要

「新型独自AIを用いた高効率ビッグデータ解析ツールおよび機械軌道予測器の事業化」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題がある。そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree)が持つパラメータ調整が必要ない特性(世界初)と低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積したビッグデータの解析ツールの開発、およびさまざまな機械制御で実装可能な高汎用性機械軌道予測器(世界初)を事業化する。

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)が競技プログラムコンテストをAtCoder開催します。
腕に覚えのある方は是非参加してみてください!(賞金あり)

本コンテストは、当社の採用基準を満たせばいっきに最終面接ともしています。
機械学習(AI)アルゴリズム研究開発、データサイエンス(統計解析+機械学習)業務、チップなどへの組込技術などの分野で、「世界初」「世界最速」を一緒に実現し、一緒に世界をスマートにしてみませんか?

詳細は、AISing Programming Contest 2019 / エイシング プログラミング コンテスト 2019をご参照ください。

 

◆ 事業概要

「新型独自AIを用いた高効率ビッグデータ解析ツールおよび機械軌道予測器の事業化」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題がある。そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree)が持つパラメータ調整が必要ない特性(世界初)と低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積したビッグデータの解析ツールの開発、およびさまざまな機械制御で実装可能な高汎用性機械軌道予測器(世界初)を事業化する。

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2017」ファイナリストである株式会社フードピクトの、「フードピクト」(食物アレルギーや健康上の理由、宗教戒律等により、食事の際に食材を確認しなければならない人のために開発された絵文字)が神戸市の学校給食献立表の使用食品一覧表に採用されました。
日本語の理解が十分でない児童生徒やその保護者のみなさんの食材確認が簡単になりました。

神戸市webサイト:「給食の使用食品に絵文字を導入」 「フードピクトについて」

また、3学期からは食育と多文化を掛け合わせた人気のワークショップ「ワールド食育」のモデル授業もスタート予定です。

 

◆ 事業概要

「世界をつなぐ、おいしい絵文字」
言葉よりも正確なコミュニケーション手段として、世界中の人に安心をお届けする、新しい食の共通言語「FOODPICT」。誰もが食べたい料理を選べるように、食材による検索機能を実装したグルメポータルサイトから多様な食事ニーズがある消費者と飲食事業者をつなぎ、日本から世界へ新しい価値を創造します。

◆ 会社概要

会社名 株式会社フードピクト
所在地 神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル6F
代表者名 代表取締役 菊池 信孝
設立年 2009年(NPO法人インターナショクナル)
2017年(株式会社フードピクト)
資本金
従業員数
URL https://www.foodpict.com/

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)が、オムロン株式会社と生産設備に組み込む制御機器専用のAIを共同開発しました。
エイシングのAI技術は、従来の深層学習(ディープラーニング)に比べて処理スピードが500倍以上になる場合もあり、また、少ないデータでも予測精度が高い。オムロン株式会社は実証試験を進めたうえで、制御機器に搭載して発売予定です。

詳細は、日本経済新聞『AIで不良品の発生防止 オムロンなどが開発』(2018年11月29日)をご参照ください。

 

◆ 事業概要

「新型独自AIを用いた高効率ビッグデータ解析ツールおよび機械軌道予測器の事業化」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題がある。そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree)が持つパラメータ調整が必要ない特性(世界初)と低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積したビッグデータの解析ツールの開発、およびさまざまな機械制御で実装可能な高汎用性機械軌道予測器(世界初)を事業化する。

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2018」でIIIGAPグラントを受賞した株式会社ZAICOが、日本最大級専門商社である理科研株式会社( (本社:名古屋市中区、代表取締役:西川裕二)と業務提携しました。
メディカル・ライフサイエンス分野において、高額な理化学機器の休眠資産化を防ぐための資産管理ソフトと新サービスの開発およびその導入を共同で進めます。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社ZAICO プレスリリース「日本最大級専門商社「理科研」と在庫管理スタートアップ「ZAICO」が業務提携」(2018年10月17日)

 

◆ 事業概要
「在庫管理から始まるB2B取引革命」
クラウド在庫管理サービスZAICOによる企業間で在庫情報を共有して取引までできるB2Bネットワークを構築。「在庫の効率的かつ正確な把握」「広域的な在庫情報の共有」「企業間取引のスムーズ化」の3つを実現し、企業の在庫の最適化を支援し、在庫管理とB2B取引に革命を起こす。
 

◆ 企業概要

チーム名 株式会社ZAICO
所在地 (本社)山形県米沢市大字花沢331番地
(東京オフィス) 東京都千代田区外神田4−14−1 秋葉原 UDX LIFORK AKIHABARA 4階 R09
代表者名 代表取締役 田村壽英(たむら としひで)
設立年 2016年
URL https://www.zaico.co.jp/

 

「未来2016」ロボット・AI部門 優秀賞を獲得したコグニティ株式会社の取り組みがInsight for D(データマーケティングに役立つ情報を、さまざまな切り口でわかりやすく提供するYahoo!マーケティングソリューションの情報発信サイト)に掲載されました。

コグニティ株式会社は、AI技術により、セールストークやプレゼンテーション等のビジネスコミュニケーションを分析し、定量評価する解析サービス「UpSighter(アップ・サイタ―)」を展開し、暗黙知の見える化による営業力アップ、ボトムアップを実現しています。

詳細は以下をご覧ください。
「Insight for D」
「できる営業トーク”は数値で評価【前編】――暗黙知を見える化するツールとは」(2018年10月9日公開)
「“できる営業トーク”は数値で評価【後編】――論証モデルと人のコラボレーション」(2018年10月10日公開)

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除くためのソフトウェア開発」
独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。
8000本を超える解析結果データベースを使って、営業トーク・プレゼンテーション・会議等の好成績者・チームの傾向をモデル化し、定量的に比較評価する解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」を提供。

◆ 会社概要

企業名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32 富田ビル802号室
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 295,252,000円(資本準備金含む)
従業員数 168名(2018年3月現在・解析業務委託130名含む)
URL http://cognitee.com/

「未来2017」ファイナリストの株式会社フードピクトが保健衛生の分野における長年の業績に対して贈られる「保健文化賞」を受賞しました。
今回の受賞は、食物アレルギーや宗教戒律により食べられないものがある人が安心して食事を楽しめるよう、食材表示コミュニケーションツールである「フードピクト」を世界1,500名への国際調査から開発し、空港・ホテル・飲食店など全国1,400店に普及させたことにより、食に制約のある人が安心して暮らせる社会づくりに貢献したことが評価されました。

プレスリリース 「フードピクトの取り組みが厚生労働大臣表彰を受賞」(2018年10月4日公開)

 

◆ 事業概要

「世界をつなぐ、おいしい絵文字」
言葉よりも正確なコミュニケーション手段として、世界中の人に安心をお届けする、新しい
食の共通言語「FOODPICT」。誰もが食べたい料理を選べるように、食材による検索機能を実装したグルメポータルサイトから多様な食事ニーズがある消費者と飲食事業者をつなぎ、日本から世界へ新しい価値を創造します。
 

◆ 会社概要

会社名 株式会社フードピクト
所在地 神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル6F
代表者名 代表取締役 菊池 信孝
設立年 2009年(NPO法人インターナショクナル)
2017年(株式会社フードピクト)
資本金
従業員数
URL https://www.foodpict.com/

「未来2017」ファイナリストの株式会社Ciamoの取り組みが日本経済新聞に掲載されました。
株式会社Ciamoは焼酎粕を利用して光合成細菌を培養するキットの製造と販売を行っています。

詳細については、下記をご参照ください。
時事ドットコム 「焼酎かすから肥料 熊本の学生、手法開発 作物の成長促す微生物培養」(2018年9月11日公開)

◆ 事業概要

「焼酎粕を利用した『光合成細菌』の培養キットの製造・販売」
付加価値の低い焼酎粕を利用して農水畜産業分野や医薬品などで利用されている光合成細菌を培養するキットを製造・販売しています。これにより、焼酎粕の処理問題を解決し、光合成細菌培養におけるコストを削減します。
培養キットをアジアのエビ養殖へ利用することで、生産量の安定化、環境問題の解決を実現します。

◆ 会社概要

会社名 株式会社Ciamo
所在地 熊本市西区池田4丁目22番地1号 崇城大学池田キャンパスG号館2階207
代表者名 古賀 碧
設立年 2018年4月23日
URL http://ciamo.co.jp/


株式会社三菱総合研究所が主催する、社会課題解決を目指すビジネスを支援する「ビジネス・アクセラレーション・プログラム2018」の9月18日に行われた最終審査会にて受賞者が決定しました。
未来2016~2018参加チームからも株式会社T-ICU、ゴイク電池株式会社の2社が受賞されました。

<最優秀賞>
提案者: 株式会社T-ICU(「未来2018」ファイナリスト)
提案タイトル: 専門医による集中治療支援ソリューション
受賞理由: 集中治療専門医の不足・偏在という課題を、専門医が遠隔で治療方針のアドバイスを行うというソリューションで解決。解決する社会課題のインパクトと、集中治療医の医師ネットワークを既に構築している等、実現性の高いソリューションを評価。

<技術賞受賞者>
提案者: ゴイク電池株式会社(「未来2018」ファイナリスト 三井化学賞、確信素材・エネルギー部門最優秀賞)
提案タイトル: 電池診断技術を用いたエネルギーマネジメント事業

詳しくは以下をご覧ください。
株式会社三菱総合研究所プレスリリース「『ビジネス・アクセラレーション・プログラム2018』の受賞者決定~社会課題を革新的ビジネスで解決するスタートアップを支援~」(2018年9月19日)

「未来2016」その他部門ファイナリストの株式会社Huber.が、ANAホールディングス株式会社と資本業務提携しました。
社員のグローバルコミュニケーション力の向上、「おもてなし」を磨く研修プログラムとして、訪日外国人向けガイドマッチングサービス「Huber.」にANAグループの社員が参加します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
ANAホルディングス株式会社 プレスリリース「訪日外国人向けガイドマッチング・プラットフォーム「Huber.」(ハバー)を活用し日本のおもてなしを伝えていきます」(2018年9月3日)

また、東京急行電鉄株式会社などを引受先とする第三者割当増資を実施しました。
Huber調達資金によりインバウンド(訪日外国人)とガイドをつなぐアプリのサービス開発を目指します。

こちらも併せてご覧ください。
日本経済新聞「訪日客向けガイドのハバー、東急などから資金調達」(2018年9月6日)

 

◆ 事業概要
「Huber. TOMODACHI GUIDE」
急増する訪日外国人旅行者と国際交流を望む日本人(主に大学生)をガイドとしてマッチングするサービス。「世界中の人たちを友だちに」というスローガンの元、最新のICTテクノロジーと人の機微を捉えたサービスデザインで「一緒に楽しむ」と友だちをもてなすような新感覚ガイド体験を提供する。

 

◆ 企業概要

チーム名 株式会社Huber.(ハバー)
所在地 (本社)神奈川県鎌倉市山ノ内380
(別府支店) 大分県別府市京町11-8 APU PLAZA 2階
代表者名 代表取締役CEO 紀陸 武史
設立年 2015年
資本金 234,510,000円
従業員数
URL http://huber.co.jp/

 

「未来2016」ロボット・AI部門 優秀賞を獲得したコグニティ株式会社の取り組みが産経新聞に掲載されました。

コグニティ株式会社は、AI技術により、セールストークやプレゼンテーション等のビジネスコミュニケーションを分析し、定量評価する解析サービス
「UpSighter(アップ・サイタ―)」を展開し、暗黙知の見える化による営業力アップ、ボトムアップを実現しています。

詳細は以下をご覧ください。
産経新聞「商談成立間違いなし? AIで営業トークの改善を提案』」(2018年8月29日公開)

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除く」ためのソフトウェアを開発。8,000本を超える解析結果データベースをもとに、
接客・プレゼンテーション・会議等の好成績者・チームの傾向をモデル化し、定量的に比較評価する解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」
を提供しております。

◆ 会社概要

企業名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32 富田ビル802号室
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 295,252,000円(資本準備金含む)
従業員数 168名(2018年3月現在・解析業務委託130名含む)
URL http://cognitee.com/

「未来2017」ファイナリストの株式会社Ciamoの取り組みが時事通信に掲載されました。
株式会社Ciamoは焼酎粕を利用して光合成細菌を培養するキットの製造と販売を行っています。

詳細については、下記をご参照ください。
時事ドットコム 「名産焼酎から肥料=「かす」利用し菌培養-学生が開発、商品化・熊本」(2018年8月16日公開)

◆ 事業概要

「焼酎粕を利用した『光合成細菌』の培養キットの製造・販売」
付加価値の低い焼酎粕を利用して農水畜産業分野や医薬品などで利用されている光合成細菌を培養するキットの製造・販売を行い、これにより、焼酎粕の処理問題を解決し、光合成細菌培養におけるコストを削減します。培養キットをアジアのエビ養殖へ利用することで、生産量の安定化、環境問題の解決を実現します。

◆ 会社概要

会社名 株式会社Ciamo
所在地 熊本市西区池田4丁目22番地1号 崇城大学池田キャンパスG号館2階207
代表者名 古賀 碧
設立年 2018年4月23日
URL http://ciamo.co.jp/

「未来2018」その他部門最優秀賞、三井住友海上シェアリングサービス賞を受賞した株式会社Co-LABO MAKERの取組が日刊工業新聞に掲載されました。

詳細は、ニュースイッチ  「全国の研究室で自由に実験…機器や技術のシェアサービス手がける東北大発ベンチャー」 (2018年8月21日)
をご覧ください。

 

◆ 事業概要

「実験機器・技術のシェアリングプラットフォーム『Co-LABO MAKER』」の企画・開発・運営
実験機器・技術のシェアリングを中心としたR&Dプラットフォーム。実験機器や技術を使いたい人と、それを提供することで対価を得たい人とをつなげ、取引をできるようなパッケージを提供します。まず、これまで見える状態になかった機器や技術をデータベース化し、見えて、使える状態にします。使う側はお金や施設がなくても実験や試作ができ、提供する側は保有設備を活用してお金や機会やニーズ情報を得ることができます。

 

◆ チーム概要

チーム名 株式会社Co-LABO MAKER
所在地 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-40T-Biz101
代表者名 古谷 優貴
設立年 2017年
資本金 22,000,000円
URL https://co-labo-maker.com/

 

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカンが、大阪ガス株式会社と提携し、業務用のお客さまを対象とした簡易データ計測サービス「ekul(イークル)」の新たなサービスとして、「ekul toilet(イークル トイレット)」(以下「新サービス」)の提供を2018年9月1日より開始します。

詳細は、以下をご覧ください。
プレスリリース 「トイレ空席管理IoT サービス「ekul toilet(イークル トイレット)」のサービス開始について」(2018年8月21日)

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

◆ 会社概要

会社名 株式会社バカン
所在地 東京都千代田区飯田橋二丁目12番10号 日高ビル 2F
代表取締役社長 河野 剛進
設立年 2016年6月8日
URL https://www.vacancorp.com/

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)が、大学などの成果を活用して起業したベンチャーのうち、今後の活躍が期待される優れた大学発ベンチャーを表彰する「大学発ベンチャー表彰2018」にて経済産業大臣賞を受賞しました。

「大学発ベンチャー表彰2018」表彰式については下記のとおり開催されます。
日時:平成30年8月30日(木曜日)14時30分~16時15分
会場:東京ビッグサイト 西1ホールセミナー会場 (東京都江東区有明3-11-1)

株式会社エイシングは、独自のAIアルゴリズム「Deep Binary Tree (DBT)」を開発し、これを活用する事業を展開する岩手大学発のベンチャーです。
DBTは、例えばチップ等に組み込むことで機械工業・精密機械工業分野のエッジデバイスへの適用が期待されており、将来的には個々のデバイスをネットワーク化することで、特定の分野において更に高精度かつ高速な社会知を構成することも可能と思われます。

詳細は、
国立研究開発法人 科学技術振興機構HP『「大学発ベンチャー表彰」』
経産省ニュースリリース『「「大学発ベンチャー表彰2018」受賞者が決定し、表彰式を開催します!」』2018年8月10日付
をご参照ください。

 

◆ 事業概要

「エッジデバイス実装可能な独自開発AI:DBTを用いたAIチップの研究開発と販売」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題があります。
そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree:DBT)が持つパラメータ調整不要な特性(世界初)と、低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積した
ビッグデータおよび様々な機械制御において安価なデバイスでもスタンドアローンで学習を実現し、エッジデバイス自身がより賢くなることをサポートします。

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2016」ファイナリストの株式会社ナノルクスが、大学などの成果を活用して起業したベンチャーのうち、今後の活躍が期待される優れた大学発ベンチャーを表彰する「大学発ベンチャー表彰2018」にて新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長賞を受賞しました。

「大学発ベンチャー表彰2018」表彰式については下記のとおり開催されます。
日時:平成30年8月30日(木曜日)14時30分~16時15分
会場:東京ビッグサイト 西1ホールセミナー会場 (東京都江東区有明3-11-1)

詳細は、
国立研究開発法人 科学技術振興機構HP『「大学発ベンチャー表彰」』
をご参照ください。

 

◆ 事業概要

「暗視カメラ等の電子機器及び電子機器システムの開発、設計、製造及び販売業務」
株式会社ナノルクスは、世界で初めての産総研で開発された「赤外線カラー暗視技術」の事業化に取り組んでいます。
カラー暗視技術は、これまでモノクロでしかとらえられなかった真っ暗闇での映像を、赤外線のみでカラー撮影を可能とする世界唯一の汎用映像技術です。カラー暗視技術を用いれば、真っ暗闇でも昼間のようなカラー撮影ができ、暗くて見えなくて困っている人々の役に立つことができます。

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社ナノルクス
所在地 茨城県つくば市千現2-1-6
代表者名 代表取締役社長 祖父江 基史
設立年 2010年1月
資本金 9,000万円
URL http://www.nanolux.co.jp/

 

「未来2018」で三井化学賞、確信素材・エネルギー部門最優秀賞を受賞したゴイク電池株式会社の取組(「電池診断管理システム」をホテルに初納入)が、日本経済新聞で紹介されました。

詳細については、下記URLをご参照ください。
日本経済新聞電子版 ゴイク電池、ホテル初納入 電池診断管理システム (2018年7月28日)

◆ 事業概要

「電池診断技術を用いたエネルギーマネジメント事業」
世界初の電池容量と残量を正確かつ短時間で計測する装置の開発・販売

◆ 会社概要

会社名 ゴイク電池株式会社
所在地 大阪府大阪市淀川区西中島6-1-1
代表取締役 田畑 章
設立年 2014年10月16日
URL http://goiku.com/

「未来2017」で三井住友海上保険スマートハウス賞を受賞したHOMMA.Inc.が、日本の住宅関連産業と取り組みプロトタイプ住宅建設プロジェクト「HOMMA ONE」を発表しました。
米国カリフォルニア州ベニシアに、HOMMAが持つデザイン性と技術力、日本の住宅産業が誇る素材や製品とコラボレーションした「HOMMA ONE」を建設します。(2019年3月完成予定)

詳細は、以下をご覧ください。
business network 「「米国の住宅にイノベーションを」――スマートハウスのHOMMA,INC.が事業説明会(2018年7月31日公開)
CNET Japan 米住宅を変えるのは日本企業~シリコンバレー発「HOMMA」が起こす住まいのイノベーション(2018年8月1日公開)
THE BRIDGE 家版の”Tesla”「HOMMA ONE」試作公表(2018年8月3日公開)

◆ 事業概要

「シリコンバレー発、未来の生活を実現するスマートホーム事業」
米国の新築戸建住宅販売の約9割を占める建売住宅は画一され、品質、デザイン、テクノロジー、サービス面でイノベーションから取り残されている市場に、HOMMAが持つデザイン性と技術力、そして日本の住宅関連産業の誇る素材や製品とのコラボレーションすることで、今までになかった住生活の実現を目指します。

◆ 会社概要

会社名 HOMMA,Inc.
CEO 本間 毅
設立年 2016年5月
URL https://www.hom.ma/

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)が、経済産業省の平成29年度補正予算「AIシステム共同開発支援事業」の事業者に採択されました。

株式会社エイシングは重要インフラ事業者などのインフラ保守、警戒警備、事故災害、オリンピックなど大規模イベントにおける省人化・無人化への貢献を目指し、ドローン制御をAIで行うエッジデバイスの開発、POC検証等を行います。

詳細は、経済産業省ニュースリリース『「AIシステム共同開発支援事業」の採択事業者が決定しました』(2018年7月11日)をご参照ください。

 

◆ 事業概要

「新型独自AIを用いた高効率ビッグデータ解析ツールおよび機械軌道予測器の事業化」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題がある。そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree)が持つパラメータ調整が必要ない特性(世界初)と低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積したビッグデータの解析ツールの開発、およびさまざまな機械制御で実装可能な高汎用性機械軌道予測器(世界初)を事業化する。

 

◆ 企業概要

企業名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2018」のファイナリストのプランティオ株式会社の取り組みがNTTデータのウェブメディア「INFORIUM」で紹介されました。
プランティオ株式会社は、ひとりひとりがPersonalFamerとなり、IoTによる集合知(AI)やコミュニティのサポートでみんなでたのしく野菜栽培をするCrowd Farmingサービスを提供しています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
NTTデータ ウェブメディア「INFORIUM」IoTプランターが担う、食と農の未来 (2018年7月5日)

◆ 事業概要

「ひとりひとりがPersonal Farmerとなり、”食と農”をライフスタイルの中心にするエンターテインメント&コミュニティ栽培サービスの提供」
ひとりひとりがPersonalFamerとなり、みんなでたのしく野菜栽培をするCrowd Farmingサービス。既存の農業のみに頼るのではなく、IoTによる集合知(AI)やコミュニティのサポートで誰もが安心安全の野菜を自身でも育てることができる”Social Grow our own”の世界を提案します。

◆ 会社概要

企業名 プランティオ株式会社
所在地 〒659-0024 東京都 港区 北青山 2-9-5, スタジアムプレイス青山 7F
代表者名 CEO 芹澤 孝悦
URL https://www.plantio.co.jp//

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカンが、このたびサンフランシスコを拠点にベンチャー投資を行うスクラムベンチャーズ及び、REALITY ACCELERATORから資金調達を実施しました。

シリコンバレーでの投資を主軸とするスクラムベンチャーズと、SaaS領域に特化したREALITY ACCELERATORの知見を活用することで、グローバル展開を見据えた事業・開発体制の強化を行います。

詳細については、下記URLをご参照ください。
第三者割当増資による資金調達のお知らせ

 

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

 

◆会社概要

会社名 株式会社バカン
所在地 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-12-10日高ビル2階
代表者名 河野 剛進
設立年 2016年
URL https://www.vacancorp.com/

 

「未来2016」ロボット・AI部門 優秀賞を獲得したコグニティ株式会社・代表取締役の河野 理愛様のインタビュー記事が日経産業新聞にて公開されました。

コグニティ株式会社は、セールストークやプレゼンテーション、コミュニケーションの内容を分析・採点し、定量評価するための解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」を開発して、「見えないスキルを見える化」する画期的なサービスを展開しています。

インタビューの内容は、以下をご覧ください。
日経産業新聞「残念な営業、AIが見抜く コグニティ   (アントレプレナー) 河野理愛社長』」(2018年7月4日公開)

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除くためのソフトウェア開発」
独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。7000本を超える解析結果データベースを使って、接客・プレゼンテーション・会議等の好成績者・チームの傾向をモデル化し、定量的に比較評価する解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」を提供。
解析用のデータセットに工場生産方式を取り入れ、未経験者でも従業できる仕組みを持つ。従業員全員が、完全在宅勤務可能であり、遠くは東欧・中東などからも毎日勤務を実現している。

◆ 会社概要

企業名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32 富田ビル802号室
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 295,252,000円(資本準備金含む)
従業員数 168名(2018年3月現在・解析業務委託130名含む)
URL http://cognitee.com/

「未来2018」その他部門最優秀賞、三井住友海上 シェアリングサービス賞を受賞した株式会社Co-LABO MAKERが、経済産業省の平成29年度補正予算「グローバル・ベンチャー・エコシステム連携加速化事業費補助金(スタートアップファクトリー構築事業)」の間接補助事業に採択されました。

詳細は、経済産業省の平成29年度補正予算「グローバル・ベンチャー・エコシステム連携加速化事業費補助金(スタートアップファクトリー構築事業)」の間接補助事業をご参照ください。

 

◆ 事業概要

「実験機器・技術のシェアリングプラットフォーム『Co-LABO MAKER』」の企画・開発・運営
実験機器・技術のシェアリングを中心としたR&Dプラットフォーム。実験機器や技術を使いたい人と、それを提供することで対価を得たい人とをつなげ、取引をできるようなパッケージを提供します。まず、これまで見える状態になかった機器や技術をデータベース化し、見えて、使える状態にします。使う側はお金や施設がなくても実験や試作ができ、提供する側は保有設備を活用してお金や機会やニーズ情報を得ることができます。

 

◆ チーム概要

チーム名 株式会社Co-LABO MAKER
所在地 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-40T-Biz101
代表者名 古谷 優貴
設立年 2017年
資本金 22,000,000円
URL https://co-labo-maker.com/

 

「未来2018」のファイナリストのT-ICUが取り組んでいる「遠隔集中治療支援」が、東京新聞で紹介されました。
株式会社T-ICUは、医療機関に対して専門医チームによる遠隔集中治療支援ソリューションを提供しています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
東京新聞 ICUでの判断 より早く的確に 柏の病院と企業「遠隔集中治療支援」 (2018年5月31日)

◆ 事業概要

「専門医チームによる遠隔集中治療支援ソリューションの提供」
集中治療専門医チーム「T-ICU」が、遠隔システムを用いて24時間体制で患者情報をモニタリング、早期的確な治療方法を提案することで、地域・施設・時間に関係なく質の高い集中治療が提供できる環境作りをサポートします。

◆ 会社概要

企業名 株式会社T-ICU
所在地 〒659-0024 兵庫県芦屋市南宮町1-13-1003
代表者名 代表取締役 中西 智之
設立年 2016年
URL http://t-icu.co.jp/

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社が、Beyond Next Venturesに加え、SBIインベストメント、第一生命保険、エムスリー、Sony Innovation Fund、東京センチュリーの各社を引受先とした第三者割当増資等により、総額7.2億万円の資金調達を実施しました。
臨床試験の結果を受け、PMDA(医薬品医療機器総合機構)との協議や厚生労働省への届出を経て、6月からアプリの治験を開始する予定。
そのほかにエンジニアを中心とした開発体制を強化し、アプリ開発やデジタル医療の開発を強化を進めています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
不眠症治療用アプリ開発のサスメドが7.2億円を資金調達(2018年6月8日)

医療情報サービスのエムスリーと資本提携が日本経済新聞に掲載されました。合わせてご覧ください。
日本経済新聞電子版「エムスリーとサスメド提携」(2018年6月4日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。

 

◆会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-11-5
代表者名 上野 太郎
設立年 2016年
URL http://www.susmed.co.jp/

 

「未来2017」でIT融合部門賞およびSMFG賞を受賞したアグリバディーの取り組みが、日本経済新聞で紹介されました。
農業大国インドで、スタートアップ企業が農業関連の事業を展開する例が増えており、ITを駆使して効率の悪い伝統農法を改善する動きが目立つなか、新たな取り組みが広がればインド経済全体の底上げにつながる可能性を秘めています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
日本経済新聞 電子版 「インド農業 ITで変身」(2018年5月24日付)

◆ 事業概要

「途上国のバーチャル農協を創設する」
AGRIBUDDYは、途上国の小規模農家のユーザーが、アプリのアドバイスに従って必要な資材を最適なタイミングで投入し、適切な作業と処置を行っていくだけで必要なファイナンスが提供され、コストとリスクを減らし収穫高と収入を増やすことが出来るサービスを提供しています。
また、ユーザーから収集したデータを元に、効率の良い生産地とマーケットの関係性を構築します。

◆ 企業概要

企業名 アグリバディー(英語表記:AGRIBUDDT)
所在地 Rooms 05-15, 13A/F, South Tower, World Finance Centre, Harbour City, 17 Canton Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
代表者名 CEO 北浦 健伍
設立年 2015年
資本金 1,151,000 USD
URL https://www.agribuddy.com/

「未来2017」ファイナリストのCiamoの株式会社設立、および取り組みが産経新聞に掲載されました。
株式会社Ciamoは焼酎粕を利用して光合成細菌を培養するキットの開発と販売を行っています。
詳細については、下記をご参照ください。
産経ニュース 「バイオベンチャー始動 焼酎粕で『光合成細菌』培養 熊本・崇城大院生ら」(2018年5月18日公開)

◆ 事業概要

「焼酎粕を利用した『光合成細菌』の培養キットの研究開発・販売」
付加価値の低い焼酎粕を利用して農水畜産業分野や医薬品などで利用されている光合成細菌を大量(20L)に培養するキットの開発と販売を行います。これにより、焼酎粕の処理問題を解決し、光合成細菌培養におけるコストを削減します。培養キットをアジアのエビ養殖へ利用することで、生産量の安定化、環境問題の解決を実現します。

◆ 会社概要

会社名 株式会社Ciamo
所在地 熊本市西区池田4丁目22番地1号 崇城大学池田キャンパスG号館2階207
代表者名 古賀 碧
設立年 2018年4月23日
URL http://ciamo.co.jp/

「未来2018」で日本総研賞を受賞した株式会社バカンが、東京駅改札内1階ベーカリーカフェ「デイジイ東京」グランスタ店にて、空席が一目でわかる案内サービスの提供を開始します。
当社は、ITを駆使してあらゆる空席情報を収集し、空間を知能化することで「人は多いが、混雑はない。」という世界を目指しています。

詳細は、以下をご覧ください。
PRTIMES 「東京駅初!空席案内サービス『VACAN』」(2018年5月10日公開)

また、日本経済新聞社と株式会社バカンによる共同企画「お弁当とりおき」サービス『QUIPPA (クイッパ)大手町版』の事前登録も開始しました。
こちらもあわせてご覧ください。「『お弁当とりおき』サービス『QUIPPA(クイッパ)大手町版』」(2018年5月14日公開)

◆ 事業概要

「空いているか1秒でわかるデジタルサイネージ」
IoTと人工知能(画像認識)を用いて空席・混雑情報を取得し、空席・混雑情報をもとにビッグデータ解析技術によって配信するクーポンの発行数量や表示ロジックをリアルタイムで最適化し続ける、進化を止めないデジタルサイネージ。
ユーザが現地に行かなくてもVacant(空席)かどうかを1秒で把握できるようにします。

◆ 会社概要

会社名 株式会社バカン
所在地 東京都千代田区大手町2丁目6-2
代表取締役社長 河野 剛進
設立年 2016年6月8日
URL https://www.vacancorp.com/
「未来2016」ロボット・AI部門 優秀賞を獲得したコグニティ株式会社・代表取締役の河野 理愛様のインタビュー記事が公開されました。
コグニティ株式会社は、セールストークやプレゼンテーション、コミュニケーションの内容を分析・採点し、定量評価するための解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」を開発して、「見えないスキルを見える化」する画期的なサービスを展開しています。
インタビューの内容は、以下をご覧ください。
創業手帳Web 「世界一難しい課題に挑戦する、トーク術分析サービス『UpSighter』」(2018年5月11日公開)

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除くためのソフトウェア開発」
独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。7000本を超える解析結果データベースを使って、接客・プレゼンテーション・会議等の好成績者・チームの傾向をモデル化し、定量的に比較評価する解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」を提供。
解析用のデータセットに工場生産方式を取り入れ、未経験者でも従業できる仕組みを持つ。従業員全員が、完全在宅勤務可能であり、遠くは東欧・中東などからも毎日勤務を実現している。

◆ 会社概要

企業名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32 富田ビル802号室
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 295,252,000円(資本準備金含む)
従業員数 168名(2018年3月現在・解析業務委託130名含む)
URL http://cognitee.com/
「未来2017」ファイナリストの株式会社フードピクトは、豚肉などを使わない飲食店を検索できるウェブサービスを始めます。
これにより、宗教上やアレルギーなどで食べれないメニューを除外することが可能になり、訪日外国人なども安心して食事ができます。

詳細は、以下をご覧ください。
日本経済新聞 「豚肉など使わない店 検索 フードピクト、訪日客向け ~絵文字で表示、予約・決済も計画~」(2018年5月3日付)

◆ 事業概要

「世界をつなぐ、おいしい絵文字」
言葉よりも正確なコミュニケーション手段として、世界中の人に安心をお届けする、新しい
食の共通言語「FOODPICT」。誰もが食べたい料理を選べるように、食材による検索機能を実装したグルメポータルサイトから多様な食事ニーズがある消費者と飲食事業者をつなぎ、日本から世界へ新しい価値を創造します。

◆ 会社概要

会社名 株式会社フードピクト
所在地 神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル6F
代表者取締役 菊池 信孝
設立年 2009年(NPO法人インターナショクナル)
2017年(株式会社フードピクト)
URL https://www.foodpict.com/
「未来2018」ファイナリストで三井住友海上 健康経営賞、SMFG賞を受賞したエーテンラボ株式会社が、東京急行電鉄株式会社のオフピーク通勤の習慣化に関するテストマーケティングに参加することになりました。
このテストマーケティングは、ベンチャー企業と東急グループの事業共創を目的とした「東急アクセラレートプログラム2017」に参加し、渋谷賞を受賞したことから実施することになりました。
詳細は、以下をご覧ください。
東京急行電鉄株式会社「オフピーク通勤で社会貢献を!三日坊主防止アプリ「みんチャレ」を活用したテストマーケティングを実施!」(2018年3月29日)

このプロジェクトが以下のニュースに掲載されましたので、あわせてご覧ください。
週刊アスキー「三日坊主防止アプリ「みんチャレ」東急沿線のオフピーク乗車習慣化を支援」(2018年3月30日)
THE BRIDGE「習慣化支援アプリ「みんチャレ」開発のエーテンラボ、東急電鉄と沿線オフピーク通勤・通学推進の期間限定プロジェクトを実施」(2018年3月29日)

◆ 事業概要

三日坊主防止アプリ「みんチャレ」で、習慣化に関する問題を解決します
自社開発の行動変容技術を利用した、楽しく続いて人生が変わる習慣化サービス「みんチャレ」を開発・運用し利用者の習慣化を成功させます。企業へは「みんチャレ」内に企業の「公式チャレンジ」を開設し企業の抱える顧客の継続率向上による利益増加と顧客の行動からインサイトを発見できる最新のリサーチを提供します。

◆ 会社概要

会社名 エーテンラボ株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿1-8-5 東洋ビル3階
代表者取締役 代表取締役CEO 長坂 剛
設立年 2016年12月
URL https://a10lab.com/
「未来2018」ファイナリストでGAPグラントを獲得したプランティオ株式会社・芹澤CEOと、三井住友海上 健康経営賞を獲得したエーテンラボ株式会社・代表取締役CEO長坂様が参加したトークセッション記事が公開されました。

2社は、2018年1月に、クックパット主催のビジネスプランコンテスト「クックパッド アクセラレータ」で、約130件の応募の中から選ばれました。
プランティオ株式会社は、家庭菜園で使われているプランターに、IoT・AIを活用して食と農に関する社会課題を解決し、食と農がライフスタイルの中心にある世界を創る取り組みを行っています。エーテンラボ株式会社は、「みんチャレ」という新しい習慣を身につけたい人が5人でチームを組み、チャットで励まし合いながらチャレンジする成功者続出の三日坊主防止アプリを開発しています。
対談の内容は、以下をご覧ください。
eiicon「料理を通して様々な課題解決に本気で取り組む「Cookpad Accelerator」が目指す世界とは?トークセッション(前編)トークセッション(後編)

クックパッドアクセラレータに選定された企業につきましては、以下記事に記載がございます。合わせてご覧ください。
クックパッド株式会社「『クックパッドアクセラレータ』ビジネスプランコンテストを開催(料理を通してより豊かな生活の創造を目指す、5社のプログラム参加が決定)」

◆ 事業概要(プランティオ株式会社)

「“食と農”をライフスタイルの中心にするエンターテインメント&コミュニティ栽培サービス」
ひとりひとりがPersonal Farmerとなり、みんなでたのしく野菜栽培をするCrowd Farmingサービス。既存の農業のみに頼るのではなく、IoTによる集合知(AI)やコミュニティのサポートで誰もが安心安全の野菜を自身でも育てることができる”Social Grow our own”の世界を提案します。

◆ 会社概要(プランティオ株式会社)

企業名 プランティオ株式会社
所在地 【外苑前オフィス】東京都 港区 北青山 2-9-5, スタジアムプレイス青山 7F
【渋谷オフィス】 東京都 渋谷区 神泉町 11-7, セロンビル 8F
代表者名 CEO  芹澤 孝悦
設立年 2015年
URL http://www.truebizon.com/

◆ 事業概要(エーテンラボ株式会社)

三日坊主防止アプリ「みんチャレ」で、習慣化に関する問題を解決します。
自社開発の行動変容技術を利用した、楽しく続いて人生が変わる習慣化サービス「みんチャレ」を開発・運用し利用者の習慣化を成功させます。企業へは「みんチャレ」内に企業の「公式チャレンジ」を開設し企業の抱える顧客の継続率向上による利益増加と顧客の行動からインサイトを発見できる最新のリサーチを提供します。

◆ 会社概要(エーテンラボ株式会社)

企業名 エーテンラボ株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿1-8-5,東洋ビル3階
代表者名 代表取締役CEO 長坂 剛
設立年 2016年
URL https://a10lab.com/

「未来2018」でGAPグランドを受賞した夢食研株式会社が、鳥取県伯耆町と宮城県女川町のふるさと納税返礼品に2018年も引き続き選定されました。

鳥取県伯耆町の商品は、丸大豆おから(遺伝子組み換えでない)と国産小麦粉を主原料としています。
特許を取得している食品酵素「夢21」の効果により、低温で揚げて、油をあまり吸わず、サクッとしたソフトな歯ごたえがあり、その食感はクッキーのようなまろやかの新感覚のかりんとうです。
詳細については、下記をご参照ください。
ふるさとチョイス「鳥取県伯耆町 おからかりんとう Aセット」

また、宮城県女川町の商品は、夢食研の「冷凍無塩生わかめ」などを含む、宮城県女川にゆかりのある17種類をセットで贅沢にお楽しみいただけます。
こちらもあわせてご覧ください。
ふるさとチョイス「宮城県女川町 オリジナルブランド「あがいんおながわ」商品17種詰め合せ(冷凍)」

◆ 事業概要

特産品を使った地域おこしのための新しい商品開発
地域ブランドの鶏肉・豚肉・牛肉、地場で捕れる魚介類をはじめとする生鮮食料品や、地域の農産物(野菜類・果物類)、特産品など様々な食材に食品保存酵素「夢-21」を活用した商品企画をご提案します。

◆ 企業概要

企業名 夢食研株式会社
所在地 【本社】宮城県牡鹿郡女川町宮ヶ崎字川尻26-7
【支店】鳥取県西伯郡伯耆町久古1042
代表者名 代表取締役社長 阿部 雄悦
設立年
資本金
従業員数
URL http://yume-21.net/

 

「未来2018」メディカル・ヘルスケア部門最優秀賞に輝いた「あっと株式会社」が企画協力したYahoo!ニュース記事が公開されました。
記事の内容は、以下をご覧ください。
Yahoo!ニュース“ゴースト血管が危ない~毛細血管が消えてゆく~”(2018年3月31日配信)

あっと株式会社が製造販売をしている採血不要の毛細血管スコープ「血管美人」は、自分自身の体内の微細な変化を観ることで健康状態をチェックし、 生活習慣を見直すキッカケにすることができます。
薬局の店頭等で、主にカウンセリングのツールとしてご使用いただくほか、企業の研究部門等では商品の効能評価用としてもご使用いただいています。

また、NHKスペシャルのサイトでは、ゴースト血管の危険度チェックが紹介されておりますので、あわせてご覧ください。
NHKスペシャル“ゴースト血管危険度チェック”

◆ 事業概要

毛細血管スコープ「血管美人」の製造販売
会社設立以来、すでに約800台を販売しています。大手サニタリー企業の商品開発部門では商品の効能評価用として採用され、製品の普及活動として展示会や学会への出展を実施しています。 また、次期製品(毛細血管状態の数値化システム)の事業化に向けて、大阪大学医学系研究科等との共同研究も行っています。

◆ 会社概要

企業名 あっと株式会社
所在地 【大阪本社】大阪市中央区今橋2-2-17 今川ビル3F
【京都作業場】京都府宇治市羽戸山4-1-24
代表者名 武野 團
設立年 2009年11月
URL https://kekkan-bijin.jp/
img_1522639409012

「未来2017」ファイナリストの株式会社フードピクトは、サトーHDが提供するラベルプリンタ「FLEQV FX3-LX」上で、食品ピクトグラムの印字サービスを開始します。

本サービスにより、食品アレルギーに関する特定原材料7品目について、文字データから自動的に紐付け、ラベルにピクトグラムを印字させることが可能になります。

本件についての記事は、週刊包装タイムスにも掲載されています。
週刊包装タイムス「◇食材ピクトをラベルに アレルギー7品目を表示 – フードピクト/サトーHD – 」(2018年3月26日号)

◆ 事業概要

「世界をつなぐ、おいしい絵文字」
言葉よりも正確なコミュニケーション手段として、世界中の人に安心をお届けする、新しい
食の共通言語「FOODPICT」。誰もが食べたい料理を選べるように、食材による検索機能を実装したグルメポータルサイトから多様な食事ニーズがある消費者と飲食事業者をつなぎ、日本から世界へ新しい価値を創造します。

◆ 会社概要

会社名 株式会社フードピクト
所在地 神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル6F
代表者取締役 菊池 信孝
設立年 2009年(NPO法人インターナショクナル)
2017年(株式会社フードピクト)
URL https://www.foodpict.com/
「未来2018」ファイナリストでGAPグラントを獲得したプランティオ株式会社・芹澤CEOの対談が日経ビジネスオンラインに掲載されました。
プランティオ株式会社は、家庭菜園で使われているプランターに、IoT・AIを活用して食と農に関する社会課題を解決し、食と農がライフスタイルの中心にある世界を創る取り組みを行っています。
対談の内容は、以下をご覧ください。
日経ビジネスオンライン「IoT搭載、AIを活用したプランターって何だ? 「プランター」メーカー3代目が挑む“循環型社会”」(2018年3月29日公開)

また、同社は2018年1月には、クックパット主催のビジネスプランコンテスト「クックパッド アクセラレータ」で、約130件の応募の中から優秀賞に選ばれました。こちらもあわせてご覧ください。
クックパッド株式会社「『クックパッドアクセラレータ』ビジネスプランコンテストを開催」(2018年1月17日公開)

◆ 事業概要

「“食と農”をライフスタイルの中心にするエンターテインメント&コミュニティ栽培サービス」
ひとりひとりがPersonal Farmerとなり、みんなでたのしく野菜栽培をするCrowd Farmingサービス。既存の農業のみに頼るのではなく、IoTによる集合知(AI)やコミュニティのサポートで誰もが安心安全の野菜を自身でも育てることができる”Social Grow our own”の世界を提案します。

◆ 会社概要

企業名 プランティオ株式会社
所在地 【外苑前オフィス】東京都 港区 北青山 2-9-5, スタジアムプレイス青山 7F OnRamp
【渋谷オフィス】 東京都 渋谷区 神泉町 11-7, セロンビル 8F OnRamp
代表者名 CEO  芹澤 孝悦
設立年 2015年
URL http://www.truebizon.com/

skycv1

「未来2017」ファイナリストであるアクアコスモス株式会社がドローン撮影によって3D地図を作製する「スカイCVサービス」を発表しました。
本サービスにより、世界中のドローンユーザーの空撮動画映像を3D化し、そのデータを共有することが可能となります。
本件は日本経済新聞にも掲載されています。詳細は以下をご覧ください。
日本経済新聞「アクアコスモス、ドローン撮影で手軽に3D地図作製」(2018年3月22日付け)

また、アクアコスモス株式会社は2018年3月8日には平成29年度 総務省・NICT Entrepreneurs’ Challenge 2Days「起業家万博」に出場し、NTTデータ賞、AWS賞、富士通賞を受賞いたしました。
詳細は以下をご覧ください。
国立研究開発法人 情報通信研究機構「平成29年度起業家万博 開催報告」

s_6829833188944 s_6835235685140 s_6835237272618

◆ 事業概要

映像がそのまんま地図になるCVテクノロジー※で事業展開し、バーチャル世界を開拓するデジタルパラレルワールド構想を推進します。
※CVテクノロジーは(株)岩根研究所で開発された技術です

◆ 会社概要

会社名 アクアコスモス株式会社
所在地 東京都中央区築地6-19-21ニチレイ東銀座レジデンス2201
代表者名 岩根 弥生
設立年 1998年(2016年10月より代表者新任で本格始動)
資本金 1000万円
URL http://www.aquacosmos.co.jp/

「未来2018」ファイナリストのNOVIGOが、新事業を凸版印刷と共創する九州発のオープンイノベーションプログラム「co-necto」で優秀賞を受賞しました。

詳細は、以下をご覧ください。
凸版印刷、新事業共創の選考結果発表
~新事業を凸版印刷と共創する九州発のオープンイノベーションプログラム「co-necto」で
ファイナリストによる成果発表会を実施、上位受賞企業を公表~

 

◆ 事業概要

「ワクチンシールの開発・販売」
NOVIGOが提供するのは、日常生活を送りながら、感染症の予防接種がセルフで行なえる「ワクチンシール」です。これは九州大学の特許技術を用いて実現し、忙しくて病院に行く時間のない受験生や社会人の方、あるいは注射針での予防接種が困難な方にとって革命的な製品です。
「医療を身近に」の理念のもと、全国のドラッグストアやコンビニでの販売を行い、感染症リスクのない世界の実現を我々は目指しています。

 

◆ チーム概要

チーム名 NOVIGO
所在地
代表者名 石濱 航平
設立年
資本金

 

_dsc_5439

「未来2017」ファイナリストの株式会社フードピクトが「ひょうごクリエイティブビジネスグランプリ2018」で最優秀賞を受賞しました。
「ひょうごクリエイティブビジネスグランプリ2018」はサービス関連産業及び地域産業のさらなる成長を促進する取組の一環として、斬新かつユニークな事業を展開する企業等を表彰する取り組みです。
エントりーのあった40社のうち、フードピクトを含む4社が兵庫県知事賞に選定され、3月12日の知事賞受賞企業による公開プレゼンテーション大会を経て、同社が最優秀賞を受賞しました。

_dsc_5453

 

◆ 事業概要

「世界をつなぐ、おいしい絵文字」
言葉よりも正確なコミュニケーション手段として、世界中の人に安心をお届けする、新しい
食の共通言語「FOODPICT」。誰もが食べたい料理を選べるように、食材による検索機能を実装したグルメポータルサイトから多様な食事ニーズがある消費者と飲食事業者をつなぎ、日本から世界へ新しい価値を創造します。
 

◆ 会社概要

会社名 株式会社フードピクト
所在地 神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル6F
代表者名 代表取締役 菊池 信孝
設立年 2009年(NPO法人インターナショクナル)
2017年(株式会社フードピクト)
資本金
従業員数
URL https://www.foodpict.com/

「未来2018」その他部門最優秀賞、三井住友海上 シェアリングサービス賞を受賞した株式会社Co-LABO MAKERが、研究開発コラボレーションプラットフォーム「Co-LABO MAKER」のβ版をリリースしました。
当サービスでは、高額な研究設備・専門知識がなくとも「本当に実施したい研究」を行えるよう、実験機器や研究リソースをシェアするプラットフォームとなっています。詳細は、Co-LABO MAKER webサイトをご参照ください。

 

◆ 事業概要

「実験機器・技術のシェアリングプラットフォーム『Co-LABO MAKER』」
実験機器・技術のシェアリングを中心としたR&Dプラットフォーム。実験機器や技術を使いたい人と、それを提供することで対価を得たい人とをつなげ、取引をできるようなパッケージを提供します。まず、これまで見える状態になかった機器や技術をデータベース化し、見えて、使える状態にします。使う側はお金や施設がなくても実験や試作ができ、提供する側は保有設備を活用してお金や機会やニーズ情報を得ることができます。

 

◆ チーム概要

チーム名 株式会社Co-LABO MAKER
所在地 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-40T-Biz101
代表者名 古谷 優貴
設立年 2017年
資本金 22,000,000円
URL https://co-labo-maker.com/

 

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)のは、総務省・NICT主催「Entrepreneurs’ Challenge 2Days」起業家甲子園&起業家万博の東北地区代表として出場し、起業家万博の大賞にあたる「総務大臣賞」を受賞しました。

詳細は、以下をご覧ください。
日本経済新聞「組み込みAI開発のエイシングが大賞 起業家万博」(2018年3月9日付け)

 

◆ 事業概要

「新型独自AIを用いた高効率ビッグデータ解析ツールおよび機械軌道予測器の事業化」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題がある。そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree)が持つパラメータ調整が必要ない特性(世界初)と低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積したビッグデータの解析ツールの開発、およびさまざまな機械制御で実装可能な高汎用性機械軌道予測器(世界初)を事業化する。

 

◆ チーム概要

チーム名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
従業員数 10名(アルバイト・パート含む)
URL https://www.aising.jp/

 

aqua2

「未来2017」ファイナリストであるアクアコスモス株式会社が取り扱う3D地図作成技術がテレビ東京「ゆうがたサテライト」にて放映されました。
自動運転の実用化に向けて肝要となる3D地図の作成技術が、今注目の新技術として取り上げられたものとなります。
特集内では、アクアコスモス株式会社の技術提供元である株式会社岩根研究所が取材を受けております。

詳細については、下記をご参照ください。動画も視聴いただけます。(2018年1月12日現在)
テレビ東京ゆうがたサテライト「公道で実証実験開始 自動運転に欠かせない3D地図とは 」(2018年1月11日)

 

◆ 事業概要

映像がそのまんま地図になるCVテクノロジー※で事業展開し、バーチャル世界を開拓するデジタルパラレルワールド構想を推進します。
※CVテクノロジーは(株)岩根研究所で開発された技術です

◆ 会社概要

会社名 アクアコスモス株式会社
所在地 東京都中央区築地6-19-21ニチレイ東銀座レジデンス2201
代表者名 岩根 弥生
設立年 1998年(2016年10月より代表者新任で本格始動)
資本金 1000万円
URL http://www.aquacosmos.co.jp/

cognitee_name

「未来2016」でロボット・AI部門優秀賞を受賞したコグニティ株式会社が、グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合とMF-GB投資事業有限責任組合を割当先とする第三者割当増資を実施いたしました。
今回の調達を受けて、同社は更なる組織強化と商品力の強化、また2018年からの海外展開へ向けて準備を進めることとしています。

本件、および同社の開発する、認知バイアスを取り除き、従業員のトレーニングやモニタリングに役立てることができる企業向けサービス「UpSighter(アップサイター)」につきまして、webメディアにも特集されております。
詳細については、下記URLをご参照ください。
コグニティ株式会社「第三者割当増資・役員人事のお知らせ」(2018年12月19日)
THE BRIDGE「スピーチやセールストークを解析・数値化、改善モデルを提示するコグニティが約1.5億円を調達——グローバル・ブレイン、三井不動産などから」(2018年12月19日)
31VENTURES「会話や文書の論理構造を分析・評価する「UpSighter」を開発するコグニティに出資」(2018年12月19日)

 

◆ 事業概要

「認知バイアスを取り除くためのソフトウェア開発」
独自の知識表現ルールフレームワーク「CogStructure」を使い、文脈解析に強みを持つ。7000本を超える解析結果データベースを使って、接客・プレゼンテーション・会議等の好成績者・チームの傾向をモデル化し、定量的に比較評価する解析サービス「UpSighter(アップ・サイター)」を提供。
解析用のデータセットに工場生産方式を取り入れ、未経験者でも従業できる仕組みを持つ。従業員全員が、完全在宅勤務可能であり、遠くは東欧・中東などからも毎日勤務を実現している。

 

◆ 会社概要

会社名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区上大崎2−13−32−802
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 258,192,000円(資本準備金含む)
従業員数 168名(パート・バイトを含む)
URL http://cognitee.com/

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)では、情報通信分野での創業・事業化を目指す若手人材やベンチャー企業とメンター・地域をつなぐICTメンタープラットフォームを構築し、総務省・NICT Entrepreneurs’ Challenge 2Daysとして起業を志す全国の学生・高専生がビジネスプランを競い合う「起業家甲子園」及びメンターの目利きにより全国から選出された地域発ベンチャーが集う祭典「起業家万博」を開催しています。

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)の出澤 純一代表取締役は、仙台市、青森県、滝沢市、会津若松市、総務省東北総合通信局、みやぎモバイルビジネス研究会主催「SPARK! TOHOKU 2017 Startup Pitch」において優秀な成績を修め、総務省・NICT主催「Entrepreneurs’ Challenge 2Days」起業家甲子園&起業家万博の東北地区代表に選出されました。

 

◆ 事業概要

「新型独自AIを用いた高効率ビッグデータ解析ツールおよび機械軌道予測器の事業化」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題がある。そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree)が持つパラメータ調整が必要ない特性(世界初)と低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積したビッグデータの解析ツールの開発、およびさまざまな機械制御で実装可能な高汎用性機械軌道予測器(世界初)を事業化する。

 

◆ チーム概要

チーム名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
従業員数 10名(アルバイト・パート含む)
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)が、Fenox Venture Capital主催の「STARTUP WORLD CUP」で日本予選TOP10に選出されました。
同社は本大会で、日本マイクロソフト賞も受賞しています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
Fenox Venture Capital STARTUP WORLD CUP Japan regional

また、同社は以下のとおり、他にも多くのピッチイベントで優秀な成績を残しております。

主催 プログラム 受賞内容
日本財団、株式会社リバネス 第1回マリンテックグランプリ 三井化学賞、日本ユニシス賞
イノベーションリーダーズサミット実行委員会 イノベーションリーダーズサミット 大手企業からの商談リクエストTOP20に選出
Forbes JAPAN ライジングスターアワード2018 TOP20に選出

 

◆ 事業概要

「新型独自AIを用いた高効率ビッグデータ解析ツールおよび機械軌道予測器の事業化」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題がある。そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree)が持つパラメータ調整が必要ない特性(世界初)と低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積したビッグデータの解析ツールの開発、およびさまざまな機械制御で実装可能な高汎用性機械軌道予測器(世界初)を事業化する。

 

◆ チーム概要

チーム名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂6-19-45赤坂メルクビル1F
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
従業員数 10名(アルバイト・パート含む)
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2017」ファイナリストで、ゲノム編集受託サービスを提供する株式会社セツロテックが、徳島を元気にするアイデアや人材を発掘し、支援する事業プランコンテスト「とくしま創生アワード」にてグランプリを受賞しました。
詳細については、下記をご参照ください。
徳島新聞web「とくしま創生アワード セツロテック(徳島市)大賞」(2017年11月13日)

 

◆ 事業概要

高効率ゲノム編集技術を基盤としたゲノム編集産業の創出
株式会社セツロテックは、ゲノム編集のエレクトロボレーションによる高効率・高生存率ゲノム編集胚の作成に成功し、本技術の特許を申請。
本技術を活用し、医学・畜産分野での応用が期待されるブタのゲノム編集受託サービスや、創薬を目指したヒト培養細胞での遺伝子各辺細胞の高効率化サービスなどに取り組みます。
これら受託サービスで収益を上げつつ技術力を高め、ゲノム編集技術による産業応用を促進いたします。

◆ 会社概要

会社名 株式会社セツロテック
所在地 徳島市蔵本町三丁目18番地の15 徳島大学藤井節郎記念医科学センター
代表者名 代表取締役 竹本龍也
設立年 2017年
資本金  - 
従業員数  - 
URL http://www.setsurotech.com/
「未来2017」ファイナリストでIT融合部門最優秀賞、SMFG賞を受賞したAgribuddy Ltd.、および、株式会社三菱総合研究所、スカパーJSAT株式会社、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科らによる実証プロジェクトが、内閣府「先進的な宇宙利用モデル実証プロジェクト」に採択されました。

全部で25件の応募があり、採択されたプロジェクトはAgribuddyらによる「途上国農家ビッグデータとリモセンによる農業金融サービスの実証」ほか6件です。

詳細については、下記をご参照ください。
「先進的な宇宙利用モデル実証 プロジェクト公募について」

 

◆ 事業概要

「途上国のバーチャル農協を創設する」
AGRIBUDDYは途上国の小規模農家のユーザーが、アプリのアドバイスに従って必要な資材を最適なタイミングで投入し、適切な作業と処置を行っていくだけで必要なファイナンスを提供され、コストとリスクを減らし収穫高と収入を増やすことが出来るサービスです。
また、ユーザーから収集したデータを元に、効率の良い生産地とマーケットの関係性を構築します。
 

◆ 会社概要

会社名 Agribuddy Ltd.
所在地 Room 1408, Tak Shing House, Theatre Lane20 Des Voeux Road Central, Hong Kong
代表者名 CEO 北浦 健伍
設立年 2015年
資本金 1,151,000 ドル(2017年4月現在)
従業員数
URL https://www.agribuddy.com/

fb_img_1509619448349

「未来2017」ファイナリストの株式会社フードピクトが販売を開始した食品表示シールブックについて、週刊包装タイムスに掲載されました。アレルギーやベジタリアン、宗教上の問題など、食事に制限のある方向けに14種類の食材をピクトグラムにし、シールブック形式で販売するというものです。
週刊包装タイムス 2017年8月28日号「◇食材ピクトをシールブックに 大手食品メーカー製品でも表示」(2017年8月28日)

また、コープこうべ「CROSS TALK」においては、「社会的課題の解決を実践している人」として菊池代表のインタビューが前編・後編にわたり掲載されております。
こちらもあわせてご覧ください。
コープこうべ「CROSS TALK 第8回 前編 異なる文化や多様性が身近なものに感じました」(2017年10月18日公開)
コープこうべ「CROSS TALK 第8回 後編 すべての活動が「食」でつながっているんですね」(2017年11月2日公開)

 

◆ 事業概要

「世界をつなぐ、おいしい絵文字」
言葉よりも正確なコミュニケーション手段として、世界中の人に安心をお届けする、新しい
食の共通言語「FOODPICT」。誰もが食べたい料理を選べるように、食材による検索機能を実装したグルメポータルサイトから多様な食事ニーズがある消費者と飲食事業者をつなぎ、日本から世界へ新しい価値を創造します。
 

◆ 会社概要

会社名 株式会社フードピクト
所在地 神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル6F
代表者名 代表取締役 菊池 信孝
設立年 2009年(NPO法人インターナショクナル)
2017年(株式会社フードピクト)
資本金
従業員数
URL https://www.foodpict.com/

「未来2017」ファイナリストで、オンラインアシスタントサービスを運営する株式会社キャスターが宮崎県西都市にIT企業として初進出することとなりました。
宮崎県西都市としては、初めてのITサービス企業の誘致となります。

<宮崎拠点について>
名称:株式会社キャスター 宮崎事業所
住所:宮崎県西都市鹿野田11365-1 神楽酒造内 アグリ館2階
業務開始月:2017年11月20日
提供サービス:オンラインアシスタントサービス「CasterBiz(キャスタービズ)」

設立の背景など、詳細については、下記をご参照ください。
株式会社キャスター「宮崎県西都市にIT企業として初進出〜リモートワークによる雇用創出を実現 」(2017年9月13日)

 

◆ 事業概要

株式会社キャスターが提供するキャスタービズは、オンラインアシスタントサービスです。メッセージひとつで、いつでもどこでもお客様のご依頼に対応いたします。
キャスタービズのアシスタントは、秘書、人事、経理といった主なバックオフィス全般をはじめ、マーケティング、デザイン、翻訳といった、さまざまな領域の業務を代行します。
 

◆ 会社概要

会社名 株式会社キャスター
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-20-1 大沢ビル5F
代表者名 中川 祥太
設立年 2014年9月
資本金 1億8,097万円(資本準備金含む)
従業員数 170名(業務委託を含む)
URL http://caster.co.jp/

「未来2016」ファイナリストで、肌の上に機器を装着するだけで、血中の脂質の検査が可能になる脂質計測器を開発するメディカルフォトニクス株式会社が、独立系ベンチャーキャピタル ANRIおよび国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)から総額約1億円の資金調達を実施しました。

メディカルフォトニクス株式会社は、年度内には研究機関向け脂質計測器の販売を開始する予定であり、今後は医療機器の承認を受けることを目指します。詳細については、下記をご参照ください。

tech crunch「採血なしで血液中の脂質を測定、北大発のメディカルフォトニクスが1億円を調達」(2017年10月27日)

 

◆ 事業概要

1、医療機器および健康管理機器の研究、開発、製造、販売、賃貸およびリース
2、研究用機器の開発、製造、販売、賃貸およびリース
3、生物学、医学、薬学等生命科学の基礎及び応用技術に関する研究、開発、調査
4、健康管理に関するコンサルティング及び情報サービス
5、健診、検診、検査等のあっ旋に関する事業
6、前各号に付帯又は関連する一切の業務

 

◆ 会社概要

会社名 メディカルフォトニクス株式会社社
所在地 札幌市北区北21条西12丁目2 北大ビジネス・スプリング310
代表者名 代表取締役 飯永 一也
設立年 2015年
資本金 6,965万円(2017年8月末現在)
従業員数 6名
URL https://www.med-photonics.com/

susmed

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社が、治療用アプリの開発を進めるスタートアップの事例として、日本経済新聞 電子版に掲載されました。
詳細については、下記をご参照ください。
日本経済新聞 電子版「「生活習慣病」アプリで治療 キュア・アップは禁煙 サスメドは不眠症」(2017年10月30日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。
 

 

◆ 会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-11-5
代表者名 上野 太郎
設立年 2016年
資本金 80,000,000円(資本準備金含む)
従業員数
「未来2017」ファイナリストで、ゲノム編集受託サービスを提供する株式会社セツロテックが、リードインベスターであるSBIインベストメント株式会社、合同会社テックアクセルベンチャーズ、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社が運営するファンド「えひめベンチャーファンド2013」、並びに個人を引受先とする資金調達を実施しました。

セツロテックでは、ゲノム編集技術をさらに発展させるため、今回調達する資金を活用し、より高効率のゲノム編集導入技術の確立を目指すとともに、よりハイスループットのゲノム編集装置の開発を目指しています。
詳細については、下記をご参照ください。
PR Times「ゲノム編集受託サービスの株式会社セツロテックがシードラウンドファイナンスを完了」(2017年10月14日)

また、セツロテックは2017年10月23(月)-25日(水)虎ノ門ヒルズで開催されるアジア最大規模のオープンイノベーションカンファレンス「第5回イノベーションリーダーズサミット(ILS2017) 後援:経済産業省」において、
大手企業からの人気上位100社「TOP100 STARTUPS」へ選出されただけでなく、徳島ニュービジネス協議会が主催して選定した徳島ニュービジネス支援賞の大賞を受賞するなど、今、非常に多くの注目を集めております。

 

◆ 事業概要

高効率ゲノム編集技術を基盤としたゲノム編集産業の創出
株式会社セツロテックは、ゲノム編集のエレクトロボレーションによる高効率・高生存率ゲノム編集胚の作成に成功し、本技術の特許を申請。
本技術を活用し、医学・畜産分野での応用が期待されるブタのゲノム編集受託サービスや、創薬を目指したヒト培養細胞での遺伝子各辺細胞の高効率化サービスなどに取り組みます。
これら受託サービスで収益を上げつつ技術力を高め、ゲノム編集技術による産業応用を促進いたします。

◆ 会社概要

会社名 株式会社セツロテック
所在地 徳島市蔵本町三丁目18番地の15 徳島大学藤井節郎記念医科学センター
代表者名 代表取締役 竹本龍也
設立年 2017年
資本金  - 
従業員数  - 
URL http://www.setsurotech.com/

「未来2016」メディカル・ヘルスケア部門 優秀賞の株式会社オリゴジェンが国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した、平成29年度「研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」の交付決定事業者に採択されました。

本事業は、NEDOにより先に認定されたVC等からの出資意向確認書(または出資済みの報告書)を得ることが助成金の申請の条件となっており、オリゴジェンはニッセイ・キャピタル(株)が認定VCとなっています。

詳細については、下記をご参照ください。
NEDO「平成29年度「研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」第2回公募に係る助成先の決定について」(2017年9月29日)

◆ 事業概要

ヒト神経幹細胞を用いた細胞医薬品の開発及び同細胞を用いた創薬

 

◆ 会社概要

会社名 株式会社オリゴジェン
所在地
代表者名 代表取締役兼社長 城戸常雄
設立年 2015年
資本金 250万円
従業員数
s_6835236639950

「未来2017」ファイナリストで、高精度3次元地図を提供するアクアコスモス株式会社が、 「“No Maps NEDO Dream Pitch” with 北海道起業家万博」にて「北海道起業家万博賞」を受賞しました。今後、平成30年3月8日(木)に開催される「起業家万博 全国大会」への出場に向け、ビジネスプランのブラッシュアップを進めてまいります。

詳細については、下記をご参照ください。
総務省「「北海道起業家万博賞」が決まりました!!- 「“No Maps NEDO Dream Pitch” with 北海道起業家万博」を開催 - 」(2017年10月12日)
“No Maps NEDO Dream Pitch” with 北海道起業家万博 公式サイト

s_6829833188944 s_6835235685140 s_6835237272618

また、アクアコスモス株式会社 岩根氏が同じく「未来2017」ファイナリストのディーテック株式会社 代表取締役石塚氏とインタビューに応えたコラムも公開中です。合わせてご覧ください。

courrier_1 「2代目女子」がビジネスを革新する!|「未来2017」インターン下ばたら記(前編)
事業を起こし、会社は大きくなった。創業者として、ほぼやるべきことは果たした。だが、誰に受け継いでもらえばいいのか―。事業承継は、日本の多くの創業経営者にとって頭の痛い経営課題です。そんな重い課題に向き合う、アイデア豊かでパワフルな「2代目女子」の素顔とは?

ディーテック株式会社 「未来2017」その他(環境・エネルギー)部門ファイナリスト
アクアコスモス株式会社 「未来2017」ロボット・AI・IoT部門ファイナリスト

 

◆ 事業概要

映像がそのまんま地図になるCVテクノロジー※で事業展開し、バーチャル世界を開拓するデジタルパラレルワールド構想を推進します。
※CVテクノロジーは(株)岩根研究所で開発された技術です

◆ 会社概要

会社名 アクアコスモス株式会社
所在地 東京都中央区築地6-19-21ニチレイ東銀座レジデンス2201
代表者名 岩根 弥生
設立年 1998年(2016年10月より代表者新任で本格始動)
資本金 1000万円
URL http://www.aquacosmos.co.jp/
d19807-9-458538-2

「未来2017」ファイナリストの株式会社122が手がけるブランド、「HEART CLOSET」が期間限定でリアル店舗へ初出店する旨を未来Alumniにてご紹介いたしましたが、販売の好調さに注目が集まり、繊研電子版でも特集されています。詳細については、下記をご参照ください。
繊研電子版「胸が大きい女性のためのオフィス服 実店舗でも売れる」(2017年10月12日)

d19807-9-490463-0

また、ブランド立ち上げの経緯などを纏めた株式会社122代表 黒澤美寿希氏のインタビュー記事もExcite bitから公開されています。合わせてご覧ください。
Excite bit「胸の大きな女性の秘めていた悩みを解決 洋服ブランド「HEART CLOSET」とは」(2017年10月11日)

 

◆ 事業概要

HEART CLOSETは胸が大きな人の、服からくる精神的/身体的な悩みを解決するアパレル企業です。「胸のサイズから洋服を選ぶ」がコンセプト。胸が大きな女性のアパレル市場は国内だけで400億円と推定。模倣ブランドに対して参入障壁を構築しつつスピーディーな成長を目指しています。

◆ 会社概要

会社名 株式会社122
所在地 東京都品川区上大崎2-13-35 KIビル5F
代表者名 黒澤 美寿希
設立年 2015年
資本金 2,000,000円
従業員数
URL http://heart-closet.com
「未来2017」ファイナリストの株式会社122が手がけるブランド、『HEART CLOSET』が期間限定でリアル店舗へ初出店いたします。西武池袋本店3階の婦人服売場「リミテッド エディション @オフィス」にて、2017年9月20日(水)〜10月31日(火)限定での出店となります。詳細については、下記をご参照ください。

PR TIMES「胸のサイズから洋服を選ぶ『HEART CLOSET』がリアル店舗に初出店、西武池袋本店で9/20より販売開始」(2017年9月20日)

 

◆ 事業概要

HEART CLOSETは胸が大きな人の、服からくる精神的/身体的な悩みを解決するアパレル企業です。「胸のサイズから洋服を選ぶ」がコンセプト。胸が大きな女性のアパレル市場は国内だけで400億円と推定。模倣ブランドに対して参入障壁を構築しつつスピーディーな成長を目指しています。
 

◆ 会社概要

会社名 株式会社122
所在地 東京都品川区上大崎2-13-35 KIビル5F
代表者名 黒澤 美寿希
設立年 2015年
資本金 2,000,000円
従業員数
URL http://heart-closet.com

d12003-15-653657-0

「未来2017」ファイナリストで、オンラインアシスタントサービスを運営する株式会社キャスターが、株式会社freee(本社:東京都品川区西五反田、代表取締役 佐々木大輔、以下「freee」)と事業提携を締結しました。
freeeが発行する事業用クレジットカード「freeeカード」の会員特典にキャスターが提供するオンラインアシスタントサービス「CasterBiz(以下、キャスタービズ)」が採択され、特別プランを提供します。

両者は今回の事業提携を機に、バックオフィス業務全般における課題解決を共同で取り組むこととなります。詳細については、下記をご参照ください。
PR Times「オンラインアシスタントサービスを運営するキャスター、freeeと事業提携し、中小企業向けのバックオフィス業務支援を強化 」(2017年9月13日)

 

◆ 事業概要

株式会社キャスターが提供するキャスタービズは、オンラインアシスタントサービスです。メッセージひとつで、いつでもどこでもお客様のご依頼に対応いたします。
キャスタービズのアシスタントは、秘書、人事、経理といった主なバックオフィス全般をはじめ、マーケティング、デザイン、翻訳といった、さまざまな領域の業務を代行します。
 

◆ 会社概要

会社名 株式会社キャスター
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-20-1 大沢ビル5F
代表者名 中川 祥太
設立年 2014年9月
資本金 1億8,097万円(資本準備金含む)
従業員数 170名(業務委託を含む)
URL http://caster.co.jp/

「未来2017」ファイナリストのサスメド株式会社が、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)が公募した平成29年度「研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援(STS)」に採択され交付決定を受けました。詳細については、下記をご参照ください。

NEDO「平成29年度「研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援」公募に係る助成先の決定について」(2017年8月1日)

 

◆ 事業概要

「スマホアプリによる不眠症治療」
国民の5人に1人が悩み、その生産性を大きく下げている不眠症。サスメドは不眠症を治療するためのアプリを開発しました。そのアプローチには現場の医師の臨床経験とデジタルヘルスの知見が組み込まれています。さらに多くの医師の協力も得ながら、きたるべき「薬とアプリが処方される未来」に向け、臨床試験も開始しています。
 

 

◆ 会社概要

会社名 サスメド株式会社
所在地 東京都中央区日本橋本町3-11-5
代表者名 上野 太郎
設立年 2016年
資本金 80,000,000円(資本準備金含む)
従業員数

「未来2017」ファイナリストの株式会社Nextremerが、株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝、以下「MRI」)と、人工知能対話システム(以下、「AI対話システム」)に深層学習を用いる共同研究、および、AI対話システムを活用した連携事業の展開を目的として、2017年9月4日に業務・資本提携を締結しました。

両社は2017年10月より共同研究を開始し、MRIは2018年中にNextremerの開発環境を活用してAI対話システムのサービスを開発する予定です。詳細については、下記をご参照ください。

PR Times「三菱総合研究所とNextremerがAI対話システムで業務・資本提携」(2017年9月6日)

 

◆ 事業概要

「AIを活用した対話システムの研究開発・サービスの提供、オープンイノベーション事業(他企業との共同開発/共同研究)」
創業以来、「AIと人との協業」というコンセプトのもと、AIテクノロジーを活用した対話システムの研究・開発に取り組んでおり、高度な自然言語処理機能を有するマルチモーダル対話システム「minarai」を提供しています。独自で開発した深層学習をベースに、各業界に特化したシナリオデータベースを組み合わせ、応答精度の高い対話システムの開発を行っています。

 

◆ 会社概要

会社名 株式会社Nextremer(ネクストリーマー)(英語表記:Nextremer Co., Ltd.)
所在地 ・東京本社
〒175-0094 東京都板橋区成増1-30-13 トーセイ三井生命ビル10F(受付)・7F
・高知AIラボ
〒783-0060 高知県南国市蛍が丘1-1-1 南国オフィスパーク3F
・株式会社dataremer(子会社)
〒783-0060 高知県南国市蛍が丘1-1-1 南国オフィスパーク3F
代表者名 代表取締役CEO 向井永浩
設立年 2012年
資本金 246,000,000円
従業員数 55名
URL http://www.nextremer.com/

シェアのり

「未来2017」2次審査に出場した株式会社シェアのりが、トヨタ自動車株式会社のオープンイノベーションプログラム「TOYOTA NEXT」の協業企業に選定されました。500を超えるアイディアから選抜されたもので、今後トヨタ自動車とはシェアのりが提供しているサービスを活用した新しいモビリティーサービスの研究・開発という形で協業が予定されています。
詳細については、下記をご参照ください。
TOYOTA Grobal Newsroom「オープンイノベーションプログラム『TOYOTA NEXT』-サービスを共同開発する協業企業、選定結果のお知らせ-」(2017年8月31日)

 

◆ 事業概要

「個人間のカーシェアリングマッチング事業」
クルマを持っている人と、クルマを使いたい人をマッチングする個人間のカーシェアリングサービスを提供しています。都内と一部地方でも展開しています。

 

◆ 会社概要

会社名 株式会社シェアのり
所在地 東京都新宿区西新宿7−7−26 ワコーレ新宿第一ビル11F
代表者名 田平 誠人
設立年 2015年
資本金 51,000,000円
従業員数
URL https://sharenori.com/

Nextremer向井様

「未来2017」ファイナリストの株式会社Nextremerが、株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝又幹英、以下「INCJ」)および株式会社高知銀行(本社:高知県高知市、取締役頭取:森下勝彦)を引受先とした第三者割当増資等により、総額4億7,000万円の資金調達を実施しました。

同社は、今回の資金調達により、コミュニケーション分野でのさらなる事業拡大をめざすほか、モビリティやロボティクス分野での適用を開拓するためのマーケティングに活用するなど、成長の次のステージに移行するための諸活動を強化する方針です。詳細については、下記をご参照ください。

PR Times「株式会社Nextremer 総額4.7億円の資金調達を実施」(2017年8月8日)

 

◆ 事業概要

「AIを活用した対話システムの研究開発・サービスの提供、オープンイノベーション事業(他企業との共同開発/共同研究)」
創業以来、「AIと人との協業」というコンセプトのもと、AIテクノロジーを活用した対話システムの研究・開発に取り組んでおり、高度な自然言語処理機能を有するマルチモーダル対話システム「minarai」を提供しています。独自で開発した深層学習をベースに、各業界に特化したシナリオデータベースを組み合わせ、応答精度の高い対話システムの開発を行っています。

 

◆ 会社概要

会社名 株式会社Nextremer(ネクストリーマー)(英語表記:Nextremer Co., Ltd.)
所在地 ・東京本社
〒175-0094 東京都板橋区成増1-30-13 トーセイ三井生命ビル10F(受付)・7F
・高知AIラボ
〒783-0060 高知県南国市蛍が丘1-1-1 南国オフィスパーク3F
・株式会社dataremer(子会社)
〒783-0060 高知県南国市蛍が丘1-1-1 南国オフィスパーク3F
代表者名 代表取締役CEO 向井永浩
設立年 2012年
資本金 246,000,000円
従業員数 55名
URL http://www.nextremer.com/

「未来2017」で日本総研賞を受賞した株式会社エイシング(AISing Ltd.)が、合同会社テックアクセルベンチャーズを引受先とした第三者割当により、総額1億9,800万円の資金調達を実施しました。

同社は、今回の資金調達により、同社独自の新型AIアルゴリズム「Deep Binary Tree」の事業展開を本格化させる方針です。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社エイシング(AISing Ltd.)プレスリリース「総額1億9,800万円の資金調達を実施―岩手大発ベンチャー『(株)エイシング』世界を変える新型独自AI技術の事業展開を本格化―」(2017年6月21日)
(ご参考)
日本経済新聞「岩手大、新たなAI技術開発 メンテ不要に」(2017年6月21日)
TechCrunch Japan「深層学習とは異なる機械学習モデル「Deep Binary Tree」を開発するエイシングが約2億円を資金調達」(2017年6月21日)

 

◆ 事業概要
「新型独自AIを用いた高効率ビッグデータ解析ツールおよび機械軌道予測器の事業化」
近年、画像認識・機械制御・ビッグデータの解析などさまざまな分野で活用され始めたAI理論には、パラメータ調整や計算コストの課題がある。そこで、弊社独自AI(Deep Binary Tree)が持つパラメータ調整が必要ない特性(世界初)と低計算コスト特性を活かして、IoTなどで集積したビッグデータの解析ツールの開発、およびさまざまな機械制御で実装可能な高汎用性機械軌道予測器(世界初)を事業化する。

 

◆ チーム概要

チーム名 株式会社エイシング(AISing)(英語表記:AISing Ltd.)
所在地 東京都港区赤坂9丁目1番7-424号
代表者名 代表取締役CEO 出澤 純一
設立年 2016年
資本金 1億9,900万円(増資完了後、資本準備金9,900万円を含む)
従業員数
URL https://www.aising.jp/

 

「未来2016」その他部門ファイナリストの株式会社Huber.が、東京急行電鉄株式会社(東急電鉄)と資本業務提携契約を締結しました。

本提携により、Huber.は東急グループの観光資源や経営資源を活用しながら、ガイドマッチングサービスの認知向上や事業エリアの拡大を目指します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
東京急行電鉄株式会社「東急電鉄とHuber. 東急線沿線エリアを中心とした外国人観光客誘客強化のため、資本業務提携契約を締結」(2017年6月19日)

 

◆ 事業概要
「Huber. TOMODACHI GUIDE」
急増する訪日外国人旅行者と国際交流を望む日本人(主に大学生)をガイドとしてマッチングするサービス。「世界中の人たちを友だちに」というスローガンの元、最新のICTテクノロジーと人の機微を捉えたサービスデザインで「一緒に楽しむ」と友だちをもてなすような新感覚ガイド体験を提供する。

 

◆ チーム概要

チーム名 株式会社Huber.(ハバー)
所在地 (本社)神奈川県鎌倉市山ノ内380
(別府支店) 大分県別府市京町11-8 APU PLAZA 2階
代表者名 代表取締役CEO 紀陸 武史
設立年 2015年
資本金 118,080,000円
従業員数
URL http://huber.co.jp/

 

「未来2016」でフィンテック部門賞を受賞したドレミング株式会社は、株式会社セブン銀行が2017年秋から提供を開始する「リアルタイム振込機能」の最初のパートナー企業となる基本合意を締結しました。

同社は、「リアルタイム振込機能」を活用し、従業員が自分の希望するタイミングで給与を受け取れる「即払い給与サービス」を提供する予定です。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社セブン銀行「『リアルタイム振込機能』の活用についてドレミングと基本合意~ドレミングは同機能を活用した『即払い給与サービス』を提供~」(2017年4月21日)

◆ 事業概要
「世界初給与担保の決済システム『Payming』」
「働いている人誰もが決済手段を利用できる世界を作りたい」銀行口座を持っていなくても働いた分の給与を担保に買物ができる世界初となる決済サービスです。
HP(人事・勤怠・給与)プラットフォームから、決済手段を提供し生活の安定に寄与します。またビッグデータにより経済好循環を創出、世界の貧困格差を減らす一助となることを目指します。

◆ チーム概要

チーム名 ドレミング株式会社(Doreming Co.,Ltd.)※ドレミングアジアからドレミング株式会社へ社名変更
所在地 福岡市中央区天神1丁目15番35号 レンゴー福岡天神ビル6F
代表者名 代表取締役CEO 桑原 広充
設立年 2015年
資本金 9,000万円(資本準備金含む)
従業員数
URL http://www.doreming.com/ja/

 

「未来2016」フィンテック部門ファイナリストのソラミツ株式会社は、カンボジアの中央銀行であるカンボジア国立銀行と、オープンソースのブロックチェーン(分散型台帳技術)「Hyperledger iroha(ハイパーレジャー・いろは)」の共同開発に着手することを合意しました。海外の中央銀行が日本企業のブロックチェーン技術を採用するのは初めてとみられます。

同社は、日本発のブロックチェーン技術を活用し、カンボジアの新たな決済インフラの開発を目指します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
ソラミツ株式会社「ブロックチェーン「Hyperledger Iroha(いろは)」の中央銀行・金融監督当局への採用 ~共同研究開発の開始を発表 ~」(2017年4月21日)
“Application of Hyperledger Iroha to Central Bank and Regulatory Uses of Blockchain -Announcement of Start of Collaborative Research and Development”, April 20, 2017.

◆ 事業概要
「Sharing KYCサービス」
ブロックチェーン・スマートコントラクト技術を利用して、金融機関向けにKYC (Know Your Customer)のB to Bシェアリングエコノミーサービスを提供する。

◆ チーム概要

チーム名 ソラミツ株式会社
所在地 東京都港区東麻布一丁目7番3号 第二渡邊ビル7F
代表者名 取締役会長 松田一敬
共同代表取締役 武宮誠/岡田隆
設立年
資本金
従業員数
URL http://www.soramitsu.co.jp/

「未来2017」その他部門ファイナリストの株式会社Liquidが、経済産業省「IoTを活用した新ビジネス創出推進事業(IoT活用おもてなし実証事業)」(平成28年度補正予算)に採択されました。

本事業で、同社は(株)JTB中国四国、日本ユニシス(株)および山陰インバウンド機構と連携し、島根県・鳥取県で訪日外国人にIoTを活用したサービスを提供するほか、サービスを利用した訪日外国人の周遊・移動・決済等のデータを地域のマーケティング等に活用する仕組みを構築する予定です。

詳細については、下記URLをご参照ください。
株式会社Liquidプレスリリース「山陰地域における経済産業省委託『IoT活用おもてなし実証事業』の実施について」(2017年4月6日)
経済産業省「平成28年度補正予算『IoTを活用した新ビジネス創出推進事業(IoT活用おもてなし実証事業)』に係る実施事業者の採択結果について」(2017年2月24日)

 

◆ 事業概要
「次世代高速生体認証を活用したIoP(Internet of Person)革命」
世界中にいる人が、何時でも何処でも何も持たずリアルタイムに生体情報だけで個人を特定・認証することができれば、サービスなどの利便性、サイバーセキュリティ、防犯、行政コストの削減など、飛躍的に社会コストを最小化しつつ、生活や暮らしの質を向上できます。加えて、従来、紙を用いていた手続の電子化が進み、省エネルギー化も可能です。

 

◆ チーム概要

チーム名 株式会社Liquid
所在地 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階 FINOLAB内
代表者名 代表取締役 久田 康弘
設立年 2013年
資本金
従業員数 30人(2016年12月現在)
URL https://liquidinc.asia/

 

agribuddy_1「未来2017」でIT融合部門賞およびSMFG賞を受賞したアグリバディーが、2017年4月6日に開催された「新経済連盟サミット(NEST)2017」の「NEST STARTUP CHALLENGE」で優勝しました。

「STARTUP CHALLENGE」は、国内の主要なスタートアップ支援組織・団体(=エコシステムビルダー)が、支援先のスタートアップ1社をそれぞれ推薦し、スタートアップと一緒に登壇する新感覚のピッチイベントです。

各スタートアップの推薦団体には、経済産業省、トーマツベンチャーサポート(株)、(株)サイバーエージェント・ベンチャーズ、福岡市、大阪市、Tech in Asia等、国内を代表する11のエコシステムビルダーが名を連ねました。

agribuddy_1アグリバディーは、「未来2017」を主催するIncubation & Innovation Initiative(III)の推薦をうけて登壇し、国内外の審査員12名から高い評価を得て、他1社とともに優勝チームに選ばれました。

優勝チームには、賞金100万円のほか、副賞としてNew Work*の1年間無料利用カードが贈られます。

下記URLから、同社のピッチ動画をご確認いただけます。ぜひご覧ください。
新経済連盟サミット(NEST)2017「NEST STARTUP CHALLENGE」

* New Work
東急電鉄が展開する、日本全国で利用可能なシェアオフィスネットワーク。

 

◆ 事業概要
「途上国のバーチャル農協を創設する」
AGRIBUDDYは途上国の小規模農家のユーザーが、アプリのアドバイスに従って必要な資材を最適なタイミングで投入し、適切な作業と処置を行っていくだけで必要なファイナンスが提供され、コストとリスクを減らし収穫高と収入を増やすことが出来るサービスです。
また、ユーザーから収集したデータを元に、効率の良い生産地とマーケットの関係性を構築します。

◆ チーム概要

チーム名 アグリバディー(英語表記:AGRIBUDDY Ltd.)
所在地 Room 1408, Tak Shing House, Theatre Lane20 Des Voeux Road Central, Hong Kong
代表者名 CEO 北浦 健伍
設立年 2015年
資本金 1,151,000 USD
従業員数 21名
URL https://www.agribuddy.com/

「未来2016」でIoT/IoE部門賞を受賞した株式会社フェニックスソリューションが、ドイツ・ハノーファーで開催されたIoT分野における世界最大級の見本市「CeBIT2017」(2017年3月20日~24日)に出展しました。

同社は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のブース内で、金属の裏から読み取れるRFIDタグを展示したほか、ジャパン・パビリオンの発表ブースに計3回登壇しピッチを行いました。

img_6865
img_7093
img_7066
img_6859



また、CeBIT出展に先立ち、首相官邸のYoutubeチャンネル(英語版)では、(株)ユーグレナやCYBERDYNE(株)等日本を代表するスタートアップ5社とともに同社のRFIDタグが紹介されました。
Innovation Japan【RFID TECHNOLOGY FOR METAL PRODUCTS】, Prime Minister’s Office of Japan
(※クリックすると、別ウィンドウでYoutube動画が再生されます)

今年のCeBITでは日本が初めてパートナー国に選ばれ、(独)日本貿易振興機構(JETRO)が約3,000㎡の大規模なジャパン・パビリオンを出展したほか、史上最多の計118社の日本企業が参加しました。
初日には安倍首相が独・メルケル首相とともにジャパン・パビリオンを視察する等、両国を挙げた盛大なイベントとなりました。
img_6850img_6851fullsizerender

◆ 事業概要
「IoTのセンシング技術 金属の裏から通信可能なRFID金属タグの開発、製造」
物流・製造業で活用されるRFIDは、電子(IC)認識システムです。大量の物品、資材の数 量管理、履歴管理を行えますが、金属の周辺では電波干渉が起こるため、読み取り性能が劣化します。
当社のタグは、金属対象物の裏側でも複数大量の同時読み込みが可能で、国内外のIoTの進展に向け、革新的な技術・利便性の提供を目指します。

◆ チーム概要

チーム名 株式会社フェニックスソリューション
所在地 石川県金沢市打木町東1414番地
代表者名 代表取締役社長 金岡 久夫
設立年 2014年
資本金 9,900万円
従業員数 13名 (2015年9月1日現在)
URL http://phoenix-sol.co.jp/

 

「未来2016」フィンテック部門ファイナリストのマネーツリー株式会社が、SBIインベストメント株式会社、株式会社ふくおかテクノロジーパートナーズ、株式会社広島ベンチャーキャピタル、池田泉州キャピタル株式会社および英国大手運用会社大手ベイリー・ ギフォード・アンド・カンパニー、みずほキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社および米国セールスフォース・ドットコムの投資部門であるセールスフォースベンチャーズから、総額10億円を超える資金調達を実施しました。

今回の資金調達を足がかりに、同社はB2B事業のさらなる拡大を目指すほか、組織力強化および海外展開に取り組む方針です。

詳細については、下記URLをご参照ください。
マネーツリー株式会社「マネーツリーが総額10億円の資金調達を実施」(2017年3月21日)

◆ 事業概要
「MT LINK-ファイナンスデータのクラウドサービス」
MT LINKは、Moneytreeが提供する、国内2,000社以上の金融機関(銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイント)から、明細データを自動的に取得できるサービスです。銀行口座は、普通口座、定期口座に加え、電子証明書を必要とする法人口座への対応数も既に900行を超え、国内第1位です。連携会社は、弥生、TKC、大日本印刷を始めとする6社で、業界のスタンダードになっています。

◆ チーム概要

チーム名 マネーツリー株式会社
所在地 東京都渋谷区神宮前3-27-15 FLAG 2L
代表者名 ポール・チャップマン
設立年 2012年
資本金 13.3 億円(資本準備金を含む)
従業員数
URL https://moneytree.jp/

 

_20170328_134559

「未来2017」2次審査に出場した株式会社トルビズオンが、日本初のドローンの国際展示会&カンファレンスである「Japan Drone 2017」で行われた「ドローンビジネスチャレンジ」で、準グランプリを受賞しました。

ドローンビジネスチャレンジでは、約30件の応募の中から6チームのファイナリストが選出され、2017年3月23日に幕張メッセにて最終審査会が行われました。

詳細は下記URLをご参照ください。
「ドローンビジネスチャレンジ グランプリが決定しました」(2017年3月24日)
 
 

 

◆ 事業概要
「ドローン航行のための「所有地上空」シェアリングビジネス」
近年、日本でも急速にドローンの活用が普及し始めた。しかし、ドローンユーザは許可なく第三者の土地上空を飛ばすことができない。そこで我々は所有地の上空のスペースや充電ステーションを対象としたシェアリングビジネスを行い、この課題を解決する。

◆ 企業概要

企業名 株式会社トルビズオン
所在地 福岡県福岡市中央区大名2-4-22 新日本ビル3F OnRamp
代表者名 代表取締役社長  増本 衛
設立年 2014年4月
URL http://www.truebizon.com/

「未来2017」ファイナリストのCiamoが第13回キャンパスベンチャーグランプリ(CVG)全国大会にて技術的な要素を背景にした最も優秀なプランに授与される「文部科学大臣賞」「テクノロジー部門大賞」を受賞しました。

本コンテストは、新事業ビジネスプランコンテストを通じ、日本の次代を担う若者の人材育成と新産業の創造を目的として開催されています。起業家精神を養い、問題・課題解決型の人材を育成する教育事業プロジェクトとして位置づけられています。

コンテストの詳細は下記URLをご参照ください
キャンパスベンチャーグランプリ2016

◆ 事業概要
「球磨焼酎粕を利用した光合成細菌の培養キットの研究開発・販売」
付加価値の低い焼酎粕を利用して農水畜産業分野や医薬品などで利用されている光合成細菌を大量に培養するキットの開発と販売を行い、焼酎粕の処理問題を解決し、光合成細菌培養におけるコストを削減する。培養キットをアジアのエビ養殖へ利用することで、生産量の安定化、環境問題の解決を実現する。

◆ チーム概要

チーム名 Ciamo(しあも)
所在地 熊本県熊本市西区池田4-22-1 崇城大学 SOJO Ventures Startup LAB
代表者名 古賀 碧
設立年
資本金
従業員数
URL http://wasamon-kumamoto.jp/startup/project01/

「未来2016」でロボット・AI部門賞を受賞したコグニティ株式会社が、2016年11月30日付で、SMBCベンチャーキャピタル産学連携1号投資事業有限責任組合を割当先とする第三者割当増資を実施いたしました。
これは、前回8月31日付で実施したシリーズA資金調達の追加第三者割当増資となります。

詳細については、下記URLをご参照ください。
コグニティ株式会社「第三者割当増資を実施しました」(2016年11月30日)

◆ 事業概要
「定量化エンジンによるインサイト解析」
新規事業や施策導入検討、業務研修等における、会議議事録・営業窓口業務の記録等の音声データを登録すると、効果測定・成功パターンの把握を可能とする解析レポートを提供。
事業会社・調査会社・コンサルタントの入力・集計・基礎解析の時間を従来の5分の1以下に短縮。

◆ チーム概要

チーム名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区広町1−5−28−302
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 63,668,000円
従業員数 10名(パート・バイトを含む)
URL http://cognitee.com/indexJ.html

2016年11月10日、「未来2016」メディカル・ヘルスケア部門ファイナリストの「うんコレ」(代表:石井洋介)が、福岡市(市長:高島宗一郎)におけるスタートアップの実証実験事業「福岡市実証実験フルサポート事業*」に採択されました。

実証実験では、同団体の大腸がん早期発見啓発アプリ「うんコレ」に対するランダム化比較試験(RCT)を実施します。うんコレを用いた群と非対象群とで排便ログの継続率に優位な差が出るか等を検証し、大腸癌への興味と理解の意識変容・行動変容への有効性を確かめます。

* 福岡市実証実験フルサポート事業
「防災・減災」及び「健康・医療・福祉」分野において、社会課題の解決などに繋がる、独自の技術やアイデアを活用したスタートアッププロジェクトに対して、福岡市内で実証実験する公募プロジェクト。

◆ 事業概要
「大腸癌検診啓発アプリ うんコレ
石井洋介(外科医、日本うんこ学会代表)が開発する大腸がん検診啓発アプリ。国内外100以上の記事で話題となり、未来2016メディカル・ヘルスケア部門のファイナリストを収める。2016年12月25日にKADOKAWAから「タイムマシンで戻りたい」の出版が決定。過敏性腸症候群(IBS)の認知促進をテーマに、便漏れエピソードや専門家コラムを100個収録する。

◆ チーム概要

チーム名 日本うんこ学会
所在地  -
代表者名 石井 洋介
設立年 2013年
資本金  -
従業員数  -
URL http://unkogakkai.jp/

「未来2016」でフィンテック部門賞を受賞したドレミング株式会社が、世界の「Fintech 100」に選出されました。

「FIntech 100」は、KPMG FinTechとH2 Venturesが年に1度発表するランキングで、世界のFintech分野における既存企業50社(Leading 50)とスタートアップ50社(Emerging Stars)がそれぞれ選出されます。

このたび同社は、日本のスタートアップとして初めて、「Emerging Stars」の1社に選ばれました。

同社はこれを機に社名変更および本社移転を行い、日本発のグローバルなフィンテックスタートアップとして、さらなる飛躍を目指します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
ドレミング株式会社「Doremingが日本企業として初めてFinTech100に選ばれるという快挙を成し遂げた!KPMGが2016年度 FinTech 100を発表」(2016年10月26日)
H2 Ventures「2016 FINTECH 100」

◆ 事業概要
「世界初給与担保の決済システム『Payming』」
「働いている人誰もが決済手段を利用できる世界を作りたい」銀行口座を持っていなくても働いた分の給与を担保に買物ができる世界初となる決済サービスです。
HP(人事・勤怠・給与)プラットフォームから、決済手段を提供し生活の安定に寄与します。またビッグデータにより経済好循環を創出、世界の貧困格差を減らす一助となることを目指します。

◆ チーム概要

チーム名 ドレミング株式会社(Doreming Co.,Ltd.)※ドレミングアジアからドレミング株式会社へ社名変更
所在地 福岡市中央区天神1丁目15番35号 レンゴー福岡天神ビル6F
代表者名 代表取締役CEO 桑原 広充
設立年 2015年
資本金 9,000万円(資本準備金含む)
従業員数
URL http://www.doreming.com/ja/

 

「未来2016」でロボット・AI部門賞を受賞したコグニティ株式会社と、震災復興をキャリア教育から支援する株式会社地域活性化総合研究所(本社:岩手県大船渡市、代表取締役:新沼謙治)は、地方解析拠点を岩手県大船渡市(市長:戸田公明)が運営する大船渡市ふるさとテレワークセンターに設立し、2016 年9 月26 日より正式稼働を開始しました。

同社のサービスに不可欠な解析作業の一部を同センターに移転し、業務効率化や顧客対応力の強化を図るとともに、被災地・大船渡市での新たな雇用創出を目指します。

詳細については、下記URLをご参照ください。
コグニティ株式会社「人工知能領域での在宅テレワーク可能な「働き方改革」で新規雇用創出~解析センターを大船渡市に設置・稼働開始~」(2016年10月27日)

◆ 事業概要
「定量化エンジンによるインサイト解析」
新規事業や施策導入検討、業務研修等における、会議議事録・営業窓口業務の記録等の音声データを登録すると、効果測定・成功パターンの把握を可能とする解析レポートを提供。
事業会社・調査会社・コンサルタントの入力・集計・基礎解析の時間を従来の5分の1以下に短縮。

◆ チーム概要

チーム名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区広町1−5−28−302
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 63,668,000円
従業員数 10名(パート・バイトを含む)
URL http://cognitee.com/indexJ.html

「未来2016」でIoT/IoE部門賞を受賞した株式会社フェニックスソリューションが、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)IoT推進部が実施する研究開発の委託先に選定されました。

本事業は、 IoT社会の実現に向けて必要な技術に関する技術課題や周辺技術の研究開発及び研究開発に直結する調査を行うことを目的とし、同社を含む6社に委託して実施されます。

本事業の支援をうけて、同社は「金属背面からも読み取れる特殊金属タグ」のさらなる開発を進める予定です。

詳細については、下記URLをご参照ください。
NEDO「『IoT社会の実現に向けたIoT推進部実施事業の周辺技術・関連課題における小規模研究開発』に係る実施体制の決定について」(2016年10月3日)
IoT推進ラボ「『IoT Lab Selection(第2回先進的IoTプロジェクト選考会議)』Finalistに対するNEDOの支援決定」(2016年10月3日)

◆ 事業概要
「IoTのセンシング技術 金属の裏から通信可能なRFID金属タグの開発、製造」
物流・製造業で活用されるRFIDは、電子(IC)認識システムです。大量の物品、資材の数 量管理、履歴管理を行えますが、金属の周辺では電波干渉が起こるため、読み取り性能が劣化します。
当社のタグは、金属対象物の裏側でも複数大量の同時読み込みが可能で、国内外のIoTの進展に向け、革新的な技術・利便性の提供を目指します。

◆ チーム概要

チーム名 株式会社フェニックスソリューション
所在地 石川県金沢市打木町東1414番地
代表者名 代表取締役社長 金岡 久夫
設立年 2014年
資本金 9,900万円
従業員数 13名 (2015年9月1日現在)
URL http://phoenix-sol.co.jp/

 

「未来2016」でロボット・AI部門賞を受賞したコグニティ株式会社が、2016年8月31日付で、グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合、アルプス電気株式会社、beBit UCD Ventures, Inc.(ビービット社のCVC)、株式会社グローカリンク(リバネス社の投資子会社)、株式会社アクティブアンドカンパニー他を割当先とする第三者割当増資を実施いたしました。

同社は、今回調達した資金で、現業の拡大のための人材強化・新規解析拠点の設置、今回の割当先各社との協業によるR&Dを行う予定です。

詳細については、下記URLをご参照ください。
コグニティ(株)「第三者割当増資を実施しました」(2016年9月6日)

◆ 事業概要
「定量化エンジンによるインサイト解析」
新規事業や施策導入検討、業務研修等における、会議議事録・営業窓口業務の記録等の音声データを登録すると、効果測定・成功パターンの把握を可能とする解析レポートを提供。
事業会社・調査会社・コンサルタントの入力・集計・基礎解析の時間を従来の5分の1以下に短縮。

◆ チーム概要

チーム名 コグニティ株式会社
所在地 東京都品川区広町1−5−28−302
代表者名 代表取締役 河野 理愛
設立年 2013年
資本金 63,668,000円
従業員数 10名(パート・バイトを含む)
URL http://cognitee.com/indexJ.html

 

「未来2016」でIoT/IoE部門賞を受賞した株式会社フェニックスソリューションが、経済産業省およびIoT推進ラボによる「第2回先進的プロジェクト選考会議」の「IoT Lab Selection」で、準グランプリを受賞しました。

同社をはじめとする受賞者には、政府関係機関や金融機関、ベンチャーキャピタルなどの支援機関が連携して、資金支援やメンターによる伴奏支援、規制・標準化等に関する支援が行われます。

詳細については、下記URLをご参照ください。
経済産業省ニュースリリース「『IoT Lab Selection』及び『地方版IoT推進ラボ』を開催し、受賞者を選定・表彰しました!」(平成28年8月1日)
「IoT Lab Selection(官民合同資金・規制等支援)」

◆ 事業概要
「IoTのセンシング技術 金属の裏から通信可能なRFID金属タグの開発、製造」

物流・製造業で活用されるRFIDは、電子(IC)認識システムです。大量の物品、資材の数 量管理、履歴管理を行えますが、金属の周辺では電波干渉が起こるため、読み取り性能が劣化します。
当社のタグは、金属対象物の裏側でも複数大量の同時読み込みが可能で、国内外のIoTの進展に向け、革新的な技術・利便性の提供を目指します。

◆ チーム概要

チーム名 株式会社フェニックスソリューション
所在地 石川県金沢市打木町東1414番地
代表者名 代表取締役社長 金岡 久夫
設立年 2014年
資本金 9,900万円
従業員数 13名 (2015年9月1日現在)
URL http://phoenix-sol.co.jp/

 

「未来2016」でフィンテック部門賞を受賞したドレミングアジア株式会社が、株式会社セブン銀行と次世代ATMの開発で連携することが発表されました。

セブン銀行は、「海外」をキーワードに、訪日外国人が観光情報を入手したり外国人居住者が給与受け取りの窓口として利用したりできる機能を搭載した次世代ATMの開発に取り組んでいます。
本ATMの開発にあたり、新興国労働者への決済サービスを提供する同社の技術や知見が期待されています。

詳細については、下記URLをご参照ください。
ITPro「スタートアップとオープン協業する大企業、セブン銀が次世代ATM、コニカミノルタは『臭い』新事業」(2016年7月12日)

◆ 事業概要
「世界初給与担保の決済システム『Payming』」
「働いている人誰もが決済手段を利用できる世界を作りたい」銀行口座を持っていなくても働いた分の給与を担保に買物ができる世界初となる決済サービスです。
HP(人事・勤怠・給与)プラットフォームから、決済手段を提供し生活の安定に寄与します。またビッグデータにより経済好循環を創出、世界の貧困格差を減らす一助となることを目指します。

◆ チーム概要

チーム名 ドレミングアジア株式会社
所在地 福岡県福岡市東区香椎照葉3−2−1 シーマークビル205号室
代表者名 代表取締役CEO 桑原 広充
設立年 2015年
資本金 6,000万円(資本準備金含む)
従業員数  ―
URL http://www.doreming.com/ja/